切り替え

テレワークするならぜひ覚えたい仮想デスクトップの使い方

テレワークするならぜひ覚えたい仮想デスクトップの使い方

今回はテレワークするならぜひマスターしておきたい仮想デスクトップのメリット・デメリットやその使い方(ショートカットキーでの切り替え方法・削除方法)について紹介していきたいと思います。

自宅でのパソコン(windows10)を使った作業の効率を上げたい方はぜひ確認してみてください。

仮想デスクトップとは簡単に言うと?

仮想デスクトップとは、簡単に言うと文字通り仮想のデスクトップのことで、これを使うことによって通常一つしかないデスクトップ画面(パソコンを起動してから最初に出てくる画面)を仮想環境の中で複製することで何個も使えるようになるというものです。

そして複製されたデスクトップ画面は、ショートカットキーを使うことで簡単に切り替え・移動することもできます。

仮想デスクトップのメリット

仮想デスクトップを導入することによって、デスクトップ画面を2つ以上と複数使えるようになるうえにそれらを簡単に切り替え・移動可能なことから、パソコンでの作業を効率化させることができます。

例えば複数の作業を並行して行いたいような場合、今までは別の作業をする際には現在見ている画面を最小化して、違う画面を最大化させて移行しなければなりませんでした。

しかし仮想デスクトップを使うことによって、ショートカットキー一つでデスクトップ画面を切り替えることができるので、その分作業時間も短縮させることができるのがメリットですね。

複数の資料を見ながら文書を作成したりだとか、プログラミングを勉強するときにウェブブラウザを閲覧しながらエディタでコードを書いて動作確認するとか、そういった場合には非常に役立ちます。

仮想デスクトップのデメリット

仮想デスクトップは作業を効率化させられる反面、複製しすぎるとCPUやメモリの使用率が高くなって、パソコンの動作が重くなってしまうのがデメリットです。

ただしこの問題は、パソコンのメモリを増設することによってこ解消させることができます。

そのため重いと感じたら別途メモリを購入すると良いでしょう。

仮想デスクトップの使い方・ショートカットキーでの切り替え方は?

使い方 ショートカットキー(操作)
仮想デスクトップ画面追加 「Windows」+「Ctrl」+「D」キー
デスクトップ画面の切り替え 「Windows」+「Ctrl」+「→or←」キー
仮想デスクトップ画面の削除 「Windows」+「Ctrl」+「F4」キー
ソフトを仮想デスクトップ画面間で移動 「Windows」+「Tab」でタスクビュー表示後、ドラッグ&ドロップ

まず簡単にまとめると上記のような操作方法になります。
以下からそれぞれの使い方について詳しく説明していきます。

仮装デスクトップの開き方

タスクビューの場所

まず仮装デスクトップを使うには、画面下にあるツールバーのタスクビューボタン(上記画像の赤枠部分のアイコン)をクリックします。

このボタンがない場合は画面下にあるツールバーの何もないところで右クリック>「タスクビューボタンを表示」をクリックすることでボタンを表示させられます。

仮想デスクトップの開き方

画面左エにある「新しいデスクトップ」をクリックすることで、新たに別のデスクトップを作ることができます。

現在使用しているデスクトップ1とは別に、新たにデスクトップ2というものが作られました。

ショートカットキーを使った仮想デスクトップの複製方法

下記のショートカットキーを使えば簡単に仮想デスクトップが作れます。

「Ctrl」+「ウインドウズボタン(windowsアイコン)」+「D」

仮想デスクトップの切り替え方法

仮想デスクトップの切り替え・移動方法は、下記のショートカットキーを押下することで行うことができます。

「Ctrl」+「ウインドウズボタン(windowsアイコン)」+「矢印キー(←or→)」

このショートカットキー一つで、簡単にデスクトップ画面を切り替えることができます。

もちろん画面下にあるタスクビューボタンからでも切り替えは可能です。

仮想デスクトップの削除方法

仮想デスクトップの削除方法は、下記のショートカットキーを押下することで行うことができます。

「Ctrl」+「ウインドウズボタン(windowsアイコン)」+「F4」

※ただしノートパソコンの場合は、更に「Fn」キーも同時に押さなければならないケースもあります。

ちなみに作業中に間違ってデスクトップを閉じてしまった場合でも、そこで起動していたソフトやアプリは別のデスクトップにそのままの状態で移ります。

そのため万が一誤って閉じてしまっても問題はありません。

仮想デスクトップのアプリ・ソフトの移動方法

特定のアプリ・ソフトを、別のデスクトップに移したいという場合は、まず「Tab」+「ウインドウズボタン(windowsアイコン)」でタスクビューの画面を表示させます。

仮想デスクトップのアプリ・ソフトの移動方法

そして移動させたいアプリ・ソフトのあるデスクトップ画面を選択した状態で、移動するアプリ・ソフトをドラッグします。

あとはこれを移動させたいデスクトップ画面へドロップすることで、簡単に移動させることができます。

ドラッグアンドドロップだけで出来てしまうんですね。

まとめ

以上仮想デスクトップのメリット・デメリットやその使い方(画面複製・切り替え・削除・移動)について紹介していきました。

仮想デスクトップの操作は、慣れてしまうと複数の作業を並行して行う際には大変便利になるので、テレワークなどでそういった作業をする機会が多い方はぜひマスターしておくと良いでしょう。

楽天銀行visaデビットカードの解約方法は?

楽天銀行デビットカード

年会費が高い楽天visaデビッドカード。

今回は知っていなければ解約方法がイマイチ分かりづらい、この楽天visaデビッドカードの解約方法について紹介していきたいと思います。

またvisaカードからJCBカードに切り替えることで、年会費を永年無料にできるため、今回はその切り替え方法についても紹介していきたいと思います。

楽天デビットカードの解約方法は?

楽天銀行ログイン

まずは楽天銀行の公式サイトにアクセスし、マイページにログインします。

楽天銀行 紛失盗難届け

「カード・ATM」をクリックし、カード下部にある「盗難・紛失の場合」をクリックしましょう。

楽天visaデビットカード 解約

すると停止するカードを選択する画面に出ますので、楽天銀行デビットカードを選択し「お手続き開始ボタン」をクリックします。

これで楽天visaデビットカードを解約することができます。

電話で解約手続きを申し出るとかそういった必要もなく、公式サイト上で完結できるので簡単ですね。

解約ではなくデビット機能のみ停止したい場合は電話での連絡が必要

カードの紛失・盗難により完全に解約するのではなく、あくまでデビット機能のみ停止したい場合は、楽天銀行カスタマーセンターに連絡を行う必要があります。

なおカスタマーセンターの問合せ電話連絡先は下記の通りです。

カスタマーセンター 0120-691-095(無料)
携帯電話・PHS等からは
0570-021-910 (通話料有料)
※国際電話をご利用の場合は
03-6832-2277 (通話料有料)
受付時間 24時間対応・年中無休

楽天VISAデビットカードは年会費が高い

楽天デビットカードはJCBだと年会費が永年無料です。

しかしVISAの場合はショッピング保険が付いているため、年会費が2,160円(ゴールドでビットだと5,400円)とあながち馬鹿にはなりません。

なのでこの年会費が煩わしく、他に年会費無料のクレジットカードやデビットカードを持っているのであれば、楽天VISAデビットカードを解約するのも手です。

VISAからJCBに切り替えれば年会費は発生しない!

楽天VISAデビットカードの年会費が煩わしくて解約したい場合、他にクレジットカードなりデビットカードなりを所持しているのであれば、そのまま解約するのも手です。

しかし他にクレジットカードなどがない場合は、楽天VISAデビットカードを解約してしまうと少々困ることになります。

このような場合であれば、楽天VISAデビットカードから年会費永年無料の楽天JCBデビットカードに切り替えると良いでしょう。

こうすることで楽天VISAデビットカードは解約せずに、年会費だけを無料にすることができます。

ただしJCBカードの発行手数料として540円が発生するという点について注意が必要です。

 

楽天デビットカードをVISAからJCBに切り替える方法

楽天銀行公式サイトでカードATMを選択

楽天デビットカードをVISAからJCBに切り替える方法はまず、楽天銀行の公式サイトからマイページにログイン後、画面上部にあるメニューの中から「カード・ATM」を選択します。

楽天デビッドカードでVISAからJCBに切り替え

ブランド名が「JCB」になっているカードの「お申込」をクリックします。
その他JCBカードと同様に年会費永年無料になる「楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)」を選択するのも良いでしょう。

楽天デビッドカードでVISAからJCBに切り替え 申し込みフォーム

申込入力画面に移るので「お名前」「暗証番号」「登録用パスワード」「お客様情報」の項目をそれぞれ記入したうえで、「次へ(確認)」をクリックします。

あとは確認画面に移るので、申し込み内容に誤りがなければ、暗証番号入力後「規定に同意し申し込む」をクリックすることで申し込みが完了します。

パンダデビットカードとデビットカードの違いは?

通常の楽天デビットカードとパンダデビットカードとの違いは、単純にカードのデザインのみになります。

機能的にはまったく同じになるので、見た目で選ぶと良いでしょう。

年会費の引き落とし日の確認方法について

年会費の引き落とし日は、申し込み方法や利用年度によって微妙に変わってきます。

口座開設と同時に
申込した場合の
初年度年会費
カード入会月の
翌月末日まで随時引落
口座開設後に
申込した場合の
初年度年会費
申込時に引落
2年目以降の年会費 会費対象期間月の末日に引落

まとめ

楽天visaデビッドカードの年会費が高いので解約したい場合は、楽天銀行公式サイトから簡単にできます。

しかしデビットカードの場合は、クレジットカードと違って決済をすれば基本随時口座から引かれるのが便利です。

そのため楽天visaデビッドカードの年会費は抑えたいけれども引き続き利用し続けたい場合は、visaからJCBに切り替えるか、visaでも年会費が無料な「楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)」に切り替えると良いでしょう。