財布

風水的2021年の財布のラッキーカラーは何色?

風水的2021年の財布のラッキーカラーは何色?

早いものでもうあと2カ月足らずで今年も終わりに差し掛かっています。

今年はコロナ騒動で経済的にも色々と大変な思いをしたという方も多いと思われますが、こうしたこともあり来年は金運を上げていきたいと思う方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は来年2021年の風水的に金運が上がるとされる財布のラッキーカラーや、運気が上がる財布の選び方・使い方・買い替えるべきタイミングなどについてまとめてみましたので、来年に向けて金運アップしたいという方はぜひご覧ください。

風水的2021年の金運が上がる 財布ラッキーカラーは何色?

来年2021年のラッキーカラーは「イエロー」「ラベンダー(紫)」「ゴールド」「肌色」と言われており、金運を上げたいのであればこれらの色の財布を新調するのが吉だとされています。

ラッキーカラー以外に知っておきたい財布の選び方

財布の買い替えを検討している場合は、ラッキーカラー以外にも下記の選び方を押さえておくと良いでしょう。

  • 形は基本的に長財布
  • 角は丸みを帯びたものが吉
  • 素材は本革・ワニ革・蛇革が理想
  • カードが8枚入るもの

形は基本的に長財布

長財布であればお金をスムーズに出し入れすることができることから、金運アップにつながると考えられています。

財布の角は丸みを帯びたものが吉

金運は丸い形と相性が良いと言われているので、財布の角は直角になっているものよりかは、丸みを帯びているものの方が吉です。

素材は牛革・ワニ革・蛇革が理想

風水的に牛革・ワニ革・蛇革は金運アップが期待されることから、素材はこうしたものを選ぶと良いでしょう。

カード入れが6カ所または8カ所のもの

カード入れの数が6または8カ所ある財布もおすすめです。

というのも6は「天」を表す数字で縁起が良く、8は末広がりの「八」ということで、これら数字は縁起が良いことから、金運アップをももたらすようです。

更に金運が上がる財布の使い方!

財布には使い方によって更に金運がよりアップするようです。
具体的な使い方は下記の通りです。

  • お金を使うときは感謝の気持ちを心の中でつぶやく
  • お金を使うべき時には渋らずに使う
  • 財布の置き場所に気を付ける
  • お札の向きはきっちりと揃えて入れる
  • 不要なレシートなどは入れない
  • 小銭入れはにあまり小銭を入れない
  • 財布に持ち塩を入れる
  • ヘビの抜け殻を入れる

お金を使うときは感謝の気持ちを心の中でつぶやく

お金使うときは「ありがとう」と、感謝の気持ちを心の中でつぶやくことで金運が上がると言われています。

お金を使うべき時は渋らずに使う

お金を使わなければならないタイミングで渋れば、金運を下げると言われています。

そのためそうした場面では惜しみなく感謝の気持ちを持って使うようにすると良いでしょう。

財布の置き場所に気を付ける

風水的には財布は基本的にタンスやクローゼットなど、「暗くて涼しいところ」に置くのが望ましいと言われています。

更に方角で言えば「北」や「西」が良く、お金もゆっくりと休むことができる「寝室」が良いのだとか。

ちなみに風水的にはお金に休んでもらうことで金運アップを図るという考えがあり、財布を財布用のお布団で寝かせてあげることで金運を上げるという方法もあるようです。

この方法は、有名人や資産家などが使っている秘儀としても知られているので、興味があれば一度試してみると良いかもしれません。

逆にキッチンなど「火」のそばに財布を置いてしまうと、お札が燃えてなくなってしまうと考えられていることから、置き場所としてはNGだとされているので注意しておきましょう!

お金の向きはきっちりと揃えて入れる

お札の向きはきっちりと揃えて入れることで金運アップにつながると言われています。

これは物を収納するときに整理整頓で運気が上がるという理論と同じように、財布に入れるお金でも同様にそれが言えるようです。

不要なレシートなどは入れない

これも整理整頓しなければ運気アップが望まれないのと同じように、財布の中身もスッキリと綺麗に整頓されているのが理想的です。

そのためにもレシートや使わないカード類など、不要なモノを入れっぱなしにしないようにすると良いでしょう。

小銭入れにあまり小銭を入れない

小銭入れがパンパンだと、財布の中のお金の居心地が悪くなることから、金運が上がると言われています。

なので小銭入れにはあまり小銭を入れないようにしておくと良いでしょう。

財布に持ち塩を入れる

財布に持ち塩を入れて置けば、塩による清めの作用によりお金についている厄が祓われ、金運にも良い効果をもたらします。

持ち塩は小さい持ち塩袋に粗塩大さじ1杯分を入れるだけで作れます。金運ダウンを防ぎたいのであればぜひ!

ヘビの抜け殻置入れる

ヘビの抜け殻も、金運を上げる効果があることで知られていますよね。

 

財布は長く使うと金運が上がるって本当?

風水的には財布は長年使うにつれて金運が下がってしまうと言われています。

なお財布の寿命の目安としては約3年と言われているので、それ以前のものをまだ使っている場合で、「最近金運が落ちているのではないか?」と感じるようであれば、買い替えを検討すると良いかもしれません。

財布を新調すべきタイミングは?

風水的に財布を新しく買い替えるべきタイミングとしては、「春」が推奨されています。

なんでも春に購入する春財布は「お札が貼る財布」とも呼べて縁起が良いのだとか。

ただし風水的に言われてる「春」というのは四季ではなく暦の春のことであり、具体的には立春から穀雨の「2月4日ご~4月20日ごろ」となるので要注意!

なおこういった時期中でも更に「大安」「天赦日」「一粒万倍日」「寅の日」「巳の日」に当たる日が良く、2021年の具体的な日にちで言えばずばり下記の日が該当します。

  • 2021年3月31日(天赦日+一粒万倍日+寅の日で最もおすすめ!)
  • 2021年1月16日(天赦日+一粒万倍日)
  • 2021年3月7日(一粒万倍日+寅の日)
  • 2021年3月19日(一粒万倍日+寅の日)

その他春以外だと秋(9月23日の秋分~11月24日)や誕生月なんかも良いそうですよ。

まとめ

以上来年2021年の風水的に金運が上がるとされる財布のラッキーカラーや、運気が上がる財布の選び方・使い方・買い替えるべきタイミングなどについて紹介していきました。

来年2021年は特に財布の力が強まる年とも言われているので、今使っている財布が3年以上前に購入してものであれば、思い切って新調してみると良いかもしれません。

風水金運アップの15のポイント。良い置物・方角・色は?

風水金運アップの15のポイント。良い置物・方角・色は?

最近金運がないと感じていませんか?

今回は置物(鏡や観葉植物)・方角・色・財布にまつわる風水的な金運アップの15のポイントについて軽くまとめてみました。

風水金運アップのポイント-置物編

風水金運アップのポイント-置物編

置物にまつわる金運アップのポイントは主に下記の4つのポイントが挙げられます。

  • 玄関に入って左側に鏡を置く
  • 玄関に観葉植物を置く
  • トイレには竹炭を置く
  • トイレには更にトイレマットやスリッパを置くのも〇

玄関に入って左側に鏡を置く

玄関に入って左側に鏡を置くことで金運アップ効果が期待されると言われています。

特に八角形の鏡だと尚更運気アップの効果があるようです。

ちなみに玄関に入って右側に鏡を置けば人気運・仕事運が上がるようです。
形は円や楕円形だと更に人気運・対人運が上がるのだとか。

ただし玄関の左右に鏡を置いてしまえば合わせ鏡となり、気の乱れを生じさせることから風水的には良くありません。

玄関に観葉植物を置く

玄関に観葉植物(ユッカ)を置くことで、金運アップや仕事運アップが期待されると言われています。

更に寝室やリビングにはガジュマルを置くことで、金運をはじめ様々な運気アップ効果が図れるようです。

トイレには竹炭を置く

トイレに竹炭を置くことで、防臭並びに衛生的にも良くなり、金運アップをももたらすようです。

更にトイレにトイレマットやスリッパを置くのも〇

更にトイレにはトイレマットやスリッパを置くのも吉です。

逆にこうしたものがないと、悪い気を遮断することができず、そのまま悪い気を吸ってしまうようです。

風水金運アップのポイント-方角編

風水金運アップのポイント-方角編

また方角にまつわる金運アップのポイントは主に下記の2つのポイントが挙げられます。

寝室は北東が良い

寝室の位置は北東だと、金運アップにつながるとされています。
これは金運が西から入って北へ流れていくと言われているおり、金運をはじめ運気を吸収するとされる寝室が北東であれば、金運アップにつながるということなんですね。

玄関は西が良い

上記でも触れた通り西は金運の入口であることから、この西の方角に玄関があることで、金運が上がると言われています。

風水金運アップのポイント-色編

風水金運アップのポイント-色編

色にまつわる金運アップのポイントは主に下記の2つのポイントが挙げられます。

西側にある部屋は黄色に配色する

西は黄色と相性が良いことから、西側の部屋に部屋に黄色のインテリアなどを置くと、より一層金運アップが期待されます。

北側にある部屋は白色に配色する

北も金運を着実に育む方角だとされており、北側にある部屋は北と相性の良い白色のインテリアなどを置くとその効果が期待されます。

風水金運アップのポイント-財布編

財布にまつわる金運アップのポイントは主に下記の7つのポイントが挙げられます。

  • 財布の色は黄色をはじめグレージュ(グレー+ベージュ)・茶色・黒色・白色・銀色・緑色・ピンク色が良い
  • 財布は購入してから3年未満のような新しいものが良い
  • お札を折り曲げなくても入れられるような長財布のものが良い
  • なるべく高価なものが良い
  • リボンモチーフがあるものも〇
  • 金具があるものも望ましい
  • 素材は蛇皮や牛皮であるものが良い

詳細については下記のページで詳しく記載しています。

また運気が下がるようなやってはいけないNGポイントについては、下記のページで詳しく記載しています。

まとめ

今回は風水的に金運アップをするためのポイントについてまとめていきました。

身近なことから簡単にできる方法を試したいのであれば、上記のことを実践してみると良いかもしれません。

 

運気が下がる財布の特徴とは?すぐ落とす?中古はOK?

運気が下がる財布

主に金運などの運気にに対して少なからず影響を及ぼすと言われている財布。

この財布ですがものによっては、金運などの運気を下げてしまうと言われています。

ただし逆に金運などを下げる財布がどういったものなのかを把握しておけば、今まで悪かった金運も少しは改善されるかもしれません。

というわけで最近金運などがないと言う方は一度確認してみてはいかがでしょうか。

運気が下がる財布の特徴とは?

運気が下がると言われており、風水的にNGとされている財布の特徴は以下の通りです。

  • 3~5年以上使用しているような財布自体が古いもの
  • 自分とは相性の良くないもの
  • 折り畳み式のもの
  • 色が3色以上のカラフルなものや動物柄のもの
  • 中にレシートが沢山入っているもの
  • ポイントカードなどが沢山入っているもの
  • 外貨を入れている
  • お守りを入れている
  • 小銭が多く入っているもの

3~5年以上使用しているような財布自体が古いもの

財布は3~5年以上使用すると、金運を呼び込む力そのものがなくなるとされています。

なのでこうした年月以上が経過しているような古い財布は、基本的に買い替えることが推奨されます。

ちなみに中古品のものに関しては、それが高級なブランドものであったとしても基本的に良くはありませんし、中古品だと前の持ち主の運気を引き継ぐので、その運気が良くないのであれば安物買いの銭失いということにもなり兼ねません。

買い替えるとなった場合は古い財布を処分することになりますが、この時の捨て方としては白い紙に包んで雨の日に捨てると、それまでの悪い運気も良い感じにリセットされて良いそうですよ。

また新しい財布の使い始めは12月から2月が良いとされています。

自分とは相性の良くないもの

人間関係に相性があるように、財布と持ち主にも相性というものがあります。

この相性が悪ければ金運などの運気も下がってしまうと言われています。

なので財布を選ぶ際には本当に自分がお気に入りだと思うものであるものや、使い心地が良いものを選ぶようにすると良いでしょう。

折り畳み式のもの

折り畳み財布

財布が長財布ではなく、折り畳み式のものである場合は、お札を折り曲げる形になってしまいます。

このことからお札に取って居心地がよくなく、お金が逃げてしまうことにつながることから、風水的に良くなく金運も下がってしまうと言われています。

ただしこれに関しては、人によっては折り畳み財布と長財布とではさほど金運は変わらなかったり逆に折り畳み財布の方が良かったといった声もあります。

厳密には持ち主と財布との相性もあったりするようなので、実際に自分自身で使ってみてどちらが金運的に良いのかを試してみるのも楽しそうですね。

色が3色以上のカラフルなものや動物柄のもの

財布の色が3色以上のカラフルなものやアニマル柄は、その色同士が干渉しあって安定せず、金運的にも良くないと言われています。(アニマル柄に関しては本物の皮だと良い)

ちなみに単色の赤色の財布に関しても、赤が火の気を持っていて金運を燃やすということから良くないとされていますが、流れてしまった分入ってくるとも言われています。

中にレシートが沢山入っているもの

レシート

レシートや領収証は出費の証であることから、これらが財布に入っていることは金運的にも良くないとされています。

そのうえそれらがたくさん入っていることも、ゆとりのあるスペースを確保できないことから新しいお金も入って行き辛く、更に金運を下げる要因となります。

ポイントカードなどが沢山入っているもの

上でも書いた通り、財布のスペースにゆとりがないような状態は良くなく、金運を下げることにつながります。

特にカードがプラスチックであれば、プラスチックが「火の気」であることから、金運を燃やしてしまいます。

カード類を入れる枚数に関しては、多くとも8枚までに留めておくのがおすすめです。

またカードを入れる枚数としては0、2、6、8枚だと縁起が良いとされています。

その他Suicaなどの交通ICカードは「動の気」とされており、お金が動き外へ出てしまうことから良くありません。

外貨を入れている

外貨 ドル

外貨も交通ICカード同様に「動の気」であることから、金運的にはマイナスとなります。

お守りを入れている

お守りは風水的には「火」に属すると言われているので、金運を燃やすことからあまり良くありません。

おみくじも同様に「火」の属性なのでNGですね。

小銭が多く入っているもの

小銭が沢山入っている財布には、お札が入って来づらいと言われています。

なので小銭よりも価値の高いお札を呼び込みたいのであれば、財布に入れる小銭は少な目にしておくか、財布の他に別途小銭入れを持ってそこに小銭を保管しておくなりしておくと良いでしょう。

財布をすぐに落としてしまう原因はそのものが運気を下げるものだから?

財布を落とす スリ

外出時などで財布を持ち歩いていると落としてしまうようなこともあったりしますが、これは所持している財布が金運・運気を下げる財布だからなのでしょうか?

これに関しては所持している財布が中古のモノだったり古かったりして運気の下げる財布であることから、それが落としてしまう原因にもなるようですが、その他にも厄払いで財布が身代わりになってくれるということもあるようです。

本来ならば自分自身に対して災いが降りかかるはずが、財布が身代わりとなったおかげで、財布はなくしてしまったものの、結果的に自分はその災いから身を守ることになるというそうなんです。

また自分自身が所持している財布を気に入っていなければ、財布は自ら身を引いてしまうということもあるようですね。

このように風水的には財布はこのように時として自発的に働くこともあるそうなんです。

風水的にそう言われているからと言って、実際にそうなのかどうかは確認のしようもありませんが、いずれにしろあまりお気に入りでない財布だったり、運気を下げるような財布を所持していたから大金やその他運転免許証など重要なものを紛失してしまうのは避けたいですね。

まとめ

今回は運気が下がってしまうような財布の特徴などについてご紹介していきました。

もちろん財布を買い替えたからと言って、すぐにお金が増えるという訳ではないのでしょうが、「最近金運が悪いのでなんとかしたい」というような方は、財布の買い替えや財布に余計なものを入れないようにしたりといったことは、試してみると良いかもしれません。

 

運気が上がる財布とは?良い色は?中古は良くない?

運気が上がる財布とは?

金運に少なからず影響を及ぼすとされる財布。

この財布ですが具体的にはどういったものが風水的に好ましく運気が上がるのでしょうか?

ここではそんな運気が上がる財布の特徴や、財布の運気が上がるような使い方などについてご紹介していきたいと思います。

運気が上がる財布の特徴とは?

  • 財布の色が良い
  • 購入してから3年未満のような新しいもの
  • お札を折り曲げなくても入れられるような長財布のもの
  • なるべく高価なもの
  • リボンモチーフがあるもの
  • 金具があるもの
  • 素材は蛇皮や牛皮であるもの

財布の色が良い

財布の色に関しては、金運アップの効果の種類は微妙に違えど、金色や黄色・グレージュ(グレー+ベージュ)・茶色・黒色・白色・銀色・緑色・ピンク色辺りが良いとされています。

金色の財布

金色はお金の循環を良くし、財布の金運を最も強くさせると言われている色で、金運以外にも様々な運気アップ効果が期待されます。

ただし運気の上下にムラがあると言われているので、ギャンブラーの方などにはあまり好ましくない色だと言われています。

黄色の財布

黄色の財布も金運アップ効果が期待されますが、鮮やかな黄色のものに関してはお金が入って来やすい反面、出ていき安いとされています。

なので鮮やかなものではなく黄土色辺りのモノであれば、金運が上がる上に安定感も上がって良しとされています。

グレージュ(グレー+ベージュ)

グレーの財布も黒の金運アップ効果と白の悪い運気をリセットさせる効果を同時に持つものとして良いですが、このグレーにベージュが加わることで、金運を燃やすとされる「火」の気が抑えられることから、財布の色として非常に良いと言われています。

茶色の財布

茶色は大地の安定感を享受できるとされる色であり、浪費癖をなくして貯蓄できるような効果が期待されます。

金運の他にも仕事運・恋愛運・健康運アップをもたらすと言われています。

黒色の財布

黒色の財布にはお金を守る効果があると言われており、財産は減らさないようにしつつ着実にお金を貯めることができるという、茶色の財布に似た恩恵が期待できます。

白色の財布

白色の財布は今までの悪い金運をリセットさせる効果があり、これから財産を蓄えていきたいような方におすすめの財布です。

銀色の財布

銀色の財布は金運アップの他、不動産・株式投資運や家庭運、子宝運も上げると言われています。

ただ金色の財布と同様に入ってくるお金は多いけれども、出ていくお金も多くなります。

緑色の財布

緑色の財布は金色の財布などのように目立ってお金の循環を良くするというよりも、浪費を防いで少しづつ堅実に貯蓄することができ、仕事運も上がるといった効果をもたらします。

投資をしているのであれば、黄緑色のものも良いそうですよ。

ピンク色の財布

ピンク色の財布は金運アップはもちろん対人運や恋愛運を向上させ、、良い人脈ができて玉の輿に乗りやすい色の財布だと言われています。

なのでピンク色の財布は特に女性の方にとっておすすめです。

購入してから3年未満のような新しいもの

財布は購入してから3~5年以内のものであれば、金運を呼び込む力があるので、良しとされています。

逆に買ってから3~5年以上経ったものは、そういった力がなくなるので良くありません。

またこうした年月が経っていなくても、財布に傷がついていたり汚れていたりしてダメージを受けている場合は、買い替えた方が良いです。

お札を折り曲げなくても入れられるような長財布のもの

長財布のものはお札を入れるときに折り曲げずに済むことから、風水的には良く、運気も上がると言われています。

逆に折り畳むタイプの財布だと、お札を折り曲げなくてはならなくなり、これがお札にとっては居心地が悪くなるということから、運気も下がります。

なるべく高価なもの

自分自信で購入できる範囲でなるべく高価なものを購入すれば、それに応じた金運が呼び込まれるとされています。

リボンモチーフがあるもの

リボンモチーフのあるものは、お金との縁を結びつけるということから、好ましいとされています。

金運の他縁結びの効果もあり、リボンが大きいほど効果は上がっていきます。

金具があるもの

財布に金具があるものは、入ってきたお金をとどめておくような効果が期待されます。金具の色に関しては基本的に金色が良いとされています。

素材は蛇皮や牛皮であるもの

財布の素材に関しては蛇皮や牛皮といった素材のものだと、縁起が良くて金運アップの効果が期待されるようです。

金運・運気が上がる財布の使い方について

財布には色などの特徴から運気が上がるようなものを選ぶことができますが、使い方を工夫することによっても金運など運気が上がると言われています。

金運・運気が上がる財布の使い方としては以下の通りです。

  • 財布の中にはレシートなど余計なものは極力入れない
  • お札を入れるときは高額なものから順番に向きを揃えて入れる
  • 保管するときは暗い場所で、北に保管しておく

財布の中にはレシートなど余計なものは極力入れない

財布の中は基本的にお金以外のものに関してはあまり入れない方が良いとされています。

例えばレシートやICカード、キャッシング専用カードは入れているだけでも金運ダウンにつながります。

またその他カード類に関しても入れすぎは良くなく、最高でも8枚程度にまで抑えておくのが推奨されています。

ただし金運を引き寄せるようなアイテム(金運を上げるお守り、純金など)は財布に入れても良いです。

お札を入れるときは高額なものから順番に向きを揃えて入れる

財布にお札を入れるときは一番高額な1万円札を最も奥に入れて、そこから高い順に入れていきます。

またお札の向きもすべて揃えておくと、風水的には良く金運も上がると言われています。

保管するときは暗い場所で、北に保管しておく

財布の保管場所は、暗い場所に保管しておくことでお金が増えやすいとされています。

逆に火の気のあるところや人の目につくところ(リビング、キッチン、テレビ、冷蔵庫付近、日が当たる窓辺、照明の真下など)は金運が下がります。

また保管する方角も「水」の気である北側だと金運が上がります。

金運・運気が上がる財布の買い替え時期は?

3~5年以上経過したような古い財布は、買い換える必要性が出てきますが、この買い替えのタイミングも適した時期というものがあります。

買い替えに適したタイミングには以下のような時期が挙げられます。

  • 誕生月
  • 12~2月
  • 満月の日
  • 大安
  • 寅の日
  • 巳の日

こうしたタイミングで買い替えを行えば、運気が倍増するとされています。

まとめ

以上運気が上がる財布の特徴や、財布の使い方などについて紹介していきました。

財布を買い替えたからと言って、すぐにお金持ちになるという訳ではなりませんが、然るべき財布を選んで利用することでお金が貯まりやすくなるということは多々あるようです。

近いうちに財布を買い替えたいという方は、選ぶ際に参考にしてみてはいかがでしょうか。