スプレー

簡単にできる害虫対策とおすすめグッズ 2020

簡単にできる害虫対策とおすすめグッズ 2020

今回は簡単にできる害虫対策についてや、2020年における最新おすすめ害虫対策グッズについて紹介していきたいと思います。

簡単にできる基本的な害虫対策

まず最低限知っておきたいとされる、簡単にできる基本的な害虫対策として主に下記のことが有効的です。

  • 部屋・キッチンなどは清潔にしておく
  • 害虫の侵入経路を絶つ

部屋・キッチン・水回りなどは清潔にしておく

部屋が汚くホコリなどにまみれていれば、それをエサにゴキブリやダニなどの害虫を寄せ付けてしまう原因になるので、部屋は定期的に掃除して綺麗にしておくと良いでしょう。

またキッチンの生ごみも害虫のエサになり、特に生ごみが腐りやすい夏場は頻繁にゴミ捨てするように心がけておくのがおすすめです。

水回りの汚れもコバエなどの害虫を引き寄せる原因になるので、ここも清潔に保っておきたいですね。

害虫の侵入経路を絶つ

玄関や窓の隙間、排水溝などは害虫の侵入経路になり得ます。

そのため玄関や窓はテープで塞いだり、排水管の隙間はパテで塞ぐするなどして、害虫の侵入を防ぐようにすると良いでしょう。


一人暮らしする予定なら害虫が出にくい物件にするのも良し

一人暮らしで特に虫が苦手だという女性などの場合は、なるべく虫・害虫が出にくいような賃貸物件選ぶか、そういったところに引っ越すのも手です。

そうした賃貸の特徴としては下記の点が挙げられます。

  • 上層階にある
  • 日当たりが良好
  • 比較的新しい
  • 鉄筋コンクリートなどの隙間が生まれにくい建物
  • 近くに飲食店や自然豊かなスポットがない

虫別害虫対策

一口に害虫といってもその中には様々な種類の虫がおり、それらで対策方法が微妙に変わってきます。

ちなみに害虫の代表的なものとしては以下の虫が挙げられます。

  • ゴキブリ
  • ハエ
  • ダニ

以下これらの虫の対策について紹介していきます。

ゴキブリ

ゴキブリはいわゆる汚部屋といった汚くて散らかった部屋を好むので、部屋は定期的に掃除をして清潔に保つようにしておきましょう。

また、ゴキブリは主に「玄関」「窓」「ベランダ」などの隙間から入ってくるので、侵入を防ぐのであればこれらの隙間を隙間テープやテパなどで塞ぐと良いでしょう。

その他庭に部屋にダンボールがある場合は、そこにゴキブリの卵が産み付けられやすいので、使わないのであればゴミに出すと良いでしょう。

またアルコールや洗剤をかけることで呼吸困難になって駆除することができます。

蚊は酢が嫌いなので、寝るときに枕元に酢を入れたグラスを置くと近づかなくなります。

また夏であれば扇風機をつけることで、その風により人が放つ熱や二酸化炭素を上手く感知できなかったり、風そのものによって避けることができます。

その他蚊は水たまりに卵を産み付けるので、植木鉢の受け皿などに水を溜めないのも重要です。

柑橘系の香りも苦手なので、そういったアロマを焚くのも効果的!

ハエ(コバエ)

ハエ(コバエ)はには主に下記の4つの種類のものがあり、それぞれで発生源が異なります。

コバエの種類 主な発生源
ショウジョウバエ 台所の生ゴミ
ノミバエ 台所の生ゴミ、ペットの排泄物、腐った植物
チョウバエ 台所、風呂場などの水周り
キノコバエ 腐った植物

このようなことから、台所の三角コーナーにある生ごみは長く放置しないようにしたり、台所やふろ場などの水回りも定期的に掃除したり、しておきたいところです。

駆除方法としてはめんつゆかお酢を数滴垂らした水の中に食器用洗剤を数滴垂らしたものを置いておくと良いでしょう。

こうすることでコバエトラップとなり、気になるところにこれを置いて置くだけで駆除することができます。

ダニ

ダニはに肉眼での確認が困難な分予防や対策などが難しく、刺咬されればかゆみや腫れができるほか、アレルギーや感染症などを引き起こす恐れがあるのが厄介です。

ただしダニは湿度が60度以下になれば活動できなくなるので、まめに換気するなどして湿気が溜まらないようすると良いでしょう。

また寝具やカーペットも洗ったり、天日干しにすることで駆除することが可能です。

おすすめ害虫対策グッズ2020

ここからは2020年における最新売れ筋・人気害虫対策グッズについて紹介していきたいと思います。

Shayson 超音波式害虫駆除器


口コミでも大変効果があることで評判の良い超音波式の害虫駆除器です。

これを設置することで、ネズミや害虫にとって嫌な超音波を与えることで、それらを家の外へと追い払うことができます。

即効性のある殺虫効果がある訳ではありませんが、害虫の死骸処理などの後始末をする必要がありません。

しかもこの製品の場合は他社のモノと比べても、6種類の超音波が発せられるので、効果が絶大なのだとか。もちろん妊婦や子供など人間にとって害はありません。

害虫を殺したりするのが苦手な場合はぜひおすすめです。

AUGYMER 電撃殺虫器

紫色の光で虫を誘って電撃で殺虫できる捕虫蛍光灯です。
有効範囲が約35メートルと広く、一晩中付けていても電気代がわずか1~2円と大変省エネです。

臭いや煙や音などもなく、子供やペットのいる家庭でも安心して使えますよ。

フマキラー 殺虫スプレー


害虫対策スプレーの中では大定番のこの商品。
特徴は殺虫剤で駆除するのではなく、マイナス85度の超冷気で殺虫させるので、子供やペットのいる家庭でも安心して使えるということです。

ちなみに普通の殺虫剤であれば、「イヤな虫キンチョール」の方がコスパ良くておすすめです。

ハッカ油P 20ml(アロマ・お風呂・虫よけ)


amazonベストセラー1位の害虫対策にも使えるハッカ油(アロマ)です。
虫よけはもちろん、芳香剤としてや制汗剤として使ったり、お風呂に入れたり紅茶などの香りづけなど様々な用途で使えます。

ブラックキャップ 【ゴキブリ駆除に】


設置タイプのゴキブリ駆除駆除剤です。
優れた12の効果で大型ゴキブリも速効退治し、口コミでも効果抜群だと評判です。

ブラックキャップ 屋外用 【ベランダや玄関に】


ブラックキャップのベランダや玄関に使える屋外用ゴキブリ駆除グッズです。

防止機能が付いていて雨にも強く、固定テープ付きで風にも吹き飛ばされません。

近所の家であったりマンションの隣の部屋からゴキブリが来ていると思われる場合のゴキブリ対策として有効的です。

害虫対策グッズでダメなら業者に依頼するのも手

以上の害虫対策グッズでもダメなら、プロである業者に依頼すると良いでしょう。

 

フロントガラスの凍結防止対策と予防・解氷グッズ5選!

フロントガラスの凍結防止対策と予防・解氷グッズ5選!

今回はフロントガラスの凍結を予防・防止・解氷させるための対策や、それらに役立つグッズ(凍結防止シート・カバー・スプレーなど)について紹介していきたいと思います。

急な冷え込み付きフロントガラスが凍結多発中!

最近急に冷え込んで外気温が下がったため、各地でフロントガラスが凍結しているという声が多数挙がっています。


今後も本格的な寒さが到来してくると予想されるので、ここからはフロントガラスの凍結防止・予防対策グッズについて紹介していきたいと思います。

簡単にできるフロントガラスの凍結予防・防止対策

まず簡単お手軽にできるフロントガラスの凍結予防・防止対策として、主に下記の方法が挙げられます。

  • 洗車をしてガラスの油膜を取っておく
  • 可能なら屋内の場所に駐車する
  • あらかじめ窓ガラスに撥水剤を塗布しておく
  • 新聞紙をかける
  • 100均でフロントガラス凍結防止カバー に変わるものをかぶせる

洗車をしてガラスの油膜を取っておく

洗車をしてガラスの油膜を取っておくことで、氷結点が高くなることから凍結しやすくさせることができます。

ガラスが汚れている状態だと、純粋な水とは違い不純物が混ざっているので、その分氷結点が低くなることから凍結しやすくなってしまうんですね。

可能なら屋内の場所に駐車する

可能であれば屋内の場所に駐車するようにしておきましょう。
こうすることでフロントガラスを凍結させる原因となる霜が、ガラスに降って積もるのを防ぐことができます。

特に雲がない時では、主に夜に放射冷却を起こしやすく、これによって地表の温度が急激に低下することで霜ができてしまいます。

この霜がガラスに降って積もらせないようにするために、屋内へ駐車させておこうということなんですね。

あらかじめガラスに撥水剤を塗布しておく

あらかじめ窓ガラスに撥水剤を塗布しておくで、ガラスに水分が付着しにくくなることから、凍結を抑えることができます。

凍結してしまっても取るときに取りやすいですし、雪などが降ってしまったときにも有効的です。

フロンガラスに新聞紙をかける

フロントガラスの上から新聞紙を覆いかぶせるような形でかけておくのも、凍結予防・防止対策として有効的です。

これも理屈は屋内に駐車させるときと同じで、凍結の原因となる霜がガラスに降り積もるのを防ぐことができます。

また新聞紙以外でもタオルなど、フロントガラスを覆いかぶせられるものであればOKです。

100均でフロントガラス凍結防止カバー に変わるものをかぶせる

100均でブルーシートであったり、ミニバイクカバーなどを購入して、それをフロントガラス凍結防止カバー代わりにしてかぶせるのも有効的です。

こうしたものでカバーすれば、フロントガラス凍結防止カバーよりも安価に購入できますし、新聞紙などよりも見栄えが良くなるのもメリットですね。

フロントガラスの凍結に対する解氷・対処方法

フロントガラスの凍結に対する解氷・対処方法

フロントガラスの凍結防止・予防方法は以上になりますが、ガラスが凍結してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

ガラスの凍結に対する解氷・対処方法については主に下記の方法が有効的です。

  • デフロスターを使う
  • 解氷スプレーをかける
  • アルコールと水で作れる自作解氷スプレーをかける
  • ウォッシャー液を墳霧させる
  • ワイパーをかけながらぬるま湯をかける

デフロスターを使う

10~20分と時間はかかりますが、デフロスターを使うことで窓の凍結・曇りを、ガラスをなるべく痛めることなく安全に解氷することができます。

解氷スプレーをかける

市販の解氷スプレーを購入してかければ、一瞬でフロントガラスの凍結を除去することが可能です。

溶けだしたらガラス用のスクレイパーやアイスカッターで氷を削り落とすとすぐ除去可能です。

即効性があるので時間がないときはこれを使うと良いでしょう。

アルコールと水で作れる自作解氷スプレーをかける

アルコールと水を2:1で混ぜれば、簡単に自作解氷スプレーが作れてしまいます。

解氷スプレーが手元にない場合は、消毒用アルコールなどを水と混ぜたもので代用してみるのも手ですね。

解氷ウォッシャー液に入れ替える

ウォッシャータンクに入っているウォッシャー液を、解氷用のウォッシャー液に入れ替えてフロントガラスに噴霧させ、ワイパーで凍結を除去させるのもするのも有効的です。

ただしあまりにも気温が低くてばっきりと凍っている場合は、ワイパーを作動させるとワイパーに負担がかかって故障してしまう原因にもなり兼ねないため、こうした時は素直に解氷スプレーを使った方が無難です。

ワイパーをかけながら水かぬるま湯をかける

ワイパーをかけながら水か40度程度のぬるま湯をかけるのも解氷するうえで有効です。

気温が低ければぬるま湯が有効ですが、低くないのであれば水でも十分溶けます。

ただしお湯・熱湯をかけてしまうとガラスが割れることがあるので、こうした熱すぎる湯はNGです。

フロントガラスの凍結防止対策グッズ5選

以上フロントガラスの凍結を予防・解氷させる方法について紹介していきましたが、ここからはフロントガラスの凍結防止・解氷対策グッズについて、便利なものを厳選してまとめていきたいと思います!

凍結防止シート(カバー)


1,000円台で購入できるアマゾンでのベストセラーの凍結防止シート(カバー)です。
少々お金はかかりますが、UVカット仕様や内臓磁石により強風が吹いても吹き飛ばないなど、ブルーシートなどをかぶせる場合と比べても非常に便利です。

撥水コーティング剤


塗ることでガラスの凍結を防止させる撥水コーティング剤です。
凍結防止の他、持っていれば雨や雪などでも有効活用できますね。

凍結防止・解氷スプレー


アマゾンでのベストセラー1位の解氷スプレーです。
急いでいる時にすぐに解氷したい場合に持っていると安心です。

解氷ウォッシャー液

大好評解氷ウォッシャー液です。
これも解氷したい場合に便利です。

フロントガラスアイススクレーパー


解氷スプレーなどである程度氷を溶かしてから使うと良いでしょう。

おわりに

以上フロントガラスの凍結を予防・解氷させる方法や、それらに役立つグッズについて紹介していきました。

とりあえずガラスの凍結を予防させるなら凍結防止シート(カバー)、解氷させるなら解氷スプレーを使うと便利です。