風水的に運気を上げる睡眠のとり方・寝る方法とは?

今回は運気を上げる睡眠のとり方・寝る方法について、風水的に有効的だとされているポイントについてまとめてみました。

睡眠中に効率よく運気を上げる方法について知りたい方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

風水的に運気を上げる睡眠のとり方・寝る方法とは?

風水的に運気を上げることができるような睡眠のとり方・寝方については、主に以下の方法があるとされています。

  • 寝ている間はスマホを寝室に置かない
  • 運気が上がる枕の向きで寝る
  • 寝姿が鏡に映らないようにする
  • パジャマの素材にこだわる
  • ベッドと壁の間に隙間を作らない
  • 頭の位置はドアの延長線上に来ないようにする
  • ぬいぐるみや人形と一緒に寝るのは避ける
  • ベッドの位置は梁や家具の柱の角の延長線上に来ないようにする
  • 寝室・寝具は綺麗にしておく

寝ている間はスマホを寝室に置かない

よく「寝る前のスマホNG」だと言われています。これは、そのブルーライトにより睡眠の質が下がるのでダメだとか言うものですね。

そして、このスマホ、寝る前にいじるのはもちろん、寝室に置くこと自体も良くないとされています。

理由としては、スマホやタブレットが発する電磁波が、脳波に悪影響を及ぼすからです。これにより睡眠の質が下がります。

そのため、寝ている間は寝室にスマホやタブレットを置かないようにするのが推奨されていますね。

なお、どうしても寝室に置かなければならない場合は、自分の頭部から最低でも2メートル以上離すだけでも大分睡眠の質が違ってくるようです。

スマホ以外の電化製品も、同様に電磁波を発しているということから、なるべく頭の近くには置かないようにしておくと良いでしょう。

運気が上がる枕の向きで寝る

睡眠時に運気アップするためには、運気が上がる枕の向きで寝るのも重要です。

具体的な方角で言えば、風水的には「北枕」がベストだとされています。更にその方角と相性の良い白色の枕カバーを使うことでより運気アップ効果が期待されます。

私は北枕に変えてから、運気が上がったかどうかはさておき、睡眠の質が確実に上がったのを実感できました。

ちなみに、恋愛運を上げたい場合は、枕の向き並びにベッドの向きを南東にするのが吉。

逆に風水的にNGだとされているのが「南枕」です。
南枕で寝ることによって直観力が上がるとされている一方で、寝つきが悪いことからあまり向いていません。

後ほど詳しく説明しますが、風水的には「睡眠の質を上げる=運気を上げる」と考えられているので、南枕は好ましくないということになります。

寝姿が鏡に映らないようにする

寝姿が鏡に映ると、睡眠によって本来吸収できる良い気が、鏡に映っている方の自分にも散ると言われています。

これだと本来睡眠によって取り込める良い気が、大幅に減ってしまうということから、風水的には良くないと言われています。

そのため、寝室に鏡がある場合は、寝姿が映らない位置に移動させるか、布などで覆い隠すと良いでしょう。

パジャマの素材にこだわる

寝るときに着用するパジャマの素材によっても運気が上がるということがあるとされています。

例えば金運を上げたいのであれば、サテンやシルクといった光沢があるような素材が適しています。

また、健康運を上げたい場合は綿やコットンといった素材が良いとされていますね。

パジャマに関しては素材にこだわるのはもちろん、清潔で状態の良いものが理想的です。

ベッドと壁の間に隙間を作らない

ベッドと壁の間に隙間があると、その隙間に強い気が流れます。
この気が体に当ることで、落ち着かなくなり睡眠の質に悪影響を及ぼすことから、風水的には良くないとされています。

そのため、ベッドのどこかの一辺は、壁にくっつけるようにしておくと良いでしょう。

頭の位置はドアの延長線上に来ないようにする

頭の位置がドアの延長線上に来てしまうと、ドアからの気が直接当たることから、風水的にはタブーだとされています。

ぬいぐるみや人形と一緒に寝るのは避ける

ぬいぐるみや人形と一緒に寝たり、ベッドに置いている場合、それらが人間の運気を吸収してしまうと言われています。

このことから、ぬいぐるみや人形は、ベッド・寝床から離れた所に置くか、置くにしても1~2体までに留めておくのが望ましいとされていますね。

ベッドの位置は梁や家具の柱の角の延長線上に来ないようにする

梁や家具の柱の角からは「壁刀殺(へきとうさつ)」と呼ばれる悪い気を受け取ると言われています。

そのため、ベッドの位置は、なるべく梁や家具などの柱の角の延長線上に来ないように配置すると良いでしょう。

寝室・寝具は綺麗にしておく

寝室・寝具を綺麗にしておくことで、睡眠中に良い気を吸収しやすいと言われています。

逆に寝室や寝具が汚い・不衛生である場合は、当然悪い気を吸収してしまうことになるので、運気が下がるのだとか。

このことから、寝室は日ごろからなるべくキレイに保つように掃除を心掛け、寝具に関しても定期的に洗濯したり、天日干しするようにしておきたいところですね。

睡眠の質を上げる=運気を上げることにつながる

風水気学的には、睡眠の質を上げる=運気を上げると言われています。

特に熟睡しているときには気の交換が盛んに行われます。
この間に悪い気を吐き出して良い気を吸収していることから、運気アップにつながるのだそうです。

逆に睡眠の質が悪ければ、そういった気の交換がうまく行われません。
これにより良くない気があまり出されず、起床後でも体がだるい・気が重いといった状態に陥ると言われています。

睡眠の質を上げる方法については様々ありますが、代表的なものとしては主に下記のようなコツがありますね。

  • 朝起きて日光の光を浴びる
  • 寝る前はカフェイン・飲酒・スマホ・運動を控える
  • 部屋は真っ暗にして寝る
  • トイレを済ませてから寝る
  • など

そして個人的に更に効果があったのが以下の2つです。

  • 寝るときは裸で寝る
  • 寝る前に睡眠の質を上げる音楽(BGM)を聴く

詳しくは下記の記事でも紹介しています。

良質な睡眠をとるための8の方法について

これで快眠できました!睡眠の質を上げる2つの方法

いずれも簡単にできるものばかりなので、普段から実践するように心掛けておくと良いのではないでしょうか。