洗い方

ぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方のポイントは?

ぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方のポイントは?

今回はぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方のポイントについて紹介していきたいと思います。

またぬいぐるみの正しい洗い方(手洗い・洗濯機・重曹を使った方法)についてや、コインランドリーで洗う際の注意点、その処分の仕方についても軽く紹介していきたいと思います。

ぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方のポイントは?

ぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方

 

ぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方の方法として、主に下記のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 洗う前にブラッシングする
  • 洗う際は柔軟剤を使う
  • 洗った後はしっかりと水分を取る

洗う前にブラッシングする

洗う前にブラッシングをすることで、仕上がりがふわふわになります。

洗う際は柔軟剤を使う

柔軟剤を使うことで毛先がなめらかになり、洗った後にふわふわに仕上がります。

ただし柔軟剤を入れてすぐに洗濯することで、ぬいぐるみが傷みやすくなるので注意が必要です。

洗った後はしっかりと水分を取る

洗った後にしっかりと水分を取ることで、仕上がふんわりと良くなります。

逆に水分が残ってしまうと、型崩れやカビの原因になってしまいます。

ぬいぐるみの正しい洗い方について

ぬいぐるみの正しい洗い方について

ぬいぐるみの正しい洗い方には主に下記の3つの方法があります。

  • 手洗いする
  • 洗濯機で洗う
  • 重曹で洗う

手洗いする

手洗いは少し手間がかかるものの、洗濯機で洗う場合とは違って型崩れしてしまったりする心配がないのがメリットです。

ぬいぐるみを手洗いする具体的な手順については、下記の通りになります。

  1. ぬるま湯と洗剤を入れた容器の中にぬいぐるみを入れる
  2. 優しく押し洗いする
  3. しっかりとすすぐ
  4. ぬるま湯と柔軟剤を入れた容器の中にぬいぐるみを浸ける
  5. 脱水する
  6. 干す

1.ぬるま湯と洗剤を入れた容器の中にぬいぐるみを入れる

38度程度のぬるま湯と洗剤を入れた容器の中にぬいぐるみを入れます。

ぬるま湯と洗剤の比率は、その洗剤によって適切な量で決めましょう。

例えば中性洗剤アクロンを使った場合はぬるま湯4リットルに対して洗剤10ml程度だとされています。

2.優しく押し洗いする

ぬるま湯と洗剤を入れた容器の中にぬいぐるみを入れたら、5分程度を目安に優しく押し洗いしていきます。

3.しっかりとすすぐ

押し洗いが終わったら、綺麗な水に変えてしっかりすすいでいきます。

目安としては3回程度すすぐことで、洗剤残りを避けて変色するのを防ぐことができます。

4.ぬるま湯と柔軟剤を入れた容器の中にぬいぐるみを浸ける

洗った後にふわふわに仕上げたいのであれば、柔軟剤でなめらかにしていきましょう。

やり方はぬるま湯+柔軟剤を入れた容器の中にぬいぐるみを入れて20~30分程度浸けるだけです。

5.脱水する

脱水する際は、まずぬいぐるみを容器から取り出してからタオルで軽く水気を切ります。

そしてぬいぐるみをタオルで包んでから、洗濯機で10~30秒ほど脱水します。理想はタオルで包んでからネットに入れるのが良いそうです。

やりすぎるとダメージが行くのであくまでも10~30秒程度と短時間にしておきたいところです!

6.干す

ぬいぐるみを干すときは、風通しが良い日陰のところで乾かします。

ぬいぐるみの干し方

この際洗濯ネットがあれば、その中にぬいぐるみを入れて、洗濯ネットごと洗濯ばさみでつまんでハンモックのような形で吊るしで干すことで、ぬいぐるみを傷めることなくすぐに乾かせます。

洗濯ネットがない場合は、洗濯用ハンガー(洗濯ばさみが沢山ついている洗濯道具)の上にそのままぬいぐるみを置いて平干しするのが推奨されえています。

洗濯機で洗う

洗濯機で洗う場合は、ぬいぐるみが傷む恐れがありますが、型崩れしにくそうなものであれば手洗いで洗うよりも簡単でおすすめです。

洗濯機でぬいぐるみを洗う手順については、下記の通りになります。

  1. 洗濯ネットにぬいぐるみを入れる
  2. ドライコースなど優しく洗えるコースで洗い・すすぎを行う
  3. 脱水時はタオル+ネットに包んで行う
  4. 干す

1.洗濯ネットにぬいぐるみを入れる

洗濯ネットにぬいぐるみを入れます。
ネットの大きさは、ぬいぐるみのサイズに合うものを選ぶことで、より型崩れを防ぐことができます。

2.ドライコースなど優しく洗えるコースで洗い・すすぎを行う

「おしゃれ着コース」「手洗いコース」「ドライコース」など優しく洗えるコースで洗濯します。

3.脱水時はタオル+ネットに包んで行う

すすぎが終わったら、いったんぬいぐるみを取り出してタオルで包みます。

そして更にネットで包んで10~30秒ほど脱水します。

4.干す

手洗いの時と同様に風通しが良い日陰のところで乾かします。

重曹で洗う

非常に大きなぬいぐるみなど、手洗いや洗濯機などで丸洗いできないようなものは、重曹で洗うのがおすすめです。

重曹での洗い方の手順は下記の通りです。

  1. ぬいぐるみを袋に入れる
  2. 袋に重曹を入れる
  3. 30分ほど置いておく
  4. 掃除機でぬいぐるみに付着した重曹を吸い取る

ぬいぐるみを袋に入れる

まずはスーパーなどのビニール袋などに、ぬいぐるみを入れます。

袋に重曹を入れる

袋に重曹を入れて、重曹がぬいぐるみの全体に着くように振りかけていきます。

30分ほど置いておく

ぬいぐるみに重曹がまんべんなく付いたら30分ほど置きます。

掃除機でぬいぐるみに付着した重曹を吸い取る

30分経ったら掃除機で、ぬいぐるみに付着した重曹を吸い取ります。

あとは軽み水拭きし、乾いたタオルで水気を取れば完了です。

この方法だと内部まで水に濡れることもないので、大きなぬいぐるみでも洗うことが可能です。

コインランドリーでぬいぐるみを洗える?

コインランドリーの中にはぬいぐるみの洗濯を禁止しているところもありますが、中には可能なところもあります。

ただしぬいぐるみをコインランドリーで洗う際は下記のような点に注意しておきたいところです。

  • ぬいぐるみは単体で洗濯機に入れる
  • 入れる前にぬいぐるみをタオルで包んでからネットで包んで入れる
  • 洗濯の際はドライコースなど優しく洗えるコースを選択する
  • 脱水は10~30秒程度に留める
  • 脱水後は自宅へ持ち帰り、風通しの良い日陰で干す

自力で洗うのが難しそうならぬいぐるクリーニングを利用する手も

ぬいぐるみが大きかったりする場合で自力で洗うのが難しいのであれば、ぬいぐるみクリーニングを利用するのも手です。

ぬいぐるみクリーニングの場合は綺麗に洗ってくれるのはもちろん、オプションで防虫・防カビ加工、ほつれや破れの修理、綿詰めなども行ってくれるため、新品に近いような状態で再開することも可能です。

ぬいぐるみ病院に持っていくのもあり

汚れの他、パーツがやせ細っていたりなど、著しく痛んでいるような場合は、ぬいぐるみ病院に治療をしてもらうのも良いでしょう。

ぬいるぐみの処分の仕方ってどうすれば良いの?

ぬいるぐみの処分の仕方ってどうすれば良いの?

長年愛用したぬいぐるみであれば、寿命などにより処分をせざるを得ないということもあるのかもしれません。

しかし愛用し続けたぬいぐるみをいざ実際に捨てるとなると、躊躇してしまう方も多いようです。

こうした場合神社やお寺などに供養してもらって処分したり、状態が良ければ寄付をしたり友人などに譲ったり、リサイクルショップなどに売ると良いでしょう。

普通に処分する際は、ぬいぐるみに塩を振り、白い布や包装紙・紙袋などで包んでから、「ありがとう」と感謝の気持ちを込めて捨てると良いとされています。

逆にゴミ袋にそのまま入れたり、生ごみと一緒に入れるのはNGだとされていますね。

まとめ

以上ぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方のポイントや、コインランドリーで洗う際の注意点、その処分の仕方についても軽く触れていきました。

夜寝るときに添い寝して使う機会が多い場合は、ぜひ定期的にぬいぐるみを洗って清潔さを保ちたいところですね。

カーテンの洗濯頻度やしわにならない6つの洗い方ポイント

カーテンの洗濯頻度やしわにならない洗い方のポイント

あまり汚れているイメージのないカーテンですが、実は埃などで結構汚れていたりします。
そして汚れたまま放置しておくと部屋の中の空気もその影響を受けてしまうのだとか・・・

つまり部屋の空気を綺麗に保つためにも、部屋の掃除はもちろんカーテンも定期的に洗うことが推奨されています。

ということで今回はそんなカーテンの理想的な洗濯頻度や、洗い方のポイントについてご紹介していきたいと思います。

カーテンの洗濯頻度はどれくらいが理想的?

埃などの汚れが付きやすい床に比べるとさほど汚れることがないように思われるカーテンですが、実はこのカーテンにも埃やタバコのヤニなど、想像以上に汚れが付着していたりします。

ちなみに各家庭でのカーテンを洗う頻度としては、年に1~2回という回答が50%程度で、全く洗わないという回答が20%と、大半の人が普段からあまり洗っていないとされています。(花王マイカジ調べ

やはりカーペットなどに比べるとあまり汚れているイメージがないことから、洗濯頻度も少ない傾向にあるようですね。

そして肝心のカーテンの理想的な洗濯頻度に関してですが、某カーテンメーカーによるとドレープは年に1回、レースカーテンだと年に2~3回が目安になってくるようです。

これよりも洗う頻度が少ないと、カーテンの生地の奥にまで汚れが浸透してしまうことから、こうなる前にカーテンを洗濯するようにしておきたいところです。

 

カーテンの洗濯時にはフックを付けたままで良いって本当?

カーテンを選択する際は、基本的にカーテンレールのフックを取り外してから行います。

しかし実はこれ、工夫次第ではフックを外さなくてもそのまま洗濯できます。

フックを外さずに洗濯するには

  1. フック側を内側へ折りたたむようにして、フックの部分を表面に出さないようにする
  2. その状態のまま洗濯ネットに入れる

これでOKです。

カーテン フック側を内側に折むカーテン フックが内側に折りたたまれた状態

ちなみにこのやり方だと生地が保護されて後々シワにもなりませんし、洗濯液が均一に行き渡るのでおすすめです。

ランドリーネット 洗濯ネット セット ブラジャー/下着/Tシャツなど適用 6枚入れ 角型/ドーム型/円筒型 型崩れ防止/絡み防ぎ/傷み防止 細かい網目 丈夫 旅行収納袋 家庭用 (緑)

カーテンを洗濯する際のポイント

カーテンを洗濯する際に知っておきたいポイントとしては下記のものが挙げられます。

  • 洗濯表示に合った洗い方・コース選択をする
  • きれいに折りたたんでからネットに入れる
  • 汚れがひどいときは事前につけ置き洗いしておく
  • 脱水は短時間にすることでシワを防ぐ
  • 乾かすときはそのままカーテンレールに付けて乾かす
  • 消臭したいなら柔軟剤や除菌・殺菌効果のある洗剤で洗う

洗濯表示に合った洗い方・コース・水流・洗剤選択をする

洗濯表示に合った洗い方・コース・水流・洗剤選択をする

まずカーテンを洗濯する前に、洗濯表示を見て洗濯機OKマークが付いているかどうか確認します。

洗濯機で洗えるものはそのまま洗濯機で洗い、レースなど生地がデリケートなものであれば洗濯ネットに入れてから、洗濯機で「おしゃれ着洗いコース」や「おうちクリーニングコース」といった適切なコースを選択して洗うと良いでしょう。

また水流に関しても弱水流マークの表示があればそれに従がったり、「中性」表示のあるものは中性洗剤を使うようにしておくと良いでしょう。

きれいに折りたたんでからネットに入れて洗う

上記の項目でも触れましたが、カーテンを洗う際はきれいに折りたたんでから大きめの洗濯ネットに入れることで、まんべんなく洗えるうえに、生地が乱れたり後々シワになるのを防ぐことができます。

適当にくしゃくしゃにして洗濯ネットの中に入れてしまうと、後でシワができる原因になります。

汚れがひどいときは事前につけ置き洗いしておく

長年洗濯していなくて汚れがひどい場合は、洗濯機で洗う前にバケツや洗濯桶にお湯と洗剤を入れてつけ置き洗いすると良いでしょう。

またカビが気になる場合は、洗濯機で洗う際に酸素系漂白剤を入れて洗うのも有効的です。

脱水は短時間にすることでシワを防ぐ

脱水を長くするとシワができる原因になります。
なので後々シワができないようにするためにも、脱水は短時間にしておくと良いでしょう。

乾かすときはそのままカーテンレールに付けて乾かす

カーテンレールで干す

カーテンはかなりスペースを取ってしまうので、他の洗濯物と一緒に洗って干すような場合は難が出てきそうです。

ですが元のカーテンレールに吊るして干しておけば、ベランダでの干すスペースが確保できないといったこともありません。

しかも水分を含んだカーテンそのものの重みでシワもできずに干すことができるので、カーテンを乾かすときはそのままカーテンレールに取り付けて干すと良いでしょう。

結露でカビができてしまったなどあまりに汚れが酷ければ買い替えも

結露などによりカビができてしまったなど、あまりに汚れが酷くて洗濯しても取れないような場合は買い替えも必要になってきます。

またカーテンの寿命は一般的に4~5年と言われているので、そうした時期に差し掛かっている場合も、新しいものに変えてみると良いかもしれません。

【全30種から選べる】 カーテン 4枚組(ドレープ2枚・レース2枚) 洗える 幅100cm×丈178cm 4枚組 ネイビー

消臭したいなら柔軟剤や除菌・殺菌効果のある洗剤で洗う

カーテンを洗うと同時に、恐らくカーテンの汚れによるものだと思われる臭いを消臭したいなら、柔軟剤や除菌・殺菌効果のある洗剤で洗うと、洗濯後お部屋をいい香りにしたり、消臭したりすることができます。

まとめ

一見洗い方も良く分からずめんどくさそうなカーテンの洗濯ですが、やり方次第ではフックは付けたまま丸洗い出来て、乾かすときはそのまま元の位置で吊るすだけなので実は簡単です。

私の場合はカーテンを洗うことでそれまでなんとなく重々しかった空気が軽くなったような感じがしましたし、部屋の中が少し明るくなった実感が感じられて、以前より快適に過ごせるようになりました。

なので筆者のようにそれまでカーテンを洗ったことがない方や、あまり洗っていない方は是非一度カーテンを洗って部屋の空気をリフレッシュさせていくと良いかもしれません。