種類

最近巧妙化されている詐欺の種類。その最新の手口とは?

最近巧妙化されている詐欺の種類。その最新の手口とは?

最近では様々な形で横行している詐欺。
最新の手口は巧妙化されていたりすることから、知識がなければ十分に引っかかってしまう可能性が考えられます。

こうした詐欺に引っかからないようにするためにも、ここでは最新の詐欺の種類・手口についてやその対策についてまとめてみました。

最新の特殊詐欺

最新の特殊詐欺

特殊詐欺というのは、被害者に電話などでコンタクトを取り対面させることなく信頼させて、不特定多数のものからお金をだまし取る犯罪の一種です。

代表的なモノで言えば「オレオレ詐欺」だとか、「架空請求詐欺」といったものですね。

ここからはこの特殊詐欺の中でも、巧妙で最近被害が続出しているものについて取り上げて行こうかと思います。

新型コロナワクチン詐欺

新型コロナワクチン詐欺

新型コロナワクチン詐欺は、ワクチン接種に便乗した悪質商法のことです。
手口としては、まずスマホや電話などから「ワクチンを優先的に接種できます」「ワクチンを接種するのに予約ができます」といったことを伝えてきます。

しかしその代わりに「手数料として○○円必要です」というようにお金を要求してくるわけです。

そしていざ指定された振込先などに送金をしたら、その後連絡がつかなくなったりするのだとか。

ちなみに勧誘を行う詐欺師は、基本的に役所の職員を名乗ってくるため、その分ついつい話に乗ってしまいがちになる部分もあるのかもしれません。

しかし、役所の職員が個人に対して新型コロナのワクチン接種を斡旋することはありませんし、ましてや「優先的に受けられるようにする」などといって金銭を要求してくることはありません。

このように、電話やメールでワクチン接種の案内が来たとしたら、それは十中八九詐欺だと思われるので、くれぐれも乗らないようにしてください!

ネオ架空請求詐欺

ネオ架空請求詐欺

ネオ架空請求詐欺は、少額訴訟制度などを悪用した架空請求のことです。

少額訴訟とは?
少額訴訟とは、60万円以下の金銭の支払い請求を目的とする手続きのこと。手続きや裁判に要する期間が短くて済むのがメリット。

手口としては、まず詐欺師・グループが少額訴訟を起こします。これにより、裁判所から督促状が送り付けられます。

詐欺師は、大体の場合アダルトサイトや出会い系サイトを運営していて、その利用者に対して高額な金額を支払うように提訴するといったパターンが多いと言われていますね。

そして、これを面倒だからといって放っておくと、原告である詐欺師の訴えが通ってしまうのです。その結果不当な請求に対してお金を支払わなければならなくなるというわけです。

ネオ架空請求詐欺に対する対策

これによる詐欺の対策としてはまず、その督促状が本物であるかどうかを確認する必要があります。それを見極めるためにも、その書類の送り先の裁判所へ連絡をして事実かどうか把握しておくと良いでしょう。

裁判所へ問い合わせをした結果、この訴状が偽物であったと分かった場合は、そのまま無視をしていても何ら問題はありません。

しかし、これが本物であった場合は、2週間以内に異議を申し立てを行う必要があります。当然相手は架空請求をしているため、こちらが裁判で負けることはありません。仮に弁護士を付けた場合の費用も相手が負担することになります。

このようにネオ架空請求詐欺は、場合によっては期限付きで法的な手続きを迫られるということで、特に仕事で忙しい場合であればかなり厄介です。

だからといって、放置しておくと、理不尽にお金を支払わされますし、他にも被害者が続出したりと悪いことしかありません。

なので、裁判所から見知らぬ督促状が届いた場合は、「どうせ詐欺だから放置しておこう」というのは危険です。

まずは、その書類が本物であるかどうかを確認して、もしそうであった場合は速やかに然るべき対処をしておきたいところですね。

給付金詐欺

給付金詐欺

給付金詐欺は、新型コロナウイルス感染症に対する給付金制度を悪用した詐欺です。

手口としては、電話などで「○○区役所の職員です」など自治体職員を名乗り、「給付金が受けられるのでATMで受け取り手続きをして下さい」といったように話を持ち掛けます。

そしてATMに行って受け取りの指示を受けていたら、犯人側の口座にお金を振り込んでしまう形になるというのです。

当然給付金を受け取る際にATMで行われることはありません。

その他、給付金受け取り手続きの際に「手数料」といった名目で、お金を不当に受け取っては行方を暗ますといったパターンなどもあります。

こういった詐欺の場合は、自治体職員や警察官を名乗ってきたりするので、騙されることも十分にあり得るでしょう。

こうした電話などが合った場合に、少しでも不安に感じる用であれば、消費者ホットライン(188)や警察相談専用窓口(#9110)に相談してみると良いでしょう。

その他ネットに関する最新詐欺

フリマアプリやオークションでの詐欺

ネットに関する最新詐欺

ネットやスマホの普及に伴い、最近急増している詐欺がこのフリマアプリやネットオークションにまつわるものです。

手口としては、高級ブランドものの時計などをこうしたサービスで落札したものの、送られてきた品が偽物であったというケースです。最悪の場合は商品そのものが送られて来ないことも。

ネットオークションは欲しいものが通常よりも安く購入できるというメリットがある一方で、こうしたトラブルに巻き込まれるリスクが付いて回るのがネックです。

このような詐欺に遭わないようにするためにも、事前にしっかりと出品者の評判などの情報を確かめ、信頼できるかどうかを吟味したうえで取引するようにしておきたいところですね。

ドメイン名の決め方や種類の選び方。comが最強は本当?

ドメインドメイン名には.comや.netなど様々な種類がありますが、これらはどういった選び方をすれば良いのでしょうか?
巷では.comがSEO敵に最強と言われていますが本当なのでしょうか?

またドメイン名に関しては、日本語が良いのかそれとも英語がいいのか?その決め方についても触れていきたいと思います。

ドメインの種類の選び方。.comが最強は本当?

ドメインには.comや.netなど様々なものがありそれぞれで価格が違っていたりする訳ですが、結局のところこれらはグーグルの評価・SEO的に値段の高さにより優劣が付いてしまうのでしょうか?

結論から言えばどの種類のドメインでもSEO的にはさほど優劣といったものは出てきません。

SEO的に優劣がないのであれば、値段の安いものを選ぶのはダメなの?

 

と思われる方もいるかもしれませんが、ドメインの価格には1年目の価格と、それ以降の価格とで値段が変わってくるので、一概に値段が安いものが一番良いということは言えません。

例えばムームードメインのドメインの価格であれば

ドメイン 取得 更新 移管
.com(1月現在はキャンペーン価格) 799 円 1,480 円 1,480 円
.net 1,160 円 1,480 円 1,480 円
.info 499 円 1,680 円 1,680 円
.xyz 69 円 1,480 円 1,480 円
.co.jp
※ 1年契約のみ選択可能
3,980 円 3,980 円 – 円

というように各ドメイン事に「取得料」「更新料」「移管料」のそれぞれの料金が変わっていたりします。

取得料金だけでなく、「更新料」や「移管料」についても確認したうえで選びようにしておきたいところですね。
そして「取得料」「更新料」「移管料」のすべての料金を考慮してみると、この先ずっと運営していくのであれば、大抵の場合どこのドメイン会社でも共通して、「.com」や「.net」辺りがコストパフォーマンスが良いですし、何よりも信頼度があるので、基本的にこれらのドメインが推奨されています。

ただ1年以内など短期間しか使わない予定であれば、「.com」や「.net」よりも「.xyz」などの「更新料」や「移管料」は高いけれども、「取得料」が非常に安いようなドメインが適していますね。

ドメインを選ぶ際はサイトの運営する期間など、その時の状況に応じて決めていくと良いでしょう。

SEO以外にもユーザーの信用度も多少意識しておくと吉

実はそのそれぞれのドメインによって下記のような特徴があったりします。

ドメイン 特長
.co.jp 営利法人用で株式会社などによく使われる(信用度が高い)
.or.jp 非営利法人用で財団法人などに使われる
.jp 日本国内に住所を持つ個人・団体・組織に使われる
.com 商用向けで一般の企業や個人向けでも幅広く使われるドメイン
.net ネットワーク用のドメイン(.comに匹敵するほど有名)
.org 非営利組織用ドメイン
.info 特に制限なし
.biz ビジネス用のドメイン
.shop ネットショップ、ECサイト向けのドメイン
.xyz 特に制限なし
.pink アダルトサイトで使われるイメージ

このように各ドメインには、厳密にいうとそれぞれ一応用途のようなものが存在していたりします。
これで例えば会社用やビジネス用のサイトを運営する際に、「.pink」を選んでしまうとこうした用途を知っているユーザーからは多少信用が落ちてしまうこともあったりするので、この点に関しては気を付けておきたいところです。

ただ個人でサイトを運営する場合は、こうした各ドメインに対する用途を知っている訪問者もさほど多くないと思われるので、特に気にする必要はないです。

 

ドメイン名のおすすめの決め方。日本語より英語の方が良いの?

ドメイン名のおすすめの決め方

.jpや.com.netなどトップレベルドメインの種類については基本的に何でもよいのですが、問題はドットの前の部分のドメイン名(セカンドレベルドメイン)の決め方についてです。

このセカンドレベルドメインのドメイン名に関しては、グーグルの評価・SEOに影響を及ぼすともされているので、決め方に気を配る必要があります。

ドットの前のドメイン名の決め方のポイントは下記の通りです。

  • 取り扱いジャンルのキーワードを入れる
  • サイトのタイトル名を入れる
  • 名前やニックネームを入れる

といったようにポイントはユーザーにとって「このブログだ」と分かりやすいようなものが良いです。

ちなみに「取り扱いジャンルのキーワードを入れる」というのは、例えば運営するサイトの取り扱いジャンルがダイエットと絞られているのであれば、ドメイン名に「diet」を入れるのが良いとされています。

 

ドメイン名を決めるときの注意点

ドメイン名を決めるときの注意点としては、下記の2点が挙げられます。

  • なるべく短いものにする(10文字以内が〇)
  • _(アンダースコア)ではなく-(ハイフン)を使う

なるべく短いものにする

ドメイン名が長いとその内容が分かりにくくなり、グーグルの評価にとっても良くないとされていることから、ドメイン名はなるべく短いものが推奨されています。

目安としては10文字以内がおすすめです。

_(アンダースコア)ではなく-(ハイフン)を使う

ドメイン名に区切りを入れたい場合は、アンダースコア(_)よりもハイフン(-)で「区切った方が良いです。

これもグーグルがアンダースコア(_)よりもハイフン(-)の方を推奨していることから、ハイフンで区切った方が良いとされています。

セカンドレベルドメインは日本語か英語どちらがおすすめ?

日本語ドメインの場合は、「短期間でグーグルの検索エンジンに上位表示されやすい」「日本語表記なのでユーザーにとってもサイトのドメインを覚えやすい」といったメリットがある反面、下記のようなデメリットも存在しています。

  • 日本しか通用しない
  • グーグルの評価のアップデートにより順位が落ちる可能性がある
  • サーバーによっては利用できない
  • メルアドが使いにくい
  • ツイッターで拡散する際に文字化けする

このようにデメリットも多く、Punycodeに変換されることによって、メールなどサイト以外でのドメインを利用するとURLが変換されてしまうことから使いにくかったりします。

なので日本語ドメインはすぐに上位表示させたい場合にはおすすめですが、長期的に運営するとなると難点もあるので注意が必要です。

まとめ

以上おすすめのドメイン名の決め方や種類の選び方などについてご紹介してきました。

これから独自ドメインを取得する場合は、以上の事を踏まえて決めていくと良いでしょう。

パソコンウイルスの種類と対策やおすすめソフト3選について

サイバーセキュリティ
パソコンが壊れてしまう恐れがあったり、個人情報が流出して金銭的な被害が出ることも考えられるコンピューターウイルス。

今回はこのコンピューターウイルスの種類やこれに感染された時の対策、おすすめとされるウイルスソフトについてまとめてみました!

パソコンウイルスの主な種類は?

パソコン(コンピューター)ウイルスは、現在だとありとあらゆる種類のものが存在していますが、中でも主なウイルスの種類としては、「トロイの木馬型」「ファイル感染型」「ワーム型」「マクロ感染型」の4つが挙げられます。

パソコンウイルス①トロイの木馬型

トロイの木馬

トロイの木馬は質の悪いことに、感染しているにみも関わらずそうでないように見せかけ、知らないうちにハッカーから新たにマルウェア(悪意のあるソフトウェア)を送られたり、個人情報を盗まれたりするといった危険性のあるウイルスです。

感染していること自体気づきにくい分、厄介ですがワーム型(後述記載)のように自己複製しないので、他のパソコンなどの端末に感染することはありません。

パソコンウイルス②ファイル感染型

ファイル感染型ウイルス

プログラムファイル(EXEなど)に感染するウイルスで、感染したプログラムをダウンロードして実行すればかかります。

追記型と上書き型があり、追記型の方はファイルの一部に付着したりしますが、その部分だけ削除すれば復元可能です。

しかし上書き型の方はファイルを丸ごと書き換えられてしまうので、基本的に復元ができないことがほとんどです。

パソコンウイルス③ワーム型

ワーム型ウイルス

他のプログラムには寄生せず単独で動き、自己増殖するのが特徴です。

このようなことから感染力が高く、メールやUSBメモリ、ネットワークを介して感染が広まっていきます。

パソコンウイルス④マクロ感染型

マクロ感染型ウイルス

WordやExcelなどに感染するウイルスで、これら文書ファイル・表計算ファイルを開くと感染します。

最近ではマクロウイルスに感染しているファイルなのかどうか判別しづらいものも出てきているようです。

パソコンウイルスにかかったときの対策は?

パソコンウイルスに感染した時の症状を知る

パソコンウイルスに感染した時の症状を把握し、ウイルスに感染しているのではないかと気づけば、ウイルスにより深刻な被害が出る前にウイルスソフトで駆除したりすることができるでしょう。

コンピューターウイルスに感染した時の症状としては以下のようなものが挙げられます。

  • 動作が遅くなる
  • パソコンが勝手に再起動したり強制終了する
  • 身に覚えのないファイルやアプリが増えている
  • お気に入りやツールバーの内容が勝手に変わっている
  • 変な広告やメッセージ・クリック音が確認される
  • 迷惑メールや不達メールが大量に届く
このような症状があればウイルスだと疑い、駆除をするなど早めに対応するように心がけると良いでしょう。

ウイルス対策ソフトをインストールしておく

ウイルス対策ソフトをインストールしておけば、ウイルスを特定して駆除してくれます。

ソフトウェアは常に最新の状態にしておく

OSなどを更新せずに古いバージョンのままのものを使っていると、ウイルスによりそのバージョンの脆弱性をつかれて感染されることにもなり兼ねません。

逆にOSなどソフトウェアを常に最新のものにしておけば、古いものの脆弱性をつかれることなく、ウイルスから身を守ることができるでしょう。

ウイルスにかかってしまった後の対策

ウイルスの感染拡大を防ぐためにも、すぐさまインターネットとの接続を断ち切り、ウイルス対策ソフトを使ってウイルスを見つけ出して駆除していきたいところです。

おすすめパソコンウイルスソフト3選!

以下ではパソコンウイルスソフトの中でも機能性やコストパフォーマンスが良く、評価が高くて人気のある有料ソフトを厳選してまとめてみました。

ESET セキュリティソフト(オールマイティ)

「ESETセキュリティソフト」は他の有名で定評のあるセキュリティソフトの中でも動作がダントツに軽く、加えて高性能でありながらコストパフォーマンスが高いという、最も評価が高いセキュリティソフトです。

ちなみにコスパが良いのは、ファミリー向けの3年版のもので、業界内では最安になります。

最新のパソコンはもちろん、古くスペックが含めのパソコンでもおすすめですね。


ESET パーソナル セキュリティ (最新版) | 1台1年版 | オンラインコード版 | Win/Mac/Android対応

価格:3695円

ESET ファミリー セキュリティ (最新版) | 5台3年版 | カード版 | Win/Mac/Android対応

価格:6980円(キャンペーン価格)

ノートンセキュリティ(機能性重視)

ノートンセキュリティソフトは、世界での売り上げ数がNO1のセキュリティソフトで、「ネットワーク保護」「ファイル保護」「ふるまい検知機能」「PEP」「エミュレーション」「マシンラーニング」「ペアレンタルコントロール」など多機能であり、sのすべてにおいて機能性に優れているという点において大変評価が高いです。

ただし価格が若干高く、動作に関してはうえで紹介したESETに比べると少々重くなります。


ノートン セキュリティ スタンダード 1台 1年版■安心の高品質■世界売上シェアNo.1■ダウンロードだからすぐ使える■送料無料

価格:3488円

ZERO ウイルスセキュリティ(価格重視)

ZERO ウイルスセキュリティは性能的には上の2つに比べると劣りますが、とにかく価格が安いのが強みです。

また最近流行している「ランサムウェア」に対しても強いという点においても魅力的です。


ウイルスセキュリティZERO 1台用 4OS(最新)|Win/Mac/Android/iOS対応

価格:1600円

まとめ

ウイルスに感染してしまうと、そのパソコン自体がダメになったり、個人情報が流出するなどして下手をすればとんでもないことにもなり兼ねません。

こうなることを防ぐためにも、パソコンウイルスソフトを導入するなどして対策をしておくと良いでしょう。