無料

ロリポップで独自SSL化(無料)する手順について

今回は人気レンタルサーバーであるロリポップで独自SSL化(無料)する手順・設定方法について紹介していきたいと思います。

またリダイレクト設定(.htaccess)により常時http化するようにしておく方法や、ロリポップでssl 設定できない対処方法についても紹介していきます。

ロリポップで独自SSL化(無料)する手順について

ロリポップで独自SSL化(無料)する手順①

まずはユーザー専用ページにログイン後、トップページ左側のメニューにある「セキュリティ」>「独自SSL証明書導入」をクリックします。

ロリポップで独自SSL化(無料)する手順②

独自SSL証明書お申込み・設定画面で「無料独自SSLを設定する」をクリックします。

ロリポップで独自SSL化(無料)する手順③

「SSL保護されていないドメイン」のタブで、SSL保護されていないドメインが一覧で表示されます。

ロリポップで独自SSL化(無料)する手順4

 

独自SSL化するドメインにチェックを入れて選択したうえで、右横にある「独自SSL(無料)を設定する」をクリックします。

ロリポップで独自SSL化(無料)する手順⑤

すると各チェックを入れてSSL適用させたドメインの横に「SSL設定作業中」と表示されます。

ロリポップでの独自SSL化(無料)設定完了

あとは5分程度待つことで、自動的にSSL設定が完了され、「SSLで保護されているドメイン」タブにSSL設定したドメインが記載されます。

独自ssl化(https化)完了

 

これで無事にサイトのURLが「http」から「https」で始まるものに変わり、セキュリティが一層強化されることになりました!

ロリポップでssl 設定できない!対処法は?

ロリポップで独自SSL化する際に、「SSLを設定できません」と表示され、設定できないこともあります。

ロリポップでssl 設定できない!

このような場合の原因としては、まず「対象ドメインのDNS情報がロリポップ!の情報になっていない」と考えれます。

これが原因の場合の対処方法としては下記の通りになります。

ドメインが「ムームードメイン」の場合の対処方法

ロリポップでssl 設定できない時の対処方法①

ムームードメイントップページの左上にあるメニュー「ドメイン管理」から、「ネームサーバー設定変更」をクリックし、独自SSL設定できないドメインを選択します。

ロリポップでssl 設定できない時の対処方法②

ネームサーバーを「 」にチェックを入れて変更し、下にある「ネームサーバー設定変更」をクリックします。

ネームサーバー設定変更

ネームサーバーの設定が変更されました。

ドメインが「ムームードメイン」以外の場合の対処方法

ドメインがムームードメイン以外の場合は、ネームサーバー情報を下記で設定します。

  • uns01.lolipop.jp
  • uns02.lolipop.jp

ネームサーバー設定以外の理由でSSL設定できない場合は?

ネームサーバー設定以外の理由でSSL設定できない場合は、下記のことが原因として考えられます。

  • 対象ドメインがサブドメインで、サブドメインに利用されている独自ドメインのDNS情報がロリポップの情報になっていない
  • 「ドメイン登録情報の正確性確認」が済んでいないなどにより対象ドメインに利用制限がかかっている
  • 対象ドメインの契約が無効である

これらの原因に対する対策は、こちらのページ(https://lolipop.jp/support/faq/ssl/000797/)で詳しく記載されています。

常時ssl化(https化)するにはリダイレクト設定が必要

実はサイトを常時ssl化(https化)するには、リダイレクト設定を行う必要があります。

というのもSSLを導入しサイトのURLをhttps化できても、httpから始まるURLは残っていたりするので、仮にhttpの方にアクセスされた場合はhttpsの方のURLへ飛ぶようにリダイレクトさせる必要があるんですね。

リダイレクト設定方法(.htaccessファイル変更方法)

リダイレクト設定をするためには、ルートディレクトリ(ファイルの最初の階層)直下にある「.htaccess」ファイルを変更してやる必要があります。

「.htaccess」ファイルの変更はFTPソフトでも可能ですが、ロリポップで編集する場合なら「ロリポップ!FTP」でも行えます。

リダイレクト設定方法(.htaccessファイル変更)

「.htaccess」ファイルの場所はルートディレクトリのすぐ直下にあります。ここを編集して書き換えます。

変更するには「.htaccess」ファイルのコード内にある「# BEGIN WordPress」~「# END WordPress」の間に下記の赤文字のコードを追記するだけで行えます。

# BEGIN WordPress
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L] RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L] # END WordPress

これでhttpから始めるURLにアクセスされても、強制的にhttpsから始めるURLへリダイレクトさせる設定が完了しました。

まとめ

サイトの独自SSL化(https化)は少々面倒ですが、ロリポップを使っていれば無料でできますし、作業自体もさほど難しくありません。

独自SSL化を行えば、サイトのセキュリティは上がって安全性が高まりますし、Googleからの評判も良くなるのでぜひ行っておくと良いでしょう。

将棋の定跡を無料で勉強・学習できるフリーソフト

将棋の定跡を無料で勉強・学習できるフリーソフト

将棋の定跡を学ぶ際に定跡ソフトを使えば、わざわざ実物の将棋盤や駒を使わなくても簡単に再現できたりするのが便利です。

今回はそんな将棋の定跡を学ぶうえで大変役立つ無料で使えるフリーソフトについてご紹介していきたいと思います。

そもそも定跡の市販の有料ソフトと無料で使えるフリーソフトとの違いは?

有料ソフトと無料で使えるフリーソフトとの違いは、端的に言うと有料ソフトの方がお金がかかる分機能的に充実しており、簡単に棋力アップできるということです。

ちなみに有料の定跡ソフトの大定番とされている「マイナビ 激指 定跡道場4 」の機能は下記のものがります。

  • 通常対局    棋力は14級からPro+まで。開始局面、時間設定なども自在に設定可能
  • 定跡講座    所司和晴七段による全戦型の最新講座
  • 定跡道場    500の定跡局面から激指と対局
  • 定跡次の一手  合計3,000問。定跡のポイントとなる一手を出題
  • 渡辺明実戦編  渡辺明竜王の実戦で現れた局面を解説
  • 検討モード   激指の形勢判断、読み筋を表示
  • 盤面/棋譜編集 編集した局面からの対局や詰みチェック
  • 100段階チャレンジ レベルが100段階に分かれた激指と対局

このように定跡を学ぶことはもちろん、機能が豊富であることから棋力を効率的に向上させることができるようになっています。

ただ定跡ソフトの大定番であるこのマイナビ 激指 定跡道場4ですが、値段が1万円近くもします。

棋力を効率的に向上させられるのは確かに魅力的ですが、将棋始めたての初心者だという場合でその学習ソフトだけで1万円もかかるのは、勉強代として少々高いと思う方も少なからずいるのではないでしょうか?

 

そんな方は無料で使える定跡ソフトを使うと良いでしょう。

 

無料で使えるおすすめ将棋の定跡フリーソフト

無料で使える定跡ソフトでであれば、「elmo」か「Bonanza」辺りが定番だったりしますが、中でもBonanzaに関しては機能が多くて使いやすく、「elmo」よりも弱いので初心者向けでおすすめです。

ただBonanza(マイボナ定跡ファイル)ですが、インストールが少しややこしいです。

 

ということで今からその導入手順について詳しく書いていク~ンだワン

 

Bonanza(マイボナ定跡ファイル)の導入・インストール方法について

まずはBonanzaの公式サイト(http://www.geocities.jp/bonanza_shogi/)にアクセスします。

Bonanza インストール方法

そしてそこからBonanzaの最新版をダウンロードしていきましょう。2018年12月現在では「料金「Bonanza 6.0」となっています。

Bonanza インストール方法①

ダウンロード後はWINDOWS10ならばエクスプローラーの上部にあるメニューの「展開」>「すべて展開」で解凍します。

Bonanza インストール方法②

次にマイボナ公式サイト(http://www.geocities.jp/shogi_depot/)にアクセスし、ページの少し下の方にある「Bonanza用GUI マイボナ」の中の「マイボナ」と「棋譜データベース」をそれぞれダウンロードして解凍します。

Bonanza インストール方法③

Bonanza インストール方法④

更に解凍したbonanza_v6.0の中にある「winbin」フォルダの中に、解凍したマイボナ実行ファイル「MyBona.exe」と、棋譜データベースフォルダの中にある2つのファイル「2chikifu.bin」「2chikifu.hdr」を入れます。

後はマイボナ実行ファイル「MyBona.exe」をダブルクリックすれば、マイボナのインストールは完了です。

Bonanza インストール方法⑤

画面上部にある「定跡」をクリックすることで、定跡を確認することができます。

まとめ

というわけで今回は将棋の定跡を無料で勉強・学習できるフリーソフトや、その導入・インストール手順(bonanza・マイボナ)についてご紹介していきました。

定跡を学びたいけれども有料ソフトである「マイナビ 激指 定跡道場4」は高すぎて手が出せないというのであれば、まず無料で使えるソフトで気軽に定跡を学んでいくと良いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

googleキーワードプランナーは有料でしか使えない?

googleキーワードプランナーを無料で使えるようにするための設定方法]

SEO対策をするうえでキーワードを決めるために役に立つツール「googleキーワードプランナー」。
今回はこのgoogleキーワードプランナーを無料で使えるようにするための設定方法や、簡単な使い方について紹介していきたいと思います。

googleキーワードプランナーは有料でしか使えない?

googleキーワードプランナーを利用できるようにするためにはgoogleAdWordsに登録する必要があるのですが、その際に支払い方法の選択が求められます。

「googleキーワードプランナーは無料で使えると聞いていたのに実際には有料でしか使えないの?」と思われるかもしれません。

確かに支払い方法を選択してそのままにしておけば、AdWordsでの月額料金を支払わなければならないので、この場合には有料になってしまいます。

しかし実は設定次第ではこのAdWordsで請求される料金を無料にしつつ、googleキーワードプランナーを使えるようになります。

というわけで早速無料でgoogleキーワードプランナーを使えるようにするための設定方法を紹介していきます!

googleキーワードプランナーを無料で使えるようにするための設定方法

googleキーワードプランナーを使えるようにするには、まず下記の手順を踏んでいく必要があります。

  1. まずはGoogleアカウントを作成(持っている場合はパス)
  2. 次にGoogleAdWordsのアカウントを作成
  3. googleキーワードプランナーを無料で使うための設定を行う

Googleアカウントを作成方法

Googleアカウントを作成するには、リンク先から氏名、Gメールアドレス、パスワードを入力することで作成できます。

GoogleAdWordsのアカウントを作成

次にGoogleAdWords(https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/)のアカウントを作成していきます。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法①

 

まずはトップページ右上にある青色のボタン「今すぐ開始」をクリックします。
googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法②移動したページ先にある3つのメニューのうち、一番下の「ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」を選択して、「目標を選択」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法③

「ビジネス名」の項目にウェブサイト名、「ウェブサイト」の項目にサイトのURLをそれぞれ記入して「次へ」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法④

ビジネスの住所はここでは特に設定する必要はないので、そのまま「次へ」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法⑤

ここでの画面も特にいじる必要もないので、そのまま「次へ」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法⑥

「広告見出し1」「広告見出し2」「説明文」を入力後「次へ」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法⑦

広告の予算を設定します。予算は1円でもOKです。1円ではダメな場合は最低金額を適当に設定しなおします。
予算が設定出来たら「次へ」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法⑧キャンペーン設定の確認画面に移ります。下の方にある「次へ」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法⑨

「お支払い情報の確認」画面に移るので、まずは名前と住所など必要事項を記入します。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方法⑩続いて「お支払いタイプ」「お支払い方法」を入力します。

無料でgoogleキーワードプランナーだけを使いたいのであれば、とりあえず間違って料金を請求されることのないようにお支払いタイプは「手動支払い」お支払い方法は「振込」か「コンビニエンス ストアまたは Pay Easy(ペイジー)」にしておくと無難です。

最後に規約にチェックを入れて、一番下の「送信」ボタンをクリックします。

(この後振り込みの場合は振込先の口座が表示されます)

これでGoogleAdWordsのアカウントの作成が完了となり、とりあえずgoogleキーワードプランナーが使える状態になりました。

あとはこれを無料で使える設定を行っていきましょう。

googleキーワードプランナーを無料で使うための設定を行う

googleキーワードプランナー 無料で使える設定方⑪

GoogleAdWordsでの設定が終わったら、まず「キャンペーンを確認」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設定⑫

キャンペーン確認画面のサイト名が表示されてあるボックスの左下にある「有効」をクリックします。

googleキーワードプランナー 無料で使える設⑬

「キャンペーンを一時停止する」をクリックします。すると画面がポップアップされるので、「はい」をクリックします。

これでgoogleキーワードプランナーを無料で使える設定が完了しました!

googleキーワードプランナーの簡単な使い方

googleキーワードプランナー 使い方①

googleキーワードプランナーを使うには、画面右上部にあるスパナーアイコン「ツール」から「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。

googleキーワードプランナー 使い方②

更に画面がポップされるので、「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。

googleキーワードプランナー 使い方③

画面上部にある「ツール」をクリックすると、左上の方にキーワードプランナーがあるのでクリックします。

googleキーワードプランナー 使い方④

キーワードプランナーをすぐに使えるようにするためにもこの画面をブックマークしておくと良いです。

googleキーワードプランナーには「新しいキーワードを見つける」と「検索のボリュームと予測のデータを確認する」とがあります。

新しいキーワードを見つける

「新しいキーワードを見つける」では、キーワードを入力することによって、そのキーワードに関連するキーワード一覧や、検索ボリューム、競合の強さなどを確認することができます。

関連キーワードが確認できることから、更にコンテンツを充実させたいときなどに便利です。

検索のボリュームと予測のデータを確認する

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」では、複数のキーワードの検索ボリュームをまとめて確認したい場合に役に立ちます。キーワードとキーワードの間にはカンマを区切るか改行することでまとめて検索ボリュームをチェックできます。

まとめ

今回は2019年度最新版のgoogleキーワードプランナーを無料で使えるようにするための設定方法についてご紹介していきました。

googleキーワードプランナーはキーワードを選定するうえで非常に役に立つので、これを無料で使いたいという場合は是非試してみると良いでしょう。

軽い!無料パソコンウイルスソフトおすすめ2選!win10

サイバーセキュリティ

インターネットを利用するうえで必ずインストールしておきたい「ウイルス対策ソフト」。

ただしちゃんとした機能のある有料のソフトを選ぶとなると1年で個人用のもので3000円程度、ファミリー向けのもので6000円程度と結構割高だったりします。

ファミリー向けならば有料のものでもコストパフォーマンス的に良かったりしますが、個人用だと少々割高に感じてしまう方もいるのではないでしょうか?

このように「インターネットなどをする機会も少ないので、ウイルス対策ソフトにはなるべくお金をかけたくない」という方は無料のウイルスソフトを使うと良いかもしれません。

ということで今回は口コミでも機能性などで評価が高い、無料のウイルスソフト2つについてご紹介したいと思います。

無料おすすめパソコンウイルスソフト

アバスト無料アンチウイルス

アバストアンチウイルス イメージ画像

アバスト無料アンチウイルスは無料ウイルスソフトの中でも機能(ウイルス検出率、脆弱性対策など)が高く、かつ動作も軽いことから日本国内において最も人気のある無料ウイルスソフトです。

2017年度版においては動作が遅いことがネックになっていましたが、現在ではそれも改善されるようになりました。

アバスト無料アンチウイルスダウンロードページ

Avira Free Antivirus

Avira イメージ画像

Aviraもウイルス検出率が高いなど機能性に優れていることから、無料ウイルスソフトの中では人気がありますが、こちらは一部の機能に関しては日本語に対応していません。

また動作に関しても上で紹介したアバストより少し重いです。

Avira Free Antivirusダウンロードページ

その他ウイルスソフトについて

その他無料ウイルスソフトとして有名なものとしては、AVGアンチウイルスやキングソフトなどがあったりします。

AVGアンチウイルス

AVGアンチウイルスは、上で触れたアバスト無料アンチウイルスやAvira Free Antivirusより少し性能は劣るとされていますが、ウイルス検出率は高く、そして動作に関しても軽いことが定評です。

AVGアンチウイルスは、機能性云々よりもとにかく素早くパソコンを動作させたい場合に良いのではないでしょうか。

キングソフト

キングソフトは無料ウイルスソフトの中でも唯一無料サポートが受けられることができるソフトです。

無料サポートがあるということに関しては魅力的ですが、機能性に関しては上で挙げたソフトに比べると多少劣るところがあったり、広告が表示されたりします。

まとめ

無料のウイルスソフトに関しては、有料のものとは違って機能的に物足りない部分はありますが基本的にタダで利用できます。

毎日一定以上の時間インターネットで動画やサイトを見てみたりするのではなく、たまにしかパソコンを起動しなくてネットにつなぐ機会も少ないのであれば、無料のウイルス対策ソフトでも良いでしょう。

ただしネットにつなぐ際は大手の通販サイトなど安全だと思われるサイト以外のところに訪れる際には十分注意が必要です。

お名前.comのwhois情報は途中で無料に変更できる?

お名前.comの画像

格安で独自ドメインの取得ができることで人気の「お名前.com」。

このお名前.comですが、最初の設定で「whois情報公開代行」を無料に設定していなければ、なんとwhois情報公開代行サービスが有料(毎年980円)になってしまいます。

ここではそれに対する対策や、それを無料にするための方法についてご紹介していきます。

whois情報公開代行サービスって何?

独自ドメインを取得した際は、本来であればそのドメインの所有者の住所や氏名などの個人情報情報を公開しなければなりませんが、「whois情報公開代行サービス」を利用することにより、こうした個人情報を公開させることなく独自ドメインを利用することができます。

それでお名前.comでも一応whois情報公開代行サービスはあるのですが、最初にドメインを取得する際に無料でこれを使えるようにしていなかれば、なんとこのサービスを使うには毎年980円を支払わなければならなくなるのです。

お名前.comで初めてドメインを取得するというような方であれば、これを知っていないと本来無料で使えるはずのwhois情報公開代行サービスを有料で使わざるを得なくなりますし、その利用料金は毎年請求されることになります。

whois情報公開代行サービスは途中で無料に変更できる?

このお名前.comでのwhois情報公開代行サービスですが、実は最初に無料にする設定をしなくても途中で無料にすることができます。

ただし無料にするにはドメイン登録をしてから約2か月経たなければなりません。

この間は有料でwhois情報公開代行サービスを利用しない限りは、ずっと住所・氏名・電話番号・メールアドレスといった個人情報がネット上に公開され続けます。

え?個人情報がバレバレ?こんなに隠れてるのに?

 

whois情報公開で個人情報を晒され続けることに対する対策

whois情報公開代行サービスにはあくまでお金をかけたくはなく、無料で使えられるようになるまで待つのであれば2か月間かかりますが、この2か月間ずっと個人情報が公開され続けるのが耐えられないという場合には、「ドメインwhois情報変更」を行うと良いでしょう。

これは氏名こそ変更できないものの、その他の項目である住所や電話番号などは変更できないので、名前が余程珍しいものでなければこれを変更することである程度ごまかすことができます。

その他対策としては他社のドメインに移管する方法もありますが、この場合は移管費用がかかりますし、移管するためにはドメインの有効期限が15日以上あって、移管元レジストラでドメイン登録後60日以降という条件を満たしていなければなりません。

またドメインごと廃止するという方法もありますが、廃止手続きにはネット上では完結せず、わざわざ郵送で申請書をおくらなければならなかったり、手続きが終わるまでに最長2か月かかるので、あえて対策としてこの方法を選ぶメリットもあまりありません。

まとめ

という訳でお名前.comでは、最初にwhois情報公開代行サービスを有効化していなくても、2ヶ月後に無料で有効化でき、しかもこの間名前やメールアドレス以外の個人情報(住所や電話番号)は変更できます。

「2か月間個人情報が晒され続けるのはどうしても勘弁してほしい」というのであれば、少し面倒ですがドメイン移管やドメインの廃止手続きを行うと良いでしょう。

ちなみに筆者の場合は、割と速攻で個人情報が晒されていることに気が付いたので、初期にwhois情報公開代行サービスを有効化していなかったドメインは個人情報は変更しつつ、更新が切れるまで一切放置することにして、新しいドメインを取得することにしました。