解約

AWSの解約方法(停止)について

AWSの画像

先月くらいからAWSの1年の無料枠が期限切れとなり、サービスを利用しないのに課金が発生したので解約(停止)することになりました。

今回はそのAWSの解約手順について画像付きで紹介していきたいと思います。

また解約せずに料金の発生だけを防ぐリソースの削除(データ削除)の方法についても少し触れていきます。

料金を発生させたくないだけならリソースの削除だけでOK

AWSのアカウントを解約することなく、料金の発生だけを停止させるのであれば、リソースを削除することでOKです。

リソースの削除に関しては、こちらのページ(https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/workmail/latest/adminguide/remove_resource.html)で詳しく書かれています。

AWSの解約方法(停止)の手順

AWS自体を利用する予定もない場合は、アカウントごと解約するのも手です。

まずはAWSのサイト(https://aws.amazon.com/jp/)にログインします。

AWS解約方法②

画面上部のメニューにある自分のアカウント名をクリックし、更にそこからプルダウンされた項目の中にある「マイアカウント」をクリックします。

AWS解約方法②

マイアカウント画面に移ったら画面を下にスクロールさせ、「アカウントの解約」の項目で各欄チェックを入れて、下にある「アカウントの解約」のボタンをクリックします。

AWS解約方法③

「アカウントの解約」画面がポップアップされるので、「アカウントの解約」のボタンをクリックします。

以上でAWSのアカウントが解約されます。

AWSアカウント解約時の注意点

AWSアカウントを解約したら、そのアカウントにはログインできず課金も停止されますが、サーバーはしばらく動作することがあるので、WEBサイトにはアクセス可能だったりします。

そのためセキュリティ上の問題から、解約前にEC2などを削除しておくと良いでしょう。

アカウント解約したらもう二度と再開できないのか?

アカウント解約(停止)してから90日以内であれば、AWSサポートの方に連絡をすることでアカウントを再開させることができます。

なおアカウント再開の詳しい手順については、こちらのページ(https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/reopen-aws-account/)にて記載されています。

おわりに

無料枠の有効期限が切れる前からやらなければならないと思っていた請求引き落とし手続き。

しかし課金の発生を防ぐ方法について調べてみてもイマイチ良く分からず、結局手つかずのまま先延ばしにしていました。

そのうち「そもそも何もしなければ料金は発生しないのではないか?」と思い始めて放置してはや3ヶ月程度・・・

クレジットカード引き落としの請求を見てみたら、思いきりAWSによる課金が発生してしまってました(*_*;

金額にしては微々たるものですが、何もサービスを利用していないのに課金が発生するのは避けたいので、急遽AWSのアカウント解約に踏み切った次第です。

 

AWSの無料利用枠を利用している場合で、課金発生時期である1年後は使わないので料金の引き落としは避けたいというのであれば、早めにAWSアカウントの解約をしておくと良いでしょう。

解約手続きは上記手順のように簡単にできるので、忘れないうちにサクッとやっておきたいですね!

 

楽天銀行visaデビットカードの解約方法は?

楽天銀行デビットカード

年会費が高い楽天visaデビッドカード。

今回は知っていなければ解約方法がイマイチ分かりづらい、この楽天visaデビッドカードの解約方法について紹介していきたいと思います。

またvisaカードからJCBカードに切り替えることで、年会費を永年無料にできるため、今回はその切り替え方法についても紹介していきたいと思います。

楽天デビットカードの解約方法は?

楽天銀行ログイン

まずは楽天銀行の公式サイトにアクセスし、マイページにログインします。

楽天銀行 紛失盗難届け

「カード・ATM」をクリックし、カード下部にある「盗難・紛失の場合」をクリックしましょう。

楽天visaデビットカード 解約

すると停止するカードを選択する画面に出ますので、楽天銀行デビットカードを選択し「お手続き開始ボタン」をクリックします。

これで楽天visaデビットカードを解約することができます。

電話で解約手続きを申し出るとかそういった必要もなく、公式サイト上で完結できるので簡単ですね。

解約ではなくデビット機能のみ停止したい場合は電話での連絡が必要

カードの紛失・盗難により完全に解約するのではなく、あくまでデビット機能のみ停止したい場合は、楽天銀行カスタマーセンターに連絡を行う必要があります。

なおカスタマーセンターの問合せ電話連絡先は下記の通りです。

カスタマーセンター 0120-691-095(無料)
携帯電話・PHS等からは
0570-021-910 (通話料有料)
※国際電話をご利用の場合は
03-6832-2277 (通話料有料)
受付時間 24時間対応・年中無休

楽天VISAデビットカードは年会費が高い

楽天デビットカードはJCBだと年会費が永年無料です。

しかしVISAの場合はショッピング保険が付いているため、年会費が2,160円(ゴールドでビットだと5,400円)とあながち馬鹿にはなりません。

なのでこの年会費が煩わしく、他に年会費無料のクレジットカードやデビットカードを持っているのであれば、楽天VISAデビットカードを解約するのも手です。

VISAからJCBに切り替えれば年会費は発生しない!

楽天VISAデビットカードの年会費が煩わしくて解約したい場合、他にクレジットカードなりデビットカードなりを所持しているのであれば、そのまま解約するのも手です。

しかし他にクレジットカードなどがない場合は、楽天VISAデビットカードを解約してしまうと少々困ることになります。

このような場合であれば、楽天VISAデビットカードから年会費永年無料の楽天JCBデビットカードに切り替えると良いでしょう。

こうすることで楽天VISAデビットカードは解約せずに、年会費だけを無料にすることができます。

ただしJCBカードの発行手数料として540円が発生するという点について注意が必要です。

 

楽天デビットカードをVISAからJCBに切り替える方法

楽天銀行公式サイトでカードATMを選択

楽天デビットカードをVISAからJCBに切り替える方法はまず、楽天銀行の公式サイトからマイページにログイン後、画面上部にあるメニューの中から「カード・ATM」を選択します。

楽天デビッドカードでVISAからJCBに切り替え

ブランド名が「JCB」になっているカードの「お申込」をクリックします。
その他JCBカードと同様に年会費永年無料になる「楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)」を選択するのも良いでしょう。

楽天デビッドカードでVISAからJCBに切り替え 申し込みフォーム

申込入力画面に移るので「お名前」「暗証番号」「登録用パスワード」「お客様情報」の項目をそれぞれ記入したうえで、「次へ(確認)」をクリックします。

あとは確認画面に移るので、申し込み内容に誤りがなければ、暗証番号入力後「規定に同意し申し込む」をクリックすることで申し込みが完了します。

パンダデビットカードとデビットカードの違いは?

通常の楽天デビットカードとパンダデビットカードとの違いは、単純にカードのデザインのみになります。

機能的にはまったく同じになるので、見た目で選ぶと良いでしょう。

年会費の引き落とし日の確認方法について

年会費の引き落とし日は、申し込み方法や利用年度によって微妙に変わってきます。

口座開設と同時に
申込した場合の
初年度年会費
カード入会月の
翌月末日まで随時引落
口座開設後に
申込した場合の
初年度年会費
申込時に引落
2年目以降の年会費 会費対象期間月の末日に引落

まとめ

楽天visaデビッドカードの年会費が高いので解約したい場合は、楽天銀行公式サイトから簡単にできます。

しかしデビットカードの場合は、クレジットカードと違って決済をすれば基本随時口座から引かれるのが便利です。

そのため楽天visaデビッドカードの年会費は抑えたいけれども引き続き利用し続けたい場合は、visaからJCBに切り替えるか、visaでも年会費が無料な「楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)」に切り替えると良いでしょう。

三菱UFJニコスカードのWEB利用明細登録と解約方法

今回は三菱UFJニコスカードから送られてくる利用明細を、郵送からWEB明細サービスン切り替えるための方法や、三菱UFJニコスカードの解約方法について紹介していきたいと思います。

三菱UFJニコスカードのWEB明細サービスとは?

三菱UFJニコスカードを所持している場合は、毎月利用明細が送られてくるわけですが、この明細は送られてきたのはいいものの後々ゴミになりますし、下手に捨てると個人情報漏れが懸念されるので、扱いに少々難が出てきます。

ただこのの利用明細は、郵送での送付をSTOPさせる代わりに、WEB上で利用明細が確認できる「WEB明細サービス」というものを無料で使えることができます。

これさえ使えればネット上で簡単に三菱UFJニコスカードの利用明細を確認することができますし、余計なゴミも排出させることなく個人情報漏れによるリスクもなくすことができます。

なので三菱UFJニコスカードの利用明細は郵送ではなくオンライン上で確認したいのであれば、ぜひWEB明細サービスに登録すると良いでしょう。

WEB明細サービスの登録方法について

まずはMUFGカード会員サイトの方にアクセスし、ログインします。(登録していない場合は新規IDを登録します)

MUFGカード WEB明細登録へ

トップ画面の右側にあるメニューから「ご請求額・利用明細照会」をクリックします。

WEB明細チェックの登録解除

「WEB明細チェックの登録・解除」から「ご利用明細書」の郵送を停止し、以後はメールにて毎月請求額の知らせが来るようになります。

 

UFJニコスカードの解約方法は?

UFJニコスカードの解約は退会専用ダイヤルから簡単に行うことができます。
連絡先は下記の通りです。

ニコスカード退会専用ダイヤル 0570-025410
受付時間 9:00~17:00
(年末年始を除く年中無休)

なお電話でのやり取りに関しては「自動音声応答サービス」になるので、オペレーターと直接話す必要もなく、解約理由なども聞かれないので気軽に手続きを行うことができるでしょう。

ただし解約時には下記の番号が必要になります。

  • カード番号の16桁の数字
  • 暗証番号の4桁の数字

暗証番号がどうしてもわからない時は下記の方法で、暗証番号通知書を送付してもらうと良いでしょう。

WEBサイト NetBranch
自動音声応答サービス ・東日本:03-5940-1100
・東日本:03-5940-1100

 

解約する前にチェックしておきたい注意点

ニコスカードを解約する前には一度下記の項目に注意しておきたいところです。

  • 解約したら貯まっていたポイントはすべてなくなってしまう
  • ニコスカードで公共料金の引き落としを行っている場合は事前に変更しておく
  • リボ払いなど支払い残高がある状態で解約すると利息手数料がかかる
  • 年会費を支払いたくないのであればそれが発生する前のタイミングで解約する

三菱UFJニコスカードの問い合わせ先

最後に改めてUFJニコスカードの解約する際は、下記の問い合わせ先から手続きを行うことができます。

ニコスカード退会専用ダイヤル 0570-025410
受付時間 9:00~17:00
(年末年始を除く年中無休)

その他カードを紛失してしまっていてカード番号が分からない場合は、下記の問合せ先から連絡すると良いでしょう。

ニコス盗難紛失受付センター 0120-159-674
受付時間 24時間年中無休