保存

edgeのファイルの場所はどこ?開き方や保存先の指定方法

microsoftedgeイメージ画像

Windows10の標準ブラウザ「MicroSoft Edge」

このブラウザEdgeなんですが、ファイルを保存したときの保存場所が分からないといった方も少なからずいるのではないでしょうか?

今回はそんなのMicroSoftEdgeのファイルの保存先の確認方法や、保存先の指定方法について紹介していきたいと思います。

edgeで保存したファイルを開くには?

まずMicroSoftEdge実行ファイルは、デフォルトだと以下の場所にあります。
「C:\Windows\SystemApps\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe」

うん。分かりにくい!

 

ということで早速Edgeで保存したファイルを開く方法について記載していきます。

最初にMicroSoft Edgeのブラウザを起動させます。

MicrosoftEdgeで保存したファイルを開く方法

そしてMicroSoft Edgeブラウザ画面右上にある「・・・」アイコン>「ダウンロード」をクリックします。

MicrosoftEdgeで保存したファイルを開く方法②

「フォルダーを開く」をクリックします。

MicrosoftEdgeで保存したファイルを開く方法3

これでEdgeで開いたWEBサイトからダウンロード・保存したフォルダを開くことができます。

 

 

edgeの保存先の指定方法は?

MicroSoft Edgeで保存したファイルを開くだけなら上記の方法でできますが、毎回わざわざ上記のような方法で開くのは面倒だという場合は、分かりやすい場所へ保存されるように保存先を指定すると良いでしょう。

こうすることで以後edgeで保存したファイルを簡単に開いたりすることができます。

edgeの保存先の指定方法①

 

まずはedgeを起動して、画面右上にある「・・・」アイコン>「設定」をクリックします。

edgeの保存先の指定方法②

メニューを下へスクロールさせていくと、「ダウンロード」の項目があるので、そこで「変更」のボタンをクリックします。

edgeの保存先の指定方法③

するとこんな感じでエクスプローラーの「フォルダーの選択」ウィンドウが表示されるので、そこでMicroSoft Edgeでダウンロードしたファイルの保存先に選びたい場所を新たに指定すると良いでしょう。

Edgeでダウンロードしたファイルの保存先を、自分にとって分かりやすい場所である「Documents」へ変更することができました!

おわりに

MicroSoftEdgeのダウンロードファイルは初期だと良く分からないところにあるので、はじめは開くのも一苦労になるかと思います。

しかし今回紹介した方法を使えば、MicroSoft Edgeでダウンロード・保存したファイルを簡単に開けるのではないでしょうか?

飲みかけの缶チューハイの炭酸を抜けないよう保存する方法

缶チューハイ

炭酸缶チューハイでもアルコール度数の高いものや、500mlなどの量が多いものに関しては、人によっては一度で飲み切らずに翌日以降にも取っておきたいという方もいるのではないでしょうか?
(私はそうです)

しかし冷蔵庫でこういう飲みかけの炭酸缶チューハイを保存する場合、どうしても炭酸が抜けてしまうのが難点ですよね。

 

ということで今回は飲みかけの炭酸缶チューハイをなるべく炭酸が抜けないように保存する方法についてまとめてみました!

無料でできる飲みかけの缶チューハイの炭酸を抜けないよう保存する方法

無料でお手軽にできる飲みかけの缶チューハイの炭酸を抜けないように保存する方法としては、大まかに下記のようなものがあります。

  • 飲み口の部分にラップやアルミホイルをかける
  • コップなどの容器に移してからラップや蓋などをして密閉させる

飲み口の部分にラップやアルミホイルをかけるのは、効果は薄いですが無料でできてかなりお手軽です。

また飲みかけの炭酸飲料がぎりぎり入るくらいのコップや容器の中に入れてから、ラップやアルミホイルで隙間なく覆うと、外気の体積自体が最小限に抑えられるので、その分炭酸が更に抜けにくくなります。

金属製のスプーンやフォークを使った炭酸を抜けないように保存させる裏技

無料でできそうな炭酸が抜けないように保存させる方法ですが、上記以外にももっと簡単シンプルで炭酸保存効果が高いという画期的な裏技があるようです。

その裏ワザというのは、金属製のスポーンやフォークを飲み口に突っ込むだけというものです。

しかしこの方法では上記の保存方法とは違い、蓋なども一切せず思いきり外の空気と触れてしまっています。

外気に触れているんだから、普通に考えれば思いきり炭酸が抜けそうですよね?

 

しかしこれにはちゃんとした炭酸が抜けない理由があるそうで、どうもスプーンを差し込むことによって内部が冷えやすくなり、それによって温度が低い方に良く溶けるとされている炭酸ガスが内部に留まりやすくなることから、中の炭酸が抜けにくくなるというのです。

 

スプーンを差し込むことでそのもの自体がラジエーターのような働きをすることから、炭酸が抜けにくく~んなっているようなんですワン。

 

ツイッター画像ではペットボトルでの話ですが、原理的にはさほど変わらないだろうと思い缶にもスプーンを突っ込んだこの裏技を試してみました。

飲みかけの缶チューハイを炭酸が抜けないように保存する方法

 

 

24時間冷蔵保存後・・・

 

実際に確かめた所、少しは炭酸が抜けてはいたものの、確かに普通に保存するよりかはあまり炭酸が抜けていないように感じました。

正直結構微妙だったのですが、少なくともそれなりの効果はあるようです。

 

やり方はスプーンを飲み口に突っ込むだけという至ってシンプルな方法なので、無料でお手軽に炭酸を抜けないように保存したいという方は一度試してみてはいかがでしょうか?

便利なグッズを使った飲みかけの缶チューハイの炭酸を抜けないよう保存する方法

 

お金はかかりますが炭酸保存キャップなどの便利グッズを買えば、缶チューハイはもちろんビールや炭酸飲料などの炭酸を抜けないようにお手軽に保存させることができます。

100円で買える缶キャップです。一応190m、350ml、500mlの3つのサイズに対応しているようですが、缶によっては合わないようです。

こちらは付ければ真夏でも全くぬるくならない保冷缶ホルダーです。
炎天下の野球場とかでも冷えたまま美味しく炭酸飲料やビールなどが飲めるようですよ。

炭酸保存用キャップとは関係ありませんが、保冷効果が高いと炭酸も抜けにくいですし、口コミでも評価が高く需要があるようなのでついでに紹介してみました。

まとめ

以上飲みかけの缶チューハイをなるべく炭酸が抜けないように保存する方法についてご紹介していきました。

無料でできる方法(特に裏技)に関してはちょっとした工夫だけで簡単にできるので、炭酸をなるべく抜けないように保存させたい場合は試してみてはいかがでしょうか?