減らす

運気が上がる!風水的に良い洗い物の仕方と時短のコツは?

今回は運気が上がるような風水的に良いとされる洗い物の仕方や、洗い物の時短・コツ・時短グッズなどについて紹介していきたいと思います。

運気が上がる!風水的に良い洗い物の仕方とは?

運気が上がるような、風水的に良いとされる洗い物の方法はたったひとつ!

それはずばり・・・

夕食後の食器はなるべくすぐに洗うこと

です。

というのも、夕食後に洗い物をせずキッチンが汚れた状態のままにしておくと、風水的には金運をはじめ運気が下がってしまうと言われています。

またキッチンが汚れたまま放置して寝てしまうと、更に運気が下がるのだとか。

こうならないようにするためにも、食事後・夕食後はなるべく早く洗い物を行うようにすると良いでしょう。

最悪寝るまでには片づけておきたいですね。

 

洗い物の時短・コツについて

洗い物の時短・コツについて

洗い物の時短・コツは、主に下記の5つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 食器を重ねるなどして裏側を汚さない
  • 洗う前に下落としする
  • 洗う順番に気を付ける
  • まとめて洗ってからまとめてすすぐ
  • 洗い物を減らす
  • 洗い物時短グッズを使う

食器を重ねるなどして裏側を汚さない

流しに食器を入れる際につい重ねてしまったりするかもしれませんが、重ねてしまうとその食器の裏側まで汚れてしまいます。

そうすると片面どころか両面まで洗う羽目になってしまうので、基本的に重ねないようにすると良いでしょう。

重ねて流しに持っていくにしても、裏側が汚れないような重ね方で運びたいですね。

 

洗う前に下落としする

例えば調理に使ったフライパンならば、熱いうちにあらかじめキッチンペーパーなどで油汚れを拭き取っておくと、洗い物をするときはすぐに洗えるのでその分楽です。

また、フライパンと同様に油で汚れた皿も、事前にキッチンペーパーなどで油汚れを拭き取っておけば、洗い物をするときも楽ができます。

その他炊飯器や茶わんなどのお米を入れたものは、水を張っておくとすぐに落とせるので時短になりますね。

洗う順番に気を付ける

洗う順番に気を付ける

洗い物での洗う順番は基本的に以下の順で行うのがおすすめです。

  1. グラス類
  2. 汚れが少ないもの
  3. フライパンなど大きいもの
  4. 汚れているもの

グラス類は割れやすく、油汚れによりクモリが起こりえることから、優先的に洗っておくと良いでしょう。

次に汚れが少ないものから洗っていき、汚れているものの中ではフライパンなどの大きなものから洗っていきます。

こうした大きなものを洗ったらそのうえに、他の汚れているものを置いていくと、効率的に洗ったものを置くスペースを確保できるでしょう。

まとめて洗ってからまとめてすすぐ

基本的なことですが、洗い物をする際は水を出しっぱなしにしながら、洗ってすすぎをするよりも、まとめて洗ってからまとめてすすいだ方が時短になりますし、節水にもつながります。

洗い物を減らす

直接的な洗い物のコツではありませんが、そもそもの洗い物の量を減らす工夫をするのも時短につながります。

そのためにも料理はなるべくワンプレート・大皿に盛りつけたり、調理中の煮ているときなどの空いた時間に洗い物に手を付けたりすると良いでしょう。

洗い物時短グッズを使う

洗い物時短グッズを使えば更に食器を早く洗えるでしょう。


天然パルプ100%でできたスポンジです。濡らすことで繊維が細くなり、汚れを素早く取ることができます。
値段も安いので手早く済ませたい時のためにストックしておくと良いかもしれません。

洗い物時短グッズ(出典:amazon

片手でスポンジに洗剤が足せる洗剤ボトルです。
スポンジを持っている手でそのまま洗剤をつけられるので、洗い物を効率よく行えるでしょう。

また、ワンプッシュで適量の洗剤を付けられるようになっているので、洗剤を無駄に使いすぎるということもありません。

洗剤のほか、化粧水などを入れても化粧の際便利に使えますよ。


耐熱設計の施されたザル・ボール・フタセットです。
これを使えば、野菜など食材を洗ってからそのまま電子レンジにかけられるので、「電子レンジに移すときにザルとはまた別の耐熱容器でチンして・・・」といった必要もなく、調理と洗い物の時短につながるでしょう。

こちらは汚れが水で落ちやすくなる特殊な加工が施されているボウルセットです。

洗い物が素早くできるのはもちろん、電子レンジにも入れられるので、料理の時短にもなりそうですね。ただ値段が少し高いのがネックです。

それでも洗い物がめんどくさい・・・どうすれば?

それでも洗い物をしたくない・めんどくさいという場合であれば、値段は張りますが食器洗い機を購入するのも手です。


amazonベストセラー1位の食器洗い乾燥機です。
口コミでの評価が高いのはもちろん、コスパが良いことや、面倒な水道工事が不要でお手軽に使えるのが魅力ですね。
家族3人分までならこれで十分でしょう。

ちなみに家族5人とかなら下記のパナソニックの食器洗い乾燥機が鉄板です。

まとめ

まとめると風水的に良い洗い物の仕方としては、夕食を済ませたらなるべく早く食器を洗うのがポイントで、最悪寝る前には済ませておくのが吉とされています。

また、洗い物はもちろん三角コーナーの生ごみを処分したり、コンロなどもキレイにするなど、寝る前にキッチンを掃除することで風水的に良く運気が上がるとされています。

洗い物の時短のコツについては主に下記の通りです。

  • 食器を重ねるなどして裏側を汚さない
  • 洗う前に下落としする
  • 洗う順番に気を付ける
  • まとめて洗ってからまとめてすすぐ
  • 洗い物を減らす
  • 洗い物時短グッズを使う

これらを実践して洗い物を効率的に済ませてキッチンも綺麗にしてから夜寝れば、金運などをはじめとした運気アップが期待されるのではないでしょうか。

 

WINDOWS10で簡単にパソコンのディスクの容量を減らす方法

特に大容量のアプリなどをインストールしなくても何故か減ってしまうCドライブなどの容量。

このパソコンの容量は多くなってしまうことで動作が重くなったりソフトが起動できない、突然シャットダウンする、特にSSDならば寿命さえ縮みやすくなるといった症状が出てきます。

こうしたことを防いで快適にパソコンを利用したいのであれば、パソコンの容量をなるべく減らし、少なくとも全容量の20~30%程度は空き容量を確保しておくようにすると良いでしょう。

ここではWINDOWS10におけるHDDなどの容量の確認方法や、空き容量を増やしていく方法について紹介していきたいと思います。

WINDOWS10でパソコンの容量を確認する方法

パソコン内のアプリケーションを削除して空き容量を増やしたい場合は、まずどういったものが容量を取っているのかを把握しておくのが有効的です。

WINDOWS10で容量を確認する方法

パソコン内における容量の確認方法は、まず画面画面左下にある「設定」をクリックします。

WINDOWS10の容量を確認する際に必要なシステムの表示位置画像

次に設定画面から「システム」をクリック。

WINDOWS10で容量(ストレージ)を確認する方法

更に開いた先の画面で「ストレージ」をクリックし、中身を確認したいストレージをダブルクリックします。

WINDOWS10の容量、ストレージの詳細内容

クリックするとドライブ内における使用量の割合が各ジャンル別に表示されます。

これでどういったデータがパソコンの容量を食っているのかや、削除すべきアプリは具体的に何なのか?といったことが分かります。

WINDOWS10でドライブの容量を減らす方法

WINDOWS10でHDDなどの容量を減らす(空き容量を増やす)方法としては、ディスクをクリーンアップしたり、自分にとって不要なファイルやアプリなどを移動・削除したりするといった方法が簡単でオススメです。

クリーンアップを実行する

クリーンアップを行うことで、「インターネット一時ファイル」など直接削除できないシステムファイルを削除することができます。

クリーンアップは簡単に手っ取り早く、ある程度の空き容量を増やすことができるのでおすすめです。

クリーンアップのやり方はまず画面下にあるタスクバーからエクスプローラーを開きます。

WINDOWS10のプロパティ画面の出し方

エクスプローラーで「PC」を選択し、ドライブ上で右クリックして「プロパティ」を選びます。

ディスクのクリーンアップを選択する

プロパティ画面で「全般」タブにある「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。

WINDOWS10でシステムファイルのクリーンアップを選択

更にディスク クリーンアップ画面の下にある「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。ディスククリーンアップでも一時ファイルなどは削除できますが、大して容量を増やすことができません。

WINDOWS10でディスククリーンアップする方法

削除するファイルにすべてチェックを入れて下のOKをクリックすることで、システムファイルのクリーンアップを実行できます。

WINDOWS10以前のバージョンのWINDOWSインストールファイルは大きな容量になるので、これを削除することで大幅に容量を減らすことができます。(ただし前バージョンのWINDOWSには戻れませんがあまり問題ないでしょう)

今回ではこのクリーンアップ作業だけで6GBもの容量を減らすことができました。

このようにディスクのクリーンアップを施すことによって簡単にある程度の空き容量を増やすことができます。

尚このようなシステムファイルなどはパソコンを利用していくにつれてまた増えていくので、1か月に1回を目安にクリーンアップをするようにしておくと良いでしょう。

不要なファイルやアプリなどを移動or削除する

自分にとって不要だと思うデータを削除する際は、上の「パソコンの容量を確認する方法」で説明したように、まずどういったものが容量を占めているのかを確認したうえで行っていくと良いでしょう。

例えば写真などのデータであれば、外付けのハードディスクなどに移し替えたりすることでパソコン本体の容量を減らすことができます。


I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W1

また不要なデータであればアンインストールすることによって空き容量を増やすことができます。

このようにデータを外付けHDDやUSBメモリなどに移動させたり、必要ないならば削除させたりすることで、空き容量を確保できると思います。

まとめ

パソコンが容量不足に陥れば様々な不具合が出てくるので、快適にパソコンを利用したいのであれば、パソコンの容量をなるべく減らすようにすると良いでしょう。