虫歯

虫歯が痛いとき・寝れない時の対処法・応急処置は?

厄介な虫歯による歯痛。仕事などの最中に痛み出したら集中できませんし、寝る前だと痛すぎて寝れないこともありますよね?

今回はそんな厄介な虫歯が痛いとき・寝れないときに有効的な対処法・応急処置について、医学的なことはもちろん個人の体験談を交えて紹介していきたいと思います。

虫歯が痛いときの対処法

虫歯が痛いときの対処法

虫歯が痛いときの対処方法としては、主に下記のものがあります。

  • 歯痛に効く鎮痛剤・薬を飲む
  • 幹部を冷やす
  • 歯痛に効くツボを刺激する
  • 断食を行う

寝れないほど痛いなら歯痛に効く鎮痛剤・薬を飲む

歯が痛すぎて夜寝れないというのであれば、歯痛に効く鎮痛剤・薬を飲むのが有効的です。

鎮痛剤の場合は即効性があるのと同時に眠りを促すものもあるので、とにかく手っ取り早く対処したい場合には良いでしょう。


ただ鎮痛剤・薬で凌ぐのはあくまで応急処置であり、服用していけば副作用を引き起こすリスクもあるので、歯痛が酷ければなるべく早く歯医者に行くのが理想です。

また妊娠中や授乳中である場合は、鎮痛剤を服用するならば市販薬ではなく、受診した医師が指定する薬を服用するのが望ましいです。

幹部を冷やす

歯痛が起きている個所を冷やすことで、一時的に血流の流れを抑えることができ、それによって神経の圧迫が軽減されるので、歯痛も緩和されます。

冷やし方としては保冷剤などをタオルで巻いてからそれを外側から幹部に当てるか、直接氷を口に入れて冷やすのも手です。

ただ抜歯などによる歯の痛みの場合は、氷を直接入れることで痛みが増すこともあるので注意が必要です。

歯痛に効くツボを刺激する

歯痛に効くツボを刺激することでも、歯痛を緩和させることができるようです。

歯痛に効くツボの場所は、承漿(しょうしょう)と呼ばれている部分です。

歯痛に効くツボ 承漿

(出典:漢方相談室.com

場所は下唇と顎の間での中央のくぼんたところで、ここを奥歯を噛みしめた状態で親指or中指で強めに3~5秒間の間、5回程度押すと良いです。

ちなみに私がこの方法を試してみたところ、微妙でしたがわずかに痛みが緩和される程度の効果はあるようです。

断食を行う

断食を行う

忙しくて歯医者に行くまでにある程度の期間を要するのであれば、食事・糖分の摂取を控えるのも有効的です。

食事・糖分の摂取を控えれば、虫歯菌(ミュータンス菌)のエサとなるものがなくなります。

歯痛の原因は、虫歯菌が糖分を分解することで生成する乳酸が歯を溶かすことにあるので、断食・プチ断食を行えば虫歯菌により乳酸が作られなくなるためか、歯痛も起きなくなります。

もちろん完全な断食ではなく、プチ断食とかでも本来相当痛むであろうときでも、かなり和らぎました。

なお飲み物に関しては基本的に水が良いそうです。

断食(プチ断食)は多少の空腹感はありますが、薬を服用し続ける場合とは違って副作用による心配もありませんし、わざわざ幹部を冷やしたりたりする必要もありません。

そして断食自体は様々な健康的な効果もあるので、歯医者にすぐいけないような場合には断食(プチ断食)で凌ぐのも個人的に良いと思います。

虫歯が痛いときにやってはいけないこと

虫歯が痛いときにやってはいけないこと

逆に虫歯が痛いときにやってはいけないこととして、以下の事は把握しておきたいところです。

  • 運動や入浴など血流を良くすること
  • 飲酒や喫煙

運動や入浴などにより、血流が良くなるとその血流によって歯のせんけいを圧迫させることから、痛みが増します。

またアルコールやたばこは、歯を刺激することから歯痛が悪化することもあります。

私はたばこは吸わないので分かりませんが、入浴とアルコールに関しては歯痛が増して酷い目にあったので、歯痛でお悩みの皆さんもご注意を。

まとめ

まとめると虫歯が痛いときの対処方法としては、主に下記のものがあります。

  • 歯痛に効く鎮痛剤・薬を飲む
  • 幹部を冷やす
  • 歯痛に効くツボを刺激する
  • 断食を行う

そして虫歯が痛いときにやってはいけないのが主に下記のことです。

  • 運動や入浴など血流を良くすること
  • 飲酒や喫煙

虫歯を早期で治療できれば、神経を抜くこともなく治せるので、虫歯が原因で歯痛が起きているのであれば、なるべく早急に歯医者で治療したいところですね。

虫歯は自然治癒で治るのか?放置するとどうなる?

虫歯は自然治癒で治るのか?放置するとどうなる?

今回は虫歯は自然治癒で治るのか?放置するとどうなるのか?について、経験談を元にしてその真実に迫っていこうかと思います。

虫歯は放置して治るのか?

医学的には、最初期の虫歯ならば放置しても治りますが、基本的に自然治癒で治ることはないとされています。

虫歯の進行段階 症状 自然治癒・放置で治せるかどうか
c0 歯の表面のエナメル質が溶け出している段階。また、痛みも黒ずみもない。
c1 歯の表面のエナメル質が溶かされている段階。痛みはないが歯が変色したりする。 ×
c2 エナメル質よりも更に奥の象牙質まで虫歯が達した状態。甘いものや冷たいものがしみるようになる。 ×
c3 象牙質の奥までまで虫歯が達した状態。我慢できないくらいの激痛が走る。 ×
c4 神経まで完全に侵された状態。もはや痛みがない。 ×

これを見ても分かる通り、医学的には自然治癒は本当に最初期の段階のみ可能であり、ほとんどの場合は放置しても治りません。

アイスなど冷たいものを食べて歯がしみる場合、知覚過敏でなければ完全にアウトです!

放置するとどうなる?

虫歯をそのまま放置しておくと、虫歯菌が顎の中に広がって骨髄が細菌に感染して骨が腐り骨髄炎を引き起こす可能性があります。

更に虫歯菌が体内に入り脳に回れば脳梗塞、心臓に回れば心筋梗塞、肺に回れば肺炎などの重い病気にかかったりします。

これらによって最悪の場合死に至るので、虫歯はなるべく放置せず早めに治療して対処しておくように心がけておくと良いでしょう。

本当に虫歯は自然治癒して放置して治らないものなの?

基本的にある程度進行した虫歯は治らないとされていましたが、近年ではその常識を覆す治療法も実践されているようです。

上記著書の歯科医師の方は、なるべく歯を削らない自然治癒での治療を積極的に行っているようです。

ちなみに自然治癒で治す方法としては「砂糖の摂取を控える」「歯磨きは食後30分以降に行う」などといったことを行うことで改善に向かうのだとか。

ただ自然治癒で治るかどうかに関しては、この本でも書かれている通り科学的エビデンスが足りていないようです。

虫歯を自然治癒で治そうとした私の体験談

自然治癒で虫歯が治るかどうかの真偽はさておき、かくいう私も数年前に虫歯を自然治癒で治そうと試みた時期がありました。

そのときの症状は、冷たいものなどを噛んだら歯に激痛が走る程度のもので、虫歯の進行状態で言えばいわゆるc2中盤以降程度の状態で始めました。

やり方としては虫歯の自然治癒に有効だとされる断食を行ったうえで、砂糖を控えるようにしました。半年間くらいは1日1食程度と断食に近いようなことをしていましたね。

ちなみにこの間虫歯のある歯ではずっと噛まないようにしていたこともあってか、痛みという痛みはほぼなくなり虫歯は治ったかと思われました。

そしてその後食事の量も元に戻し、甘いものやアルコールなども摂取していたのですが・・・

なんとある日歯が少しだけ欠けたんです!

歯医者に行くか自然治癒を続行するか悩んだ結果

やっぱり自然治癒では虫歯は治らないんだと思い歯医者に行こうとしました。

しかし歯はほんの少ししかかけていませんでしたし、引き続き甘いものなどを控えていれば、まだ再石灰化して歯が再生して治る可能性があるのではないか?いや、そうあって欲しいと思いました。

というわけで、その後も歯医者へは行かずに、断食や甘いものやアルコールを控えていました。

それから1カ月や2カ月と日が経っていくのですが、欠けた歯が再生する様子は当然微塵も感じられまぜんし、相変わらず歯に違和感or若干の痛みがあるような気がしていました。

それから半年~1年間くらい経ったあとのことでしょうか?
せんべいを食べているときに、歯がごっそりと欠けてしまったのです。

結局歯は再石灰化してちっとも治っていなかったばかりか、虫歯が水面下で密かに日々着々と進行していたようでした。

その後私が速攻で歯医者に直行したのは言うまでもありません。

ただ私の場合は甘いものを完全に絶っていたわけではありませんし、治ったと勘違いして気が緩んでからは虫歯に良くないとされる砂糖やアルコールも普通に摂取していたので、「正しい虫歯の自然治癒の仕方」というものがまずなっていなかったのでしょう。

結論:進行した虫歯を自然治癒で治すのは非現実的

はい。見出し通りです。
まず虫歯が治るまで砂糖を控えること自体厳しいですね。ごはんやらパンなどにも砂糖は普通に含まれていますし、特に甘いもの好きの私からしてみれば相当な苦行です。

そもそも自然治癒で治すのであれば、一体それくらいかかるのかどうかも分かりませんでしたし、元々放置(自然治癒)で治すことができないくらい手遅れだったようにも思えます。

しかも私は途中からスイーツ・お菓子(砂糖が多く含まれるもの)に関しては控えめにしていただけで実際食べていましたからね。

虫歯を自然治癒で治すことは可能なのかもしれません。
しかしそれはあくまでわりと初期の段階での虫歯ならば可能であって、私のようにc2の中盤辺り以降にまで進行した虫歯を自然治癒で治すのは恐らく困難であまり現実的ではないと思います。(特に甘いモノ好きの場合)

そのため冷たいものなどを噛んで歯に激痛を感じる程度にまで虫歯が進行していれば、基本的にはなるべく早急に歯医者に行って治療を行うべきだと思いますね。

ただ糖分の摂取を控えるなりすれば、虫歯の進行が遅れるようなので、時間の都合が付けられず早急に歯医者に行けないような場合は、一時的に食事や糖分の摂取を控えるのがおすすめです。

自然治癒効果あり?ためしてガッテンで紹介された歯磨き方法

スウェーデンで発見されテレビ番組「ためしてガッテン」でも紹介された歯磨き方法を実践すれば、虫歯の予防効果が通常の40%以上期待されるようです。

その驚くべき歯磨き方法のポイントは下記の通り!

  • フッ素配合の歯磨き粉をたっぷり使う(目安:2cm)
  • 歯全体に歯磨き粉が行き渡るように2分程度歯磨きする
  • 口の中の泡などは吐き出しつつも水ですすがない
  • 歯磨き後は2時間飲食しない

最大のポイントは口をすすがないということ!

こうすることで歯の再石灰化を促すフッ素が残ります。更にこれによって歯の表面がコーティングされることから、虫歯菌の酸によって歯が溶けにくくなるとのこと。

この歯磨き方法を実践すれば、虫歯の予防に効果があることはもちろん、初期の虫歯ならば自然治癒効果が期待できるかもしれません。

フッ素の多いおすすめの歯磨き粉


フッ素の多いおすすめの歯磨き粉の中でも様々なランキングサイトで上位に紹介されている定番の歯磨き粉です。価格が比較的安いのも良いですね。

まとめ

私の場合は気が緩んだ段階で甘いものも普通に摂取していたので、自然治癒のやり方そのものが出来ていなかったのかもしれません。

ただそれを考慮しても、ある程度進行した虫歯を自然治癒で治すのはあまり現実的ではないと感じました。(特に甘いもの好きにはシビアかと)

そのため進行した虫歯であれば、とりあえず早急に信頼のおける歯医者で治療してもらい、それから虫歯予防に努めるなりした方が良いかもしれません。

なお初期状態の虫歯ならば、砂糖の摂取を控えたりしつつ、ためしてガッテンで紹介された歯磨き方法を徹底すれば、効果が期待できるのではないでしょうか。