ロフト

エアコンなしでできる!夜寝るときの寝室の暑さ対策

暑さ対策 風鈴今回はエアコン・ククーラーなしでできる、夜寝るときの寝室の暑さ対策について紹介していきたいと思います。

夜寝るときの寝室の暑さ対策

  • 日中はカーテンを閉めておく
  • ジェルマットを敷く
  • 冷却枕を使う
  • ひんやりネットマットを敷く
  • サーキュレーター(扇風機)で
  • 厚さを和らげるパジャマを着て寝る

日中はカーテンを閉めておく

日中は外出している場合、カーテンを閉めて日光をシャットしておくと、室内の温度を上げにくくさせる効果が期待できます。

これに関してはカーテンを閉めるだけでできるので、お手軽に実践できる方法としておすすめですね。


ジェルマットを敷く

寝るときに冷却ジェルマットを敷けば、エアコンなしで体感温度を下げられるので快眠することができます。


上記のクールマットであれば、使用前にあらかじめエアコンなので冷やす必要もなく、効果も持続するようです。

冷却枕を使う

また冷却枕も使えばさらに心地よく寝ることができるでしょう。

 

ひんやりネットマットを敷く

ひんやりネットマットなら冷却ジェルマットのように、破れたら中からジェルが出てきて使えなくなるといった心配もありません。

サーキュレーター(扇風機)をかける

サーキュレーター(扇風機)により、空気の流れを作れば、実際の気温よりも体感温度を下げることができます。

またサーキュレーター(扇風機)の前に、凍らせたペットボトルを置いておけば、更に体感温度を下げることができます。

そのためエアコンなしで寝付くには、ぜひ持っておきたいところですね。

暑さを和らげるパジャマを着て寝る

素材が綿や麻のパジャマなら、通気性が良く吸水性にも優れるので、暑さを感じにくいのでおすすめです。


 

逆に素材がジャージやスウェットのものは、吸水性・吸湿性がなく、暑さを感じやすいので良くありません。

 

ロフトを寝室代わりにしている場合は特に暑さ対策が必要!

基本的に暑い空気は軽いため、空間の高いところへ流れます。
そのため部屋の高いところに位置しているロフトであれば、下のフロアと比べても5℃程度気温が高くなるとされています。

なのでロフトを寝室代わりにしている場合は、下のフロアよりも熱中症になるリスクが高まります。

こうしたことからロフトを寝室代わりにしている場合は、特に暑さ対策グッズなどを用いて脱水症状や熱中症を防ぐようにしておきたいところです。

まとめ

寝室で夜寝るときには、エアコンを使うと熱中症も防げて安全・快適に睡眠をとることができますが、エアコンを使う場合はどうしても電気代が高くつきます。

こうした電気代を少しでも抑えたいのであれば、暑さ対策グッズなどを使うなりすると良いでしょう。

 

風水的にNGなマンション等の間取りの8つの特徴とは?

風水的にNGなマンション等の間取りのつの特徴とは?

もうすぐ引越しシーズンが到来しますが、そのお部屋探しの際に意識しておきたいのが、新居の間取りに関してです。

風水的に言えば、住めば運気アップし幸福になれるような間取りもあれば、逆にそうでない間取りも存在しています。

そこで今回は新居のお部屋探しをする上で、とりあえず押さえておきたい風水的にNGな戸建て・マンションの間取りのつの特徴について簡単にご紹介していきたいと思います。

風水的にNGなマンション等の間取りのつの特徴とは?

風水的にはNGだとされる、戸建て・マンションの間取りの代表的なつの特徴は下記のようになります。

  • トイレの場所が東北(鬼門)や南西(裏鬼門)にある
  • 玄関の場所が東北(鬼門)や南西(裏鬼門)にある
  • 部屋の形が長方形や正方形ではなく凹凸があったりしていびつである
  • 玄関の近くにトイレがある
  • 玄関の正面に窓がある
  • キッチンが西側にある
  • 寝室が北側または西側にある(寝室を北側または西側にする)
  • 玄関の近くに階段がある

トイレの場所が北東(鬼門)や南西(裏鬼門)にある

トイレの場所が北東(鬼門)や南西(裏鬼門)にあると、元々邪気が入りやすく空気が淀みやすいこれらの方角に、陰の気を放つトイレがあることから、風水的には良くないとされています。

なのでトイレが北東(鬼門)や南西(裏鬼門)にあるような物件はなるべく避けておいた方が良さそうですね。

玄関の場所が東北(鬼門)や南西(裏鬼門)にある

トイレと同じく玄関も邪気が入り込みやすい北東(鬼門)や南西(裏鬼門)の方角にあると、風水的には良くないと言われています。

ただその家の玄関が部屋の外側に出っ張っているような間取りであれば問題ではないそうですが、逆に外側ではなく内側にあり、間取り図全体として見た時に玄関のある部分だけ欠けているような場合は凶相となり、それで玄関が鬼門であったりすれば風水的には良くないようです。

玄関は凹んでいると風水的には良くない

なので特に玄関が部屋の内側へ引っ込んでいるような間取りであるような場合は、玄関が鬼門にあるような部屋は避けておいた方が良いです。

ただ玄関が鬼門にあるような場合には、玄関に観葉植物や花を飾ったり、悪い気を吸い込んでくれる玄関マットを置いたりすることで対策することができます。

部屋の形が長方形や正方形ではなく凹凸があったりしていびつである

L字型の間取り

全体的な部屋の形が長方形や正方形ではなく、凹凸があったりしていびつであるような場合は、気の流れが偏りがちになり、精神的にもその影響を受けて心がねじ曲がってしまうと言われています。

なので部屋の形がL字型や・コの字型・三角といったようなところは風水的にもあまり好ましくありません。

玄関の近くにトイレや鏡がある

玄関の近くにトイレや鏡がある

玄関は良い運気も悪い運気も含めて運気が出入りする重要な場所ですが、その玄関の近くにトイレがあると、玄関から折角入ってきた良い気がトイレに入ってきてしまい、良い気による恩恵が受けられなくなるとされています。

対策としては普段からトイレを定期的に掃除して清潔に保っておくと、玄関の気も汚さずに済むので風水的には望ましいです。

玄関の正面に窓がある

玄関の正面に窓があるようなレイアウトの場合は、運気の出入口でもある玄関からの良い運気も、すぐに窓へ抜けてしまいます。

このことから玄関の正面に窓がある部屋は風水的に良くないとされています。

対策としては窓にカーテンをかけたり、玄関~窓の間の途中の空間に仕切りをつくると、空気の循環も良くなって良いでしょう。

寝室が北側または西側にある(寝室を北側または西側にする)

寝室が北側にある(寝室を北側にする)場合、北側だと気温が下がりやすいことから、特に冬だと良ろしくなく寝室にするのは避けた方が良いです。

また西側も強い西日が当たることから特に夏は寝苦しくて良くありません。

キッチンが部屋の中央または西側にある

キッチンがその家の運気を司るとされる中央にある場合は、キッチンで使う火が気を乱してしまうことからイライラしやすく、家族との間で喧嘩が起こりやすいと言われています。

また西側は金運を司る方向なので、この方角にキッチンがあればガスコンロの火で金運を燃やしてしまうということから、西側にキッチンがあるのもNGだとされています。

ということで風水的な観点に重きを置く場合は、キッチンが部屋の中央または西側にある物件は控えておいた方が良いでしょう。

玄関の近くに階段がある

マンションだとあまりないケースですが、玄関の近くに階段がある場合は、玄関から入ってきた運気が2階に逃げてしまい1階には運気があまり流れてこないとされています。

1階にも運気を取り入れた場合は、階段のところを照明で明るくしたりすると良いです。

マンション等の間取りでロフトがあるのは風水的に良くないのは本当?

マンション等の間取りでロフトがあるのは風水的に良くないのは本当?

ロフトのある部屋自体は風水的には特にNGだとかそういうのではないそうです。

ただロフトの場合は場所的に空気の流れが滞りがちになることから、そこに邪気が溜まりやすくなり、ロフトを寝る場所に選んでしまうことで運気が下がってしまうと言われています。

なのでロフトに関しては荷物置き場として利用するのが推奨されています。

まとめ

というわけで今回は風水的にNGな戸建て・マンションの間取りのつの特徴について紹介していきました。

これから引越しを行う予定であり、お部屋探しもするのであれば、最低でもこうした風水的にNGな間取りについて知ったうえで、自分にとって良さそうな部屋を選ぶようにしておきたいところですね。

ちなみに運気が上がるような風水的に良い間取りの選び方については下記でご紹介しています。