タイル

運気が上がる!風水的に良い玄関掃除の方法

運気が上がる!風水的に良い玄関掃除のコツ

自宅の運気を上げるうえで重要となる玄関掃除。

今回は玄関掃除の仕方や、運気が上がるような風水的に良い玄関掃除のポイント、おすすめの掃除道具についてまとめてみました。

運気が上がる!風水的に良い玄関掃除のコツ

玄関掃除で運気を上げる場合は、下記のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 水拭きで開運
  • 下駄箱は新聞紙などを使って臭いと湿気を取り除く
  • 表札・ドアノブ・インターフォンも掃除する

水拭きで開運

玄関は水拭きをすることで開運効果があるといわれています。

これの風水的な理由としては、水拭きをすることで汚れと共に厄をも取ることができ、運気が上がる効果が期待されるようです。

逆に玄関に厄が溜まっている場合は、良い運気を取り込むことができないばかりか、厄がついていしまうので運気が下がるのだとか。

ちなみにほうきなどで見た目的に綺麗にしていても、厄自体は取れていないので、本気で運気を上げたいのであれば水拭きをすると良いと言われていますね。

玄関は毎日出入りすると共に、汚れや厄も溜まるので、なるべく毎日水拭き掃除を行うのが理想的だとされています。

忙しくても2~3日に1回は行うのが良いそうです。

玄関での水拭き掃除の仕方

玄関の水拭き

水拭き掃除の仕方としては、まずほうきなどで泥・砂・埃などを取り除いてから、ぞうきんで水拭きしていくと良いでしょう。

掃除機で泥・砂などを取り除く場合は、掃除機の先端部分にトイレットペーパーの芯を取り付けることで、掃除機の吸い口を汚すことなく掃除できます。

下駄箱は重曹や新聞紙などを使って綺麗にする

下駄箱は新聞紙などを使って陰の気を取り除く

下駄箱は湿気や臭い・汚れ・陰の気がたくさん溜まりがちになります。

こういった陰の気を取りにぞくためにも、下駄箱も掃除するようにしておくと良いでしょう。

下駄箱の掃除の仕方は、まず泥・砂・埃などを取り除いてから、重曹水(水200cc+重曹小さじ2)で水拭きして乾燥させます。

そしてそのあとに炭や筒状に丸めた新聞紙を隙間に置くことで、湿気と臭いを取り除くことができます。

ちなみに10g程度の盛り塩(週1回交換)するのも運気アップにつながると言われていますよ。

また、下駄箱内は靴でぎゅうぎゅうにならないようにしたり、長年使っていない靴は捨てるようにしたりするのも厄除けになります。

扉・表札・ドアノブ・インターフォンも綺麗に掃除する

玄関掃除というと、家の中・内部での範囲で行うイメージもありがちですが、玄関の外にある扉・表札・ドアノブ・インターフォンも綺麗に掃除するのも運気アップを図る上では重要だとされています。

玄関のおすすめ掃除道具

ここからは、玄関掃除をする際に便利なもの、効率的に行えるおすすめの掃除道具について紹介していきたいと思います。

水拭きに便利な激落ちクロスファイバー


超極細繊維(マイクロファイバー)により、頑固な汚れもサクッと落ちてしまうという、大人気・大好評クロスファイバーです。

水拭きするならこれで間違いなし!

ザラザラした玄関タイルの掃除におすすめの洗剤

ザラザラした玄関タイルの掃除に使う洗剤としては、「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ」がおすすめです。

100均のセリアに売っている「セスキ炭酸ソーダスプレー」でも安く買えるのでおすすめ!


アマゾンベストセラー1位の重曹です。
大容量でお得ですが、食用グレードであり、入浴剤などにも使えます。

ただし食用グレードかどうかは微妙なようなので、和菓子や料理として使う場合は注意しておきたいところですね。

口コミ

入浴剤としても使えますし、食品グレードなので安心です。
蒸しケーキで使ったところ、異臭がして変な苦みがありました。この製品は食品グレードではないと思います。

タイル用デッキブラシ


凸凹した玄関タイル用の鉄板デッキブラシです。
2種類の繊維を使っており、汚れをサクッとかき出しながらも、床が傷つかないようになっています。

口コミ

子供がタイルに油性ペンで落書きしたのですが、これを使ってすぐに汚れもろとも落とすことができました!
レビューが良かったので購入して使ったが、特に効果があるとは思えず、玄関外なら100均ブラシの方が落ちた。

防臭・防風 立て式 ほうき・ちりとりセット


アマゾンベストセラー1位の自立式ほうきちりとりセットです。

蓋つきなので防臭でき、防風デザインにより風でゴミが飛ばされにくくなっています。

長さ調節も可能で、腰をかがまなくても楽に掃除できるでしょう。

口コミ

コンパクトなので収納が楽々。長さ調節できるのも良いし、値段の割に造りもしっかりしている。
蓋の開閉がやりづらい

インテリアを意識するならこれ!おしゃれな掃除道具


「iFデザイン賞」を受賞した言うおしゃれなカインズホームの「立つほうき」。
こちらは玄関やベランダ掃除のために考えて作られたもので、使い終わればそのままブラシ部分を収納して立てるだけでOK。

オブジェとしても機能するので、インテリアにこだわる場合にはぜひ!

口コミ

スタイリッシュで玄関に置いても違和感ない
腰をかがまないと掃けない分使いづらい

なお同じカインズホームのおしゃれな「立つちりとり」というのもあるようで、立つほうきとセットで購入するとお得です!

電動お掃除ブラシ 2020最新型

アマゾンベストセラー1位の2020最新型の電動おそうじブラシです。

長さは70-110 cm、ブラシヘッドの角度は0〜80度と調節可能で、用途に合わせて4種類のブラシを付け替えできることから、玄関はもちろん、浴室・キッチン・天井などあらゆる場所の掃除が楽々できます。

値段の割にパワー(効果)があるというようにコスパの良さにも定評があり、これを買えば毎回掃除をするのが楽になるでしょう。

口コミ

4ハンドルの長さやブラシヘッドの角度も調整できるので、天井などあらゆる場所でも対応できます。腰への負担もかかりにくい。
コードレスなので使いやすい!
パワーは十分あり、風呂掃除が楽しくなるほど風呂床の汚れが楽なりました。
鏡の全く取れなかった頑固な水垢も除去できた
最初は振動と音でびっくりしますが、この価格でこの効果なら満足です

 

玄関掃除で対人運・仕事運など全体的な運気アップを!

幸運が舞い込んでくる入口とも言われている玄関。

この玄関を掃除をすれば、対人運や仕事運など全体的な運気アップが図られていると言われており、家の中でも最も優先的に綺麗にしておきたいとされる場所でもあります。

そのため家の中が汚くて「最近ついていない」と感じるのであれば、まずは玄関の掃除から少しづつでも良いので始めてみると風水的には良いかもしれません。

冬のお風呂が寒い!と感じた時に簡単にできる9つの対策

冬のお風呂が寒い!と感じた時に簡単にできる9つの対策

冬にはとりわけあったかくて気持ちよく感じるお風呂ですが、浴室がタイル張りになっている場合は非常に寒いですし、お風呂に出入りする際の着替えのときなども寒さがきつく、入浴したいけれども億劫に感じてしまう方も少なからずいるのではないでしょうか?

というわけで今回は冬のお風呂が寒い!と感じた時に、あまりお金をかけずに割と簡単にできる9つの対策についてまとめてみました。

「冬でお風呂が恋しいけれども、着替えやらなんやらで寒いので入りたくない」といった方は是非チェックしてみて下さい。

 

冬のお風呂が寒い!と感じた時に有効的なつの対策

冬のお風呂が寒いと感じた時にできる、簡単な寒さ対策としては下記の9つのものがあります。

  • 床がタイルならお風呂マットなどを敷く
  • 窓がある場合はシャワーカーテンなどの断熱材で二重窓にする
  • お風呂に入る前にお湯を張って浴室を温める
  • 風呂場保湿器(お風呂保温ヒーター)などでお風呂のお湯の温度を保つ
  • 服を着た状態のまま浴室に入る
  • シャワーから出したお湯で四方の壁を温める
  • 身体を洗う際中はお湯を入れた湯桶やバスバケツに足を入れる
  • お風呂上り後の着替えは浴室内で身体をあらかた拭いておく(可能なら浴室内で着替えする)
  • 可能であれば脱衣所にストーブ・ヒーターを置く

床がタイルなら安価な簡易マットを敷く

タイル張りのお風呂

床がタイル張りになっていると冬場は特に足がヒヤッとしてしまいます。
足元が冷えると体感温度も下がるので、床が冷えやすいタイル張りになっているような場合はとにかく床から変えていくことが重要です。

床の素材ごと変えるのであればリフォームもありですが、この場合100万円ほどと割と高額な費用がかかるのが少々ネックです。

この時簡単で安価にできる有効的な寒さ対策としては、水はけの良いお風呂マットを敷くのがおすすめです。

お風呂マットの中でも水はけが良いものであれば、そうでないものに比べてカビができにくいので、衛生的にも良く掃除の手間もかかりにくくなります。

EVA樹脂製 ソフトタイプ 風呂マット シルキー ラバーマット ブルー

窓がある場合はシャワーカーテンなどの断熱材で二重窓にする

お風呂に窓があるような場合は、これが原因で浴室内の温度が逃げてしまううえに、外部の冷たい空気が入り込んでしまうことから、室内が寒くなってしまいます。

窓がある場合の対策としては、断熱材で二重窓にすることです。
こうすることで二重窓の間に動かない空気の層ができて、高い断熱効果を得ることができます。

この時用いる断熱材としては下記のようなものが良いです。

  • シャワーカーテン
  • プラスティックダンボール
  • スタイロフォーム
  • 窓ガラス結露防止シート(プチプチシート)

こうした断熱材を窓に対して覆うように両面テープなどで貼り付けるようにすると良いでしょう。
シャワーカーテンの場合は金具で付けると良いですね。

窓ガラス結露防止シートだと1,000円程度で購入できるうえに、水だけで窓にそのまま貼り付けられて断熱効果も期待されるというように、非常にお手軽簡単にできるのでおすすめですよ。
ニトムズ 窓ガラス断熱シートフォーム2P E1600

お風呂に入る前にお湯を張って浴室を温める

お湯が張られたバスタブ

特に冬の場合だと、お風呂に入る前はお湯を張ってからはいるようにしておきたいところです。

先にお湯を張っておけば、浴室内の気温も上がりますし、お湯を張っていない時に比べても随分寒さがマシになるでしょう。

風呂場保湿器(お風呂保温ヒーター)などでお風呂のお湯の温度を保つ

冬場は特にお風呂のお湯の温度も冷めやすいので、風呂湯保温器(お風呂保温ヒーター)でお湯の温度を保つようにしておきたいところです。

風呂湯保温器は電気タイプだと高価にはなるものの、保温効果が高くて加熱機能もあるので便利です。

一方電気タイプではなく、電子レンジに入れてから利用するものやそのまま本体を入れることで使えるようなものは、電気タイプと比べると保温効果の持続時間は短めにはなってくるものの、安価に購入できるうえに電気代もかかりません。

入れるだけ! グルッポピエタ ふろッキーデラックス

 

服を着た状態のまま浴室に入る

脱衣所にストーブやヒーターなどがあれば良いですが、そうでない場合は服を着た状態で浴室に入り、お湯を張って温めた室内で服を脱ぐようにすると、なるべく寒さは感じずにお風呂に入ることができます。

シャワーから出したお湯で四方の壁を温める

シャワーから出したお湯で四方の壁を温める

シャワーからお湯を出し、それを四方の壁に向かってあてることで、浴室の温度を少し上げることができます。

お湯を張るだけでは少し物足りない場合は、この方法も併せて行うようにすると良いですね。

 

身体を洗う際中はお湯を入れた湯桶やバスバケツに足を入れる

身体を洗う際中は裸のままお湯につかれない状態がでてくるので、冬だととりわけつらいですよね。
この場合の寒さ対策はシャワーに当たり続けることでも凌げますが、これだとボディタオルにお湯がかかれば石鹸などの泡立ちが薄れたりしてやりづらいですし、少々水が勿体なかったりします。

そこでおすすめなのが、お湯を入れた湯桶やバスバケツに足を入れるという方法です。

床の寒さ対策でも触れましたが、足元が冷えると体感温度も下がるので、足元を温めると寒さもかなり緩和されます。

もちろん中の容積の小さい湯桶などよりも容積の大きいバスバケツの方が効果は期待できます。

これだとシャワーを出しっぱなしにせずとも寒さをあまり感じさせないようにすることができますし、シャワーを当てても寒いという場合でもおすすめです。

業界初 折りたたみホットバブルフットバス どこでもフットバス バブル温水洗濯機 足湯 頭寒足熱 足つぼバブルジェット付 アロマセラピーにも

 

お風呂上り後の着替えは浴室内で身体をあらかた拭いておく(可能なら浴室内で着替えする)

お風呂から出て着替える際は、濡れた裸のまま出るのではなく、浴室内であらかた身体をバスタオルで拭いておいて、浴室からでたら速攻で服を着れるようにしておくと、肌をなるべく直接外気に露出させずに済むのでかなり楽です。

服を着替えた後は髪をドライヤーで乾かすだけなので、脱衣所にいる時間も短時間で済みます。

可能であれば脱衣所にストーブ・ヒーターを置く

お金はかかりますが脱衣所にヒーターを置いておくと、着替えの際に大分寒さが軽減されます。
脱衣所で設置するヒーターとしては、スイッチを入れたら即座に温まるハロゲンヒーターが安くておすすめです。

TEKNOS スリムハロゲンヒーター300W コードフック付 PH-307

まとめ

というわけで今回は冬のお風呂が寒い!と感じた時に、あまりお金をかけずに簡単にできる9つの対策についてまとめてみました。

冬のお風呂は寒さでつらいと感じる部分はありますが、入浴すると身体も温まりますし、体内の毒素も取り除けて疲れも取れるので健康的です。

なのでなるべく毎日お風呂に入りたいけれども、寒くて億劫だという場合はこうした対策を実践してみてはいかがでしょうか?