設定

windows10で自動起動されるアプリを停止する方法

windows10で自動起動されるアプリを停止する方法

いつものようにパソコンを起動させただけなのに、なぜか自動で実行されるようになったアプリはありませんか?

そしてそのアプリが自動起動されるのが便利なのであればともなく、そうではなくてスタートアップ時にその都度消す必要性が出てきているのであれば毎回かなり面倒ですよね?

そこで今回はwindows10で自動起動されるアプリ(スタートアップアプリ)を停止・解除・削除させる方法について紹介していきたいとお思います。

windows10で自動起動されるアプリを停止する方法

スタートボタンをクリック

まずはパソコン画面左下にあるウインドウズアイコンのスタートボタンをクリックします。

設定をクリック

次に設定をクリックします。

アプリをクリック

「アプリ」をクリックします。

スタートアップをクリック

左側メニューにある「スタートアップ」をクリックします。
そしてスタートアップアプリ一覧から、起動時に実行させたくないアプリを「オン」から「オフ」にします。

起動時に実行しないアプリをオフにする

これでスタートアップ時に勝手に起動するアプリを削除することができます。

起動アプリの変更の設定を行いたい場合は?

起動アプリの変更の設定を行いたい場合は、単純に上記のスタートアップ画面でのオン・オフを切り替えるだけでできます。

起動時に自動で実行させたくない場合は「オフ」、逆に自動で実行させたい場合は「オン」に切り替えるだけでOKです。

起動アプリの追加の設定をしたい場合は?

起動アプリ(スタートアップアプリ)を削除・解除させるのではなく、逆に追加の設定したい場合は、下記の手順で行うことが可能です。

  1. スタートボタンを押して起動時に自動起動させたいアプリを右クリック
  2. 「その他」>「ファイルの場所を開く」を選択
  3. ファイルの場所を開いた状態で、windowsロゴキー+Rを押下
  4. 「shell:startup」と入力して「OK]を選択
  5. スタートアップフォルダが開くので、ここに上記ファイルの場所からアプリのショートカットをコピーして貼り付けする

これでwindows10で起動時に自動で実行させたいアプリを追加することができます。

そもそもなぜスタートアップアプリが勝手に登録されるの?

これに関しては、ウイルスやスパイウェアの感染によることが原因の可能性も疑われます。

そのため不安であれば、セキュリティソフトでウイルススキャンを行うなどして対策しておくと良いでしょう。

Windows10でのスタートアップアプリが不要なら削除しよう!

スタートアップアプリが増えてしまうことは、pcの起動が遅い原因にもなり得ます。

そのため「これは明らかに不要だな」と思われるスタートアップアプリがある場合は、上記で紹介した起動アプリの消し方を参照に無効化すると良いでしょう。

ただスタートアップアプリの中には、削除してしまうことでアプリの動作に不具合が起きることもあるので、本当に不要だと思われるアプリのみ削除するだけに留めておくと良いでしょう。

これで安眠!pc・スマホのブルーライトカット設定方法

眼精疲労対策としてや、少しでも睡眠の質を上げるためにカットしておきたい、睡眠前のパソコンやスマホから浴びるブルーライト。

今回はそのブルーライトを簡単お手軽にカットするためのパソコン並びにスマホ(android)の設定方法についご紹介していきたいと思います。

パソコン(windows10)でのブルーライトカット設定方法

パソコン(windows10)でのブルーライトカット設定方法①

まずはパソコン画面左下にあるwindowsアイコンをクリックし、「設定」をクリックします。

パソコン(windows10)でのブルーライトカット設定方法②

「システム」をクリックします。

パソコン(windows10)でのブルーライトカット設定方法③

「ディスプレイ」のメニューで「夜間モードの設定」をクリックします。

パソコン(windows10)でのブルーライトカット設定方法④

「色温度(夜)」を調節します。
左へスライドさせるほど、ブルーライトが減っていきます。

スライド後にすぐブルーライトカットの設定を有効にしたい場合は「今すぐ有効にする」をクリックします。

 

パソコン(windows10)でのブルーライトカット設定方⑧

スケジュールのメニューでは、ブルーライトカットをオンにする時間帯、オフにする時間帯をそれぞれ設定できます。

ここでオンオフの時間を指定することで、自動的に設定した時間帯にブルーライトカット設定になり、オフの時間で自動的に切れます。

スマホ(android)でのブルーライトカット設定方法

大体の場合「設定」>「画面(ディスプレイ)」からブルーライトカットに関する設定を行えば簡単にできるのではないかと思います。

ソフトやアプリでもお手軽にブルーライトカット可能!

ブルーライトカットするには上記の設定方法を試すほか、ソフトやアプリをインストールすることでも行えます。

パソコンのブルーライトカット無料ソフト

f.lux

時間帯に合わせて色温度を調節できるというフリーソフトです。
日中では弱めに、夜間では強めにできたりするのが便利ですね。

スマホのブルーライトカット無料アプリ

iOSとAndroidそれぞれのアプリとして、下記のモノが評価が高くおすすめです。

ソフト・アプリ名 インストール先
iPhone / iPad アプリ 視力保護ブラウザ 〜ブルーライトカットで視力回復〜
Android アプリ Twilight: あなたの健やかな睡眠をお守りします Get it on Google Play

色調の変化が気になる場合はブルーライトカットフィルムがおすすめ

上記設定やアプリは簡単かつ無料でできるのが魅力的ですが、デメリットとして画面の色調が赤みがかったりして醜くなってしまいます。

こうした画面の色調の変化を起こすことなく、寝る前にゲームや映像などを楽しみたい場合は、値段は多少するもののブルーライトカットフィルムをパソコンやスマホの画面に貼り付けると良いでしょう。

パソコン向けブルーライトカットフィルム

スマホ向けブルーライトカットフィルム

終わりに

就寝前にはこのようなブルーライトカットの設定を行い、質の良い睡眠をとるように心がけると良いでしょう。

googleキーワードプランナーは有料でしか使えない?

googleキーワードプランナーを無料で使えるようにするための設定方法]

SEO対策をするうえでキーワードを決めるために役に立つツール「googleキーワードプランナー」。
今回はこのgoogleキーワードプランナーを無料で使えるようにするための設定方法や、簡単な使い方について紹介していきたいと思います。

googleキーワードプランナーは有料でしか使えない?

googleキーワードプランナーを利用できるようにするためにはgoogleAdWordsに登録する必要があるのですが、その際に支払い方法の選択が求められます。

「googleキーワードプランナーは無料で使えると聞いていたのに実際には有料でしか使えないの?」と思われるかもしれません。

確かに支払い方法を選択してそのままにしておけば、AdWordsでの月額料金を支払わなければならないので、この場合には有料になってしまいます。

しかし実は設定次第ではこのAdWordsで請求される料金を無料にしつつ、googleキーワードプランナーを使えるようになります。

というわけで早速無料でgoogleキーワードプランナーを使えるようにするための設定方法を紹介していきます!

googleキーワードプランナーを無料で使えるようにするための設定方法

googleキーワードプランナーを使えるようにするには、まず下記の手順を踏んでいく必要があります。

  1. まずはGoogleアカウントを作成(持っている場合はパス)
  2. 次にGoogleAdWordsのアカウントを作成
  3. googleキーワードプランナーを無料で使うための設定を行う

Googleアカウントを作成方法

Googleアカウントを作成するには、リンク先から氏名、Gメールアドレス、パスワードを入力することで作成できます。

GoogleAdWordsのアカウントを作成

次にGoogleAdWords(https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/)のアカウントを作成していきます。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法①

 

まずはトップページ右上にある青色のボタン「今すぐ開始」をクリックします。
googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法②移動したページ先にある3つのメニューのうち、一番下の「ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」を選択して、「目標を選択」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法③

「ビジネス名」の項目にウェブサイト名、「ウェブサイト」の項目にサイトのURLをそれぞれ記入して「次へ」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法④

ビジネスの住所はここでは特に設定する必要はないので、そのまま「次へ」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法⑤

ここでの画面も特にいじる必要もないので、そのまま「次へ」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法⑥

「広告見出し1」「広告見出し2」「説明文」を入力後「次へ」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法⑦

広告の予算を設定します。予算は1円でもOKです。1円ではダメな場合は最低金額を適当に設定しなおします。
予算が設定出来たら「次へ」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法⑧キャンペーン設定の確認画面に移ります。下の方にある「次へ」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法⑨

「お支払い情報の確認」画面に移るので、まずは名前と住所など必要事項を記入します。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法⑩続いて「お支払いタイプ」「お支払い方法」を入力します。

無料でgoogleキーワードプランナーだけを使いたいのであれば、とりあえず間違って料金を請求されることのないようにお支払いタイプは「手動支払い」お支払い方法は「振込」か「コンビニエンス ストアまたは Pay Easy(ペイジー)」にしておくと無難です。

最後に規約にチェックを入れて、一番下の「送信」ボタンをクリックします。

(この後振り込みの場合は振込先の口座が表示されます)

これでGoogleAdWordsのアカウントの作成が完了となり、とりあえずgoogleキーワードプランナーが使える状態になりました。

あとはこれを無料で使える設定を行っていきましょう。

googleキーワードプランナーを無料で使うための設定を行う

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方⑪

GoogleAdWordsでの設定が終わったら、まず「キャンペーンを確認」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定⑫

キャンペーン確認画面のサイト名が表示されてあるボックスの左下にある「有効」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設⑬

「キャンペーンを一時停止する」をクリックします。すると画面がポップアップされるので、「はい」をクリックします。

これでgoogleキーワードプランナーを無料で使える設定が完了しました!

googleキーワードプランナーの簡単な使い方

googleキーワードプランナー 使い方①

googleキーワードプランナーを使うには、画面右上部にあるスパナーアイコン「ツール」から「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。

googleキーワードプランナー 使い方②

更に画面がポップされるので、「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。

googleキーワードプランナー 使い方③

画面上部にある「ツール」をクリックすると、左上の方にキーワードプランナーがあるのでクリックします。

googleキーワードプランナー 使い方④

キーワードプランナーをすぐに使えるようにするためにもこの画面をブックマークしておくと良いです。

googleキーワードプランナーには「新しいキーワードを見つける」と「検索のボリュームと予測のデータを確認する」とがあります。

新しいキーワードを見つける

「新しいキーワードを見つける」では、キーワードを入力することによって、そのキーワードに関連するキーワード一覧や、検索ボリューム、競合の強さなどを確認することができます。

関連キーワードが確認できることから、更にコンテンツを充実させたいときなどに便利です。

検索のボリュームと予測のデータを確認する

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」では、複数のキーワードの検索ボリュームをまとめて確認したい場合に役に立ちます。キーワードとキーワードの間にはカンマを区切るか改行することでまとめて検索ボリュームをチェックできます。

まとめ

今回は2019年度最新版のgoogleキーワードプランナーを無料で使えるようにするための設定方法についてご紹介していきました。

googleキーワードプランナーはキーワードを選定するうえで非常に役に立つので、これを無料で使いたいという場合は是非試してみると良いでしょう。

AddQuicktagの簡単な使い方や403エラーの対処方法

ワードプレスで短時間で効率的に記事を書くために役立つプラグイン「AddQuicktag」。

今回はこのAddQuicktagの簡単な使い方から、これを利用した際に起こりがちな403エラーの対処方法についてご紹介します。

AddQuicktagのインストール

AddQuicktagをインストールするには、まずワードプレスの画面左側のメニューにある、「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。

AddQuickingのインストール

あとは画面上部にある検索窓に「AddQuicktag」を打ち込めば、プラグインのAddQuicktagが出てくるので、これをインストールします。

インストールが終わったら「有効化」をクリックして、AddQuicktagを使えるようにします。

AddQuicktagの使い方

AddQuicktagをインストール後、画面左側のメニューにある「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」をクリックします。

AddQuickingの設定

更にAddQuicktagの項目の中にある「設定」をクリックします。

AddQuickingの設定方法

入力な必須である※印の欄に、ラベル・開始タグ・終了タグを記入し、クイックタグを表示させたい投稿タイプにチェックを入れた後、下にある「変更を保存」をクリックすると、設定は完了です。

AddQuicking 設定の反映

テキストエディタを見てみると、デフォルトのタグ以外にAddQuicktagで設定したタグが追加されていることが分かりますね。

この他h3タグやtableタグなどよく使用するタグをAddQuicktagの方で設定しておけば、記事も効率的に書けて時間短縮できます。

AddQuicktagで起こり得る「403エラー」の対処方法

テキストエディタに様々なタグを追加できる便利なAddQuicktagですが、WAF設定が有効になっていれば、403エラーを引き起こしてしまいます。

ちなみにWAFというのはウェブアプリケーションファイヤーウォールのことで、これが有効になってしまっているとセキュリティ機能が働いて403エラーを引き起こしてしまうんですね。

WAF設定に関してはレンタルサーバーごとに異なりますが、ここでは私も使用しているロリポップでのWAF設定の変更方法について説明していきます。

AddQuicking 403エラーでWAF設定を無効にする

まずロリポップのユーザー専用ページの画面左側にあるメニューの「セキュリティ」から「WAF設定」をクリックします。

サイトのドメインのWAF設定をで「無効にする」をクリックして、WAFを無効にします。

ちなみにこのWAFの設定が反映されるまでに、5~10分ほど時間がかかることがあります。

以上で5~10分ほど待ったあと、無事にAddQuicktagでタグの設定を行うことができるようになります。

※ただしWAFは無効のままにしておくとセキュリティ的に危険なので、AddQuicktagでの設定が終わったらすぐにWAFの設定を再び有効に戻しておくと良いでしょう。