HDD

SSDとHDDの違いは?気になる寿命など性能比較!

HDDとSSDの違い

パソコンのデータを記録する装置としての働きを担うHDDとSSDといったドライブ。

通常初期で入っているパソコンのドライブは大体HDDですが、後からこれをSSDに換装させるという方も多いです。

ところでこのHDDとSSDというのはそもそもどう違うのでしょうか?
一体何のためにHDDからSSDにクリーンインストールやクローンソフトなどを用いてまで換装させるのでしょうか?

ここではそんなHDDとSSDの違いについて簡単に触れていきたいと思います。

SSDとHDDの違いは?

HDDとSSDの違いとしては以下のようなことが挙げられます。

  • 価格の違い
  • 読み書き速度の違い
  • 保存できるデータの量の違い
  • 寿命の違い
  • 衝撃に対する耐性の違い
  • 消費電力の違い

価格の違い

価格に関してはHDDの方が割安になります。

しかし最近ではめっきりSSDも価格が下がっているので、昔に比べるとかなり購入しやすくなっています。

読み書き速度の違い

読み書き速度に関しては、HDDよりもSSDの方が非常に速くなります。

パソコンの起動はすぐにできて、各種動作も大変軽快になるので、仕事などでパソコンを普段から長時間使用するような方はSSDに換装させた方が良いですね。

保存できるデータの量の違い

保存できるデータの量に関しては、SSDよりもHDDの方が多いです。

SSDでもそれなりに大容量のものはありますが、その分値段も高くなります。

寿命の違い

寿命に関してはSSDよりもHDDの方が長めです。

SSDではいわゆる「書き換え寿命」というものがあり、一つのセル(データを記録する最小単位)に対して書き込み可能な回数は約1000~10000回と限りがあるので、SSDには寿命がありHDDに比べても長持ちしないとされています。

消費電力の違い

消費電力に関してはHDDよりもSSDの方が少ないです。

SSDの場合はHDDのようにプラッタとよいう円盤型の部品が回転しているわけではなく、発熱もないので消費電力が少なくて済みます。

その他違い

その他HDDとSSDでは衝撃に対する耐性で言えば、HDDよりもSSDの方が耐性があったり、大きさや重さもHDDよりSSDの方がコンパクトで軽いといった違いがあったりします。

SSDとHDDの違いまとめ

HDDとSSDの違いまとめ

SSDとHDDの違いをまとめると以下のようになります。

SSDのメリットデメリット

メリット

  • 動作が速い
  • コンパクトで軽い
  • 衝撃に強い
  • 消費電力が少ない
  • 作動音というものがない

デメリット

  • 値段が高い
  • 寿命がある
  • HDDより容量少なめ
  • 故障した時にデータ復旧できなくなることもある

HDDのメリットデメリット

メリット

  • 値段が安い
  • SSDよりも大容量である
  • SSDより長持ち
  • 頻繁に多くのデータを書き換えても問題ない

デメリット

  • SDDよりも動作が遅い
  • サイズが大きくて重い
  • 衝撃に弱い
  • SDDより消費電力が大きい
  • 作動音がする

SSDとHDDは併用可能?

どちらにも一長一短があるHDDとSSDですが、これらはSATA用電源ケーブルが余っているようであれば併用することができます。

このHDDとSSDを上手く併用させることによって、SSDによる動作が速くなるなどといった恩恵は受けつつ、HDDにデータを保存させることで、大容量のデータを保存させることができるうえに、万が一のことが起こった時のリカバリーも簡単で、寿命をも伸ばせられるといったメリットも期待されます。

HDDとSSDを併用させることによるデメリットは特にありませんが、ケーブルが足りない場合は、二股電源ケーブルを別途購入する必要性があります。

まとめ

上でも記載した通りSSDは現在では価格がかなり安くなっていて購入しやすいうえに、パソコンが著しく軽くなったりするので、仕事などでパソコンを日頃からよく使うのであれば、是非SSDを導入するか、欲を言えばHDDとも上手く併用してみるのも良いでしょう。

 

クローンソフトを使ってHDD・SSDに換装・移行させる方法 WINDOWS10

HDD・SSDをクローン換装させる方法は?

今回はWINDOWS10でクローンソフトを使いハードディスク(HDD・SSD)へ換装・移行させる方法についてご紹介します。

ハードディスクを取り換える場合は、クリーンインストールを行うとなると、新しいハードディスクに換装させてまた一からアプリケーションなどをインストールしなければならないので、入っているアプリが多い場合はクリーンインストールするにも中々大変です。

そこで便利なのがクローンです。

クローンはクローンソフトを使って移行先のハードディスクにデータをコピーしさえすれば、換装後わざわざアプリなどをクリーンインストールしなくてもすぐに使えるという訳です。

クローンソフトも無料のものがあり、タダで使えてしまうのでお手軽に利用できます。

ただしクローンソフトを使って移行する場合は、すんなり行けば便利なのですが、そうでない場合も多いです。

一度躓いてしまうと、知識がなければかなり時間を取られるので、すぐにできそうにはないと考えられるのであれば、素直にクリーンインストールの方法でハードディスク換装を検討した方が時間的にも効率的です。

ハードディスクのデータをクローンさせるのに必要なもの

  • HDDやSSDなど新しいハードディスク
  • 「EaseUS Todo Backup」などのクローンソフト

基本的にこれだけです。

SSDに移行させる場合はパソコン本体につなげるためのSATAケーブルも、別途購入しておく必要性があります。

またSSDではそのままだとパソコンに接続しても認識されないので、あらかじめフォーマットさせておきましょう。(フォーマットのやり方はリンク先参照)

ちなみにSSDはHDDに比べても爆速で動作させることができます。一昔前に比べると現在では非常に価格が安くなっているので、ハードディスク換装の機会に購入してみるとよいかもしれません。


120GB SanDisk サンディスク SSD PLUS 2.5インチ 内蔵型 SATA3 6Gb/s R:545MB/s W:310MB/s SLC-Caching採用 海外リテール SDSSDA-120G-G27


SanDisk 内蔵SSD 2.5インチ/240GB/SSD PLUS/SATA3.0/3年保証/SDSSDA-240G-J26

クローンソフトに関しては無料のものだと「EaseUS Todo Backup」を始め、「AOMEI Backupper」などが有名ですね。

こうしたクローンソフトもダウンロードすると準備完了です。

クローンソフトを使ってHDD・SSDに換装・移行させる方法

まずは新しいハードディスクに、現在使用しているハードディスクのデータをクローンさせます。

ここでは無料クローンソフトである「EaseUS Todo Backup」を使って説明していきます。

HDD SSのクローン 移行

まずは画面の左下にある「システムクローン」をクリックします。
「クローン」でもできるようですが、この場合はシステムファイルが復元されずに、換装してもうまく起動しないこともあるようです。

SSD クローン 移行 ターゲット先を選択 GPT

システムクローンをクリックすると、クローン元のハードディスクは選択されているので、あとはターゲットとなるクローン先のディスクを選択します。

SSD クローン 移行 SSDに最適化

画面左下にある「高度なオプション」から、「SSDに最適化」にチェックを入れておきます。

SSD クローン 移行で実行

最後に画面右下にある「実行」をクリックすることで、クローンすることができます。

ハードディスク換装

クローンが終わったらパソコン本体の内部にある、HDD・SSDといったハードディスクを取り替えていきます。

換装させる際は一旦パソコンの電源を切ってから、取り替えるようにしましょう。
電源を切らずに取り替えた場合はハードディスクの故障の原因になります。

ハードディスク起動

HDDやSSDを取り替えた後は、再びパソコンを起動させていきます。
このとき場合によっては以下のようなことが起きて起動をすることができません。

起動後Checking media presenceと出る

Checking media presence.....
例えばHDDからSSDに換装した後に起動をすると
起動後

Checking media presence……
Media Present……
Start PXE over IP4

というように表示されてしまします。

これに対する対策としては、BIOS設定でブートローダーの設定を変更して、Windows Boot Managerの起動順位を一番目にするようにする必要性があります。

BIOS設定画面の出し方はWINDOWS10 だと

  1. 画面左下にあるウインドウズアイコンから「Shiftキー」+「再起動」を同時押し
  2. 背景が青い画面(オプションの選択)に移るので、そこから「トラブルシューティング」をクリック。
  3. 「詳細オプション」をクリック
  4. 「UEFIファームウェアの設定」をクリック
  5. 「再起動」をクリック

これでBIOS画面に移ることができます。

BIOS画面に移ったら、画面上部にある「Boot」タグを選択後、「Boot Option #1」の部分を上下↑キーで選択し、「Windows Boot Manager」が「Boot Option #1」にくるように+or-ボタンで操作することで、Windows Boot Managerの起動順位を一番先にさせることができます。

ちなみに「Boot」タグそのものがない場合は以下のようになります。
BIOS ブートローダーの優先順位変更①
まず画面上部にある「Startup」タブを選択後、「Primary Boot Sequence」を選択します。

BIOS ブートローダーの優先順位変更②
次に上下矢印キーで「Windows Boot Manager」を選択後、+or-ボタンでこれを一番上に持ってくれば完了です。

後は作成しておいたDVDまたはUSBに入れておいたインストールメディアを、パソコン本体に接続させて起動させれば、無事にSSDでも起動させることができます。

インストールメディアに関しては、リンク先から簡単に作成することができます。

それでもダメだった場合

この場合はクローン元とクローン先のパーティション方式(MBRかGPTか)が違っていると考えられます。

パーティション方式に関してはクローン元とクローン先で同じになっていなければならないようで、クローン元がMBRならばクローン先もMBR、クローン元がGPTならばクローン先もGPTというように統一させておく必要があるので注意が必要です。

エラーコード0x000000e(0xc000000e)が表示される場合

エラーコードの0xc0000225、0xc000000e

この場合はスタートアップ修復ツールとコマンドプロンプトを使って、エラーを修正する必要があります。

このエラーの修正方法に関してはここのサイト(https://freesoft.tvbok.com/tips/windows_clone/clone_easeus_todo_backup_4.html)で詳しく解説されています。

MBRの場合は比較的簡単ですが、GPTの場合は少々難しいです。

クリーンソフトとの相性が悪い場合

上記の対策を施してもダメな場合は、そもそもクローンしたときに使ったソフトとパソコン本体との相性が悪いということも考えられます。

この場合はクローンソフトを「EaseUS Todo Backup」ではなく、別のクローンソフトを使うことで上手くいくようになったというケースもあります。

例えばパソコンがレノボのものでSSDにクローン換装しようとした場合、「EaseUS Todo Backup」ではダメだったけれども、「AOMEI Backupper」を使ってクローンしたらSSDクローン換装に成功したということもあったりします。

サンディスクのSSDならば、サンディスクのクローンソフトを使えば、一発でクローンに成功したという例もあります。

SSDのクローン換装で上手くいかない場合は、このようにクローンソフトを「EaseUS Todo Backup」以外のものに変えてクローンしてみるのも良いかもしれません。

まとめ

クローンの成功

SSDなどのクローン換装に関しては一発で成功すれば確かにそれを行うメリットは大いにありますが、そうでないパターンに陥る可能性も大です。

このときにスムーズに問題を解決してクローン換装を成功させられればそれで良いのですが、ここでグダグダしてしまうと下手をすれば一週間以上は無駄に時間を取ってしまうこともザラだったりします。

本来のクローン換装のメリットは時間短縮ということにあると思うんですよね。

そしてそのスピーディーに行くはずのクローン自体に躓いて無駄に時間を浪費させるのは、ストレスも溜まりますし本末転倒だと言えます。

しかもクローン換装の場合は、運が良ければそのときはすぐにデータを移行できて良いものの、しばらくしてから何らかの不具合が生じてくるケースもあったりするので、データ移行させる方法としてはあまり推奨させれないという声もあったりします。

なのでクローン後にBIOSで起動順位を変えてダメだった段階で、素直にクローンではなくクリーンインストールの方法を取るほうが結局のところ早いと考えられますし、クローンにより後々不具合が起こる可能性も考慮すれば、いっそのこと初めからクリーンインストールしておくのが良いと思いますね。