SEO

ワードプレスサイトの表示速度を改善するためにした3つの事

ワードプレスサイトの表示速度を改善するためにした3つの事

今回はつい一週間前くらいまで、表示速度がありえないくらい遅かったこのサイトの表示速度を劇的に改善するためにした3つの事について書いていきたいと思います。

サイトが遅いので表示速度を計測・診断してみることに

まずなぜサイトがこれだけ遅いのが調べてみることにしました。

サイトの表示速度を測定・診断するツールは色々ありますが、その中でも「Google PageSpeed Insights」というツールが無料で使えて多くのユーザーから推奨されているということで、これで計測することに。

実際に調べてみた時の表示速度はなんと58s

表示速度が遅い主な理由を見てみると、

  • オフスクリーン画像の遅延読み込み:短縮できる時間32s
  • 効率的な画像フォーマット

などなど

他にも細かく色々とありましたが、大体これらが表示速度が遅い原因だったので、これら問題を改善することにしました。

ワードプレスサイトの表示速度を改善させるためにした3つの事

オフスクリーン画像の遅延読み込み改善

オフスクリーン画像の遅延読み込みというのは、「表示されている画面内の画像だけを優先して読み込むこと」です。

通常何もしていない場合は、表示されていない画像まで読み込まれるので、画像サイズによっては読み込み速度が遅くなってしまします。

しかし表示されている画面内の画像だけを先に表示させて、見えていない部分の画像は後から表示させることで表示速度を向上させることができるのだとか。

ということで早速オフスクリーン画像の遅延読み込みを可能にする「Lazy Loader」というプラグインを導入することにしました。

しかし・・・、このプラグインを使ってみたのはいいものの、サイトの表示速度がちっとも改善されていません。

理由も分からなかったので、とりあえず別の改善策を試してみることに・・・

効率的な画像フォーマット

要するに画像を最適化させることで、読み込み時間を短縮させるということのようです。

画像を最適化させることで、画像の見た目はそのままでファイルサイズを小さくするなどが行えることから、サイトの表示速度の向上が期待されるんですね。

これも「EWWW Image Optimizer」という専用プラグインを用いて試してみたのですが、表示速度はまったく改善されません。

それでも全く表示速度が改善しないので・・・

上記の主な表示速度の遅延の原因2つの改善策を試してみてもダメだったので、そもそもサイト自体に何か原因があるのではないかと疑いました。

そしてちょうどその時、ワードプレスの新しいバージョンの更新通知が来ていたので、とりあえず更新してみた後にサイトの表示速度を確かめてみたところ、なんと飛躍的にスピードが上がっていたのです。

PageSpeed Insightsで速度診断しても相変わらずダメでしたが、とりあえず表示速度自体はかなり改善されたので、それで手を打つことにしました。

もちろん今後も改善していくつもりです。

結局私の場合は、「オフスクリーン画像の遅延読み込み改善」や「画像の最適化」を実践したのはいいものの、これっぽっちも改善されませんでしたが、ワードプレスのバージョンアップをすることで、速度を上げることができました。

サイトの表示速度改善のために、PageSpeed Insightsで特定された改善策を色々とやったけれどもダメだった場合は、ワードプレスのバージョンアップを試してみてみると良いかもしれません。

サイトの表示速度の改善はSEO的にも有利!

サイトの表示速度の改善はSEO的にも有利になりますし、直帰率・離脱率も下がります。

そのためGoogleでの評価並びにUX(ユーザーエクスペリエンス)を向上させたいのであれば、ぜひサイトの表示速度を上げるようにしておきたいところですね。

 

ドメイン名の決め方や種類の選び方。comが最強は本当?

ドメインドメイン名には.comや.netなど様々な種類がありますが、これらはどういった選び方をすれば良いのでしょうか?
巷では.comがSEO敵に最強と言われていますが本当なのでしょうか?

またドメイン名に関しては、日本語が良いのかそれとも英語がいいのか?その決め方についても触れていきたいと思います。

ドメインの種類の選び方。.comが最強は本当?

ドメインには.comや.netなど様々なものがありそれぞれで価格が違っていたりする訳ですが、結局のところこれらはグーグルの評価・SEO的に値段の高さにより優劣が付いてしまうのでしょうか?

結論から言えばどの種類のドメインでもSEO的にはさほど優劣といったものは出てきません。

SEO的に優劣がないのであれば、値段の安いものを選ぶのはダメなの?

 

と思われる方もいるかもしれませんが、ドメインの価格には1年目の価格と、それ以降の価格とで値段が変わってくるので、一概に値段が安いものが一番良いということは言えません。

例えばムームードメインのドメインの価格であれば

ドメイン 取得 更新 移管
.com(1月現在はキャンペーン価格) 799 円 1,480 円 1,480 円
.net 1,160 円 1,480 円 1,480 円
.info 499 円 1,680 円 1,680 円
.xyz 69 円 1,480 円 1,480 円
.co.jp
※ 1年契約のみ選択可能
3,980 円 3,980 円 – 円

というように各ドメイン事に「取得料」「更新料」「移管料」のそれぞれの料金が変わっていたりします。

取得料金だけでなく、「更新料」や「移管料」についても確認したうえで選びようにしておきたいところですね。
そして「取得料」「更新料」「移管料」のすべての料金を考慮してみると、この先ずっと運営していくのであれば、大抵の場合どこのドメイン会社でも共通して、「.com」や「.net」辺りがコストパフォーマンスが良いですし、何よりも信頼度があるので、基本的にこれらのドメインが推奨されています。

ただ1年以内など短期間しか使わない予定であれば、「.com」や「.net」よりも「.xyz」などの「更新料」や「移管料」は高いけれども、「取得料」が非常に安いようなドメインが適していますね。

ドメインを選ぶ際はサイトの運営する期間など、その時の状況に応じて決めていくと良いでしょう。

SEO以外にもユーザーの信用度も多少意識しておくと吉

実はそのそれぞれのドメインによって下記のような特徴があったりします。

ドメイン 特長
.co.jp 営利法人用で株式会社などによく使われる(信用度が高い)
.or.jp 非営利法人用で財団法人などに使われる
.jp 日本国内に住所を持つ個人・団体・組織に使われる
.com 商用向けで一般の企業や個人向けでも幅広く使われるドメイン
.net ネットワーク用のドメイン(.comに匹敵するほど有名)
.org 非営利組織用ドメイン
.info 特に制限なし
.biz ビジネス用のドメイン
.shop ネットショップ、ECサイト向けのドメイン
.xyz 特に制限なし
.pink アダルトサイトで使われるイメージ

このように各ドメインには、厳密にいうとそれぞれ一応用途のようなものが存在していたりします。
これで例えば会社用やビジネス用のサイトを運営する際に、「.pink」を選んでしまうとこうした用途を知っているユーザーからは多少信用が落ちてしまうこともあったりするので、この点に関しては気を付けておきたいところです。

ただ個人でサイトを運営する場合は、こうした各ドメインに対する用途を知っている訪問者もさほど多くないと思われるので、特に気にする必要はないです。

 

ドメイン名のおすすめの決め方。日本語より英語の方が良いの?

ドメイン名のおすすめの決め方

.jpや.com.netなどトップレベルドメインの種類については基本的に何でもよいのですが、問題はドットの前の部分のドメイン名(セカンドレベルドメイン)の決め方についてです。

このセカンドレベルドメインのドメイン名に関しては、グーグルの評価・SEOに影響を及ぼすともされているので、決め方に気を配る必要があります。

ドットの前のドメイン名の決め方のポイントは下記の通りです。

  • 取り扱いジャンルのキーワードを入れる
  • サイトのタイトル名を入れる
  • 名前やニックネームを入れる

といったようにポイントはユーザーにとって「このブログだ」と分かりやすいようなものが良いです。

ちなみに「取り扱いジャンルのキーワードを入れる」というのは、例えば運営するサイトの取り扱いジャンルがダイエットと絞られているのであれば、ドメイン名に「diet」を入れるのが良いとされています。

 

ドメイン名を決めるときの注意点

ドメイン名を決めるときの注意点としては、下記の2点が挙げられます。

  • なるべく短いものにする(10文字以内が〇)
  • _(アンダースコア)ではなく-(ハイフン)を使う

なるべく短いものにする

ドメイン名が長いとその内容が分かりにくくなり、グーグルの評価にとっても良くないとされていることから、ドメイン名はなるべく短いものが推奨されています。

目安としては10文字以内がおすすめです。

_(アンダースコア)ではなく-(ハイフン)を使う

ドメイン名に区切りを入れたい場合は、アンダースコア(_)よりもハイフン(-)で「区切った方が良いです。

これもグーグルがアンダースコア(_)よりもハイフン(-)の方を推奨していることから、ハイフンで区切った方が良いとされています。

セカンドレベルドメインは日本語か英語どちらがおすすめ?

日本語ドメインの場合は、「短期間でグーグルの検索エンジンに上位表示されやすい」「日本語表記なのでユーザーにとってもサイトのドメインを覚えやすい」といったメリットがある反面、下記のようなデメリットも存在しています。

  • 日本しか通用しない
  • グーグルの評価のアップデートにより順位が落ちる可能性がある
  • サーバーによっては利用できない
  • メルアドが使いにくい
  • ツイッターで拡散する際に文字化けする

このようにデメリットも多く、Punycodeに変換されることによって、メールなどサイト以外でのドメインを利用するとURLが変換されてしまうことから使いにくかったりします。

なので日本語ドメインはすぐに上位表示させたい場合にはおすすめですが、長期的に運営するとなると難点もあるので注意が必要です。

まとめ

以上おすすめのドメイン名の決め方や種類の選び方などについてご紹介してきました。

これから独自ドメインを取得する場合は、以上の事を踏まえて決めていくと良いでしょう。