カビ

ぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方のポイントは?

ぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方のポイントは?

今回はぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方のポイントについて紹介していきたいと思います。

またぬいぐるみの正しい洗い方(手洗い・洗濯機・重曹を使った方法)についてや、コインランドリーで洗う際の注意点、その処分の仕方についても軽く紹介していきたいと思います。

ぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方のポイントは?

ぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方

 

ぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方の方法として、主に下記のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 洗う前にブラッシングする
  • 洗う際は柔軟剤を使う
  • 洗った後はしっかりと水分を取る

洗う前にブラッシングする

洗う前にブラッシングをすることで、仕上がりがふわふわになります。

洗う際は柔軟剤を使う

柔軟剤を使うことで毛先がなめらかになり、洗った後にふわふわに仕上がります。

ただし柔軟剤を入れてすぐに洗濯することで、ぬいぐるみが傷みやすくなるので注意が必要です。

洗った後はしっかりと水分を取る

洗った後にしっかりと水分を取ることで、仕上がふんわりと良くなります。

逆に水分が残ってしまうと、型崩れやカビの原因になってしまいます。

ぬいぐるみの正しい洗い方について

ぬいぐるみの正しい洗い方について

ぬいぐるみの正しい洗い方には主に下記の3つの方法があります。

  • 手洗いする
  • 洗濯機で洗う
  • 重曹で洗う

手洗いする

手洗いは少し手間がかかるものの、洗濯機で洗う場合とは違って型崩れしてしまったりする心配がないのがメリットです。

ぬいぐるみを手洗いする具体的な手順については、下記の通りになります。

  1. ぬるま湯と洗剤を入れた容器の中にぬいぐるみを入れる
  2. 優しく押し洗いする
  3. しっかりとすすぐ
  4. ぬるま湯と柔軟剤を入れた容器の中にぬいぐるみを浸ける
  5. 脱水する
  6. 干す

1.ぬるま湯と洗剤を入れた容器の中にぬいぐるみを入れる

38度程度のぬるま湯と洗剤を入れた容器の中にぬいぐるみを入れます。

ぬるま湯と洗剤の比率は、その洗剤によって適切な量で決めましょう。

例えば中性洗剤アクロンを使った場合はぬるま湯4リットルに対して洗剤10ml程度だとされています。

2.優しく押し洗いする

ぬるま湯と洗剤を入れた容器の中にぬいぐるみを入れたら、5分程度を目安に優しく押し洗いしていきます。

3.しっかりとすすぐ

押し洗いが終わったら、綺麗な水に変えてしっかりすすいでいきます。

目安としては3回程度すすぐことで、洗剤残りを避けて変色するのを防ぐことができます。

4.ぬるま湯と柔軟剤を入れた容器の中にぬいぐるみを浸ける

洗った後にふわふわに仕上げたいのであれば、柔軟剤でなめらかにしていきましょう。

やり方はぬるま湯+柔軟剤を入れた容器の中にぬいぐるみを入れて20~30分程度浸けるだけです。

5.脱水する

脱水する際は、まずぬいぐるみを容器から取り出してからタオルで軽く水気を切ります。

そしてぬいぐるみをタオルで包んでから、洗濯機で10~30秒ほど脱水します。理想はタオルで包んでからネットに入れるのが良いそうです。

やりすぎるとダメージが行くのであくまでも10~30秒程度と短時間にしておきたいところです!

6.干す

ぬいぐるみを干すときは、風通しが良い日陰のところで乾かします。

ぬいぐるみの干し方

この際洗濯ネットがあれば、その中にぬいぐるみを入れて、洗濯ネットごと洗濯ばさみでつまんでハンモックのような形で吊るしで干すことで、ぬいぐるみを傷めることなくすぐに乾かせます。

洗濯ネットがない場合は、洗濯用ハンガー(洗濯ばさみが沢山ついている洗濯道具)の上にそのままぬいぐるみを置いて平干しするのが推奨されえています。

洗濯機で洗う

洗濯機で洗う場合は、ぬいぐるみが傷む恐れがありますが、型崩れしにくそうなものであれば手洗いで洗うよりも簡単でおすすめです。

洗濯機でぬいぐるみを洗う手順については、下記の通りになります。

  1. 洗濯ネットにぬいぐるみを入れる
  2. ドライコースなど優しく洗えるコースで洗い・すすぎを行う
  3. 脱水時はタオル+ネットに包んで行う
  4. 干す

1.洗濯ネットにぬいぐるみを入れる

洗濯ネットにぬいぐるみを入れます。
ネットの大きさは、ぬいぐるみのサイズに合うものを選ぶことで、より型崩れを防ぐことができます。

2.ドライコースなど優しく洗えるコースで洗い・すすぎを行う

「おしゃれ着コース」「手洗いコース」「ドライコース」など優しく洗えるコースで洗濯します。

3.脱水時はタオル+ネットに包んで行う

すすぎが終わったら、いったんぬいぐるみを取り出してタオルで包みます。

そして更にネットで包んで10~30秒ほど脱水します。

4.干す

手洗いの時と同様に風通しが良い日陰のところで乾かします。

重曹で洗う

非常に大きなぬいぐるみなど、手洗いや洗濯機などで丸洗いできないようなものは、重曹で洗うのがおすすめです。

重曹での洗い方の手順は下記の通りです。

  1. ぬいぐるみを袋に入れる
  2. 袋に重曹を入れる
  3. 30分ほど置いておく
  4. 掃除機でぬいぐるみに付着した重曹を吸い取る

ぬいぐるみを袋に入れる

まずはスーパーなどのビニール袋などに、ぬいぐるみを入れます。

袋に重曹を入れる

袋に重曹を入れて、重曹がぬいぐるみの全体に着くように振りかけていきます。

30分ほど置いておく

ぬいぐるみに重曹がまんべんなく付いたら30分ほど置きます。

掃除機でぬいぐるみに付着した重曹を吸い取る

30分経ったら掃除機で、ぬいぐるみに付着した重曹を吸い取ります。

あとは軽み水拭きし、乾いたタオルで水気を取れば完了です。

この方法だと内部まで水に濡れることもないので、大きなぬいぐるみでも洗うことが可能です。

コインランドリーでぬいぐるみを洗える?

コインランドリーの中にはぬいぐるみの洗濯を禁止しているところもありますが、中には可能なところもあります。

ただしぬいぐるみをコインランドリーで洗う際は下記のような点に注意しておきたいところです。

  • ぬいぐるみは単体で洗濯機に入れる
  • 入れる前にぬいぐるみをタオルで包んでからネットで包んで入れる
  • 洗濯の際はドライコースなど優しく洗えるコースを選択する
  • 脱水は10~30秒程度に留める
  • 脱水後は自宅へ持ち帰り、風通しの良い日陰で干す

自力で洗うのが難しそうならぬいぐるクリーニングを利用する手も

ぬいぐるみが大きかったりする場合で自力で洗うのが難しいのであれば、ぬいぐるみクリーニングを利用するのも手です。

ぬいぐるみクリーニングの場合は綺麗に洗ってくれるのはもちろん、オプションで防虫・防カビ加工、ほつれや破れの修理、綿詰めなども行ってくれるため、新品に近いような状態で再開することも可能です。

ぬいぐるみ病院に持っていくのもあり

汚れの他、パーツがやせ細っていたりなど、著しく痛んでいるような場合は、ぬいぐるみ病院に治療をしてもらうのも良いでしょう。

ぬいるぐみの処分の仕方ってどうすれば良いの?

ぬいるぐみの処分の仕方ってどうすれば良いの?

長年愛用したぬいぐるみであれば、寿命などにより処分をせざるを得ないということもあるのかもしれません。

しかし愛用し続けたぬいぐるみをいざ実際に捨てるとなると、躊躇してしまう方も多いようです。

こうした場合神社やお寺などに供養してもらって処分したり、状態が良ければ寄付をしたり友人などに譲ったり、リサイクルショップなどに売ると良いでしょう。

普通に処分する際は、ぬいぐるみに塩を振り、白い布や包装紙・紙袋などで包んでから、「ありがとう」と感謝の気持ちを込めて捨てると良いとされています。

逆にゴミ袋にそのまま入れたり、生ごみと一緒に入れるのはNGだとされていますね。

まとめ

以上ぬいぐるみをふわふわにさせる洗い方のポイントや、コインランドリーで洗う際の注意点、その処分の仕方についても軽く触れていきました。

夜寝るときに添い寝して使う機会が多い場合は、ぜひ定期的にぬいぐるみを洗って清潔さを保ちたいところですね。

掃除しきれない洗濯槽のカビ対策やおすすめクリーナーは?

洗濯槽

洗濯槽が汚れていたので、専用の洗浄クリーナーを使ってみたのはいいものの、相変わらずカビが出続けたり洗濯機の中が臭ったりして洗濯槽を掃除しきれないといったことはありませんか?

せっかくキレイにしたのに、カビを取り切れないのであれば何回やってもキリがありませんよね。

ということで今回はこのように「何回掃除してもカビがなくならない」「洗濯槽の掃除が終わらない」といった場合の対策や、洗濯槽の汚れが残るのを防ぐためのおすすめだとされる洗浄クリーナーについてご紹介していきたいと思います。

何回掃除しても取りきれない洗濯槽のワカメ(黒カビ)。なくならない原因は?

洗濯槽を専用のクリーナーで掃除をしたのにも関わらず、カビがなくならない原因は、長い間洗濯槽のカビ汚れを放置していたことなどが考えられます。

洗濯槽のクリーナーは、洗濯槽のカビ汚れを除去するうえでは確かに効果的ですが、長年蓄積されてきた汚れを一度ですべて取り去るにはやはり難しい場合もあるようです。

掃除しきれない洗濯槽のカビ対策

洗濯槽のカビ

キレイにしたいのであれば、専用の酸素系クリーナーで複数回洗浄するか、少し値は張りますが強力な塩素系クリーナーを投入したりすると一発で除去しきれる可能性もあります。

汚れがひどい場合は洗浄力の強い酸素系クリーナーで1~2回程度掃除した後、殺菌力の強い塩素系クリーナーで掃除すれば、洗浄力と殺菌力とで効果抜群です。

ただしこれらの洗剤は、混ぜると危険なので決して混ぜて使用しないようにしましょう。

洗濯槽を掃除する頻度はどれくらいが理想的?

洗濯槽の掃除をする頻度としては、基本的に大体1~3か月に1回程度が良いと言われています。

なお半年に一回掃除するという場合は、酸素系クリーナーと塩素系クリーナーをそれぞれ一回ずつ、年に一回の場合は酸素系クリーナー2回+塩素系クリーナー1回で掃除を行うのが推奨されています。

自力でもダメな場合はどうすればいい?

複数回にかけて専用のクリーナーを使って洗濯槽を掃除するなどしたけれども、汚れを落としきれなさそうな場合は、プロであるクリーニング業者に依頼するのも手です。

ただこの場合は費用が高くついてしまい、掃除を依頼する時期にもよりますが、繁忙期だと大体10000円~15000円程度料金がかかると言われています。

また洗濯機を解体しなければならないようなところにまで汚れが溜まってしまっている場合は、クリーニング業者の方でも大量のカビによりねじが回らなくて解体できないというようなケースもあるようです。

自力でもダメな場合は洗濯機がよほど新しいものでなければ、いっそのこと洗濯機本体を新品のものに買い替えた方が良さそうですね。

そもそも洗濯槽が汚れを防ぐための予防方法とは?

洗濯槽の汚れが蓄積してしまった場合は、キレイにするのも大変なので、定期的に掃除するようにするほか、洗濯槽が汚れないようにするためのカビの予防方法について抑えておきたいおころです。

この予防方法としては以下のようなものがあります。

  • 洗濯が終わったら洗濯物はすぐに取り出す
  • 洗濯機のフタはカビの温床となる湿気を防ぐためにも、基本的に開けっ放しにしておく
  • カビに餌を与えないようにするために、洗剤の量は適量にする
  • 洗濯槽乾燥機能があれば一週間に一度は使う

このような方法があります。
詳しくは以下のページで紹介しています。

おすすめの洗濯槽クリーナーは?

以下おすすめの洗濯槽クリーナーをご紹介します。

塩素系洗濯槽クリーナー

塩素系クリーナーは殺菌力が強く、使用頻度としては1~2か月に一度掃除するのが推奨されています。

パナソニック 洗濯槽クリーナー N-W1

 


パナソニック 洗濯槽クリーナー 【品番】(P)N-W1
:1629円

縦型とドラム式洗濯機に対応しています。洗濯槽以外にも風呂水き給水ホース内部を掃除できます。

洗浄効果に関しては口コミでも折り紙つきの評価が高いクリーナーです。

日立 洗濯槽クリーナー SK-1


日立 洗濯槽クリーナー SK-1
:1566円

縦型とドラム式洗濯機に対応しています。つけおき可能で洗濯機に槽洗浄コースがない場合にも使えます。

これも洗浄力に大変定評があります。

エステー洗浄力 洗たく槽クリーナー


エステー/洗浄力 洗たく槽クリーナー 550g
:214円

 

縦型・ドラム式・二層式の洗濯機に対応しています。カビはもちろん胞子まで除去する他、再付着防止剤によりカビの再発を防ぎます。

価格も安くておすすめです。

酸素系・その他洗濯槽クリーナー

酸素系クリーナーは洗浄力が強く、使用頻度としては半年に一度掃除するのが効果的だとされています。

アリエール 洗たく槽クリーナー


アリエール 洗濯槽クリーナー 250g
:180円

縦型の洗濯機に対応しています。つけおきいらずで使えるのでお手軽ですし、カビ胞子の除菌率が99.9%とされているので、カビの発生を防ぐことも可能です。

レック 洗濯槽の激落ちくん


洗濯槽の 激落ちくん
:248円

縦型・ドラム型・二層式洗濯機に対応しています。これもつけおき不要ですべてのタイプの洗濯機に対応しているので使いやすいです。

まとめ

洗濯槽にこびりつくカビを放置すると、洗濯物や洗濯機本体に悪影響を及ぼすことから、定期的に専用のクリーナーで掃除しておきたいところです。

また洗濯槽にカビをできにくくさせる工夫をすることで、カビの繁殖を抑えられるので、クリーナーにかかる費用や掃除にかかる手間・労力を抑えたいのであれば、是非そうしたカビ予防を実践すると良いでしょう。

洗濯槽にカビができないようにするための5つの予防方法

タオルと洗濯ばさみ
洗いたての洗濯物。
その清潔であるはずの衣服が何故か臭ってしまうことってありませんか?

実はその臭いの原因は、洗濯機の内部の洗濯槽の裏側にこびりついたカビの仕業かもしれません。

洗濯槽にこびりついたカビを除去するには専用のクリーナーを使えばよいのですが、キレイにする際は毎回この専用の洗剤が必要になりますし、そもそも普段から洗濯機の内部はカビや雑菌が増殖しないように清潔に保っておきたいですよね。

ということで今回は、洗濯槽にカビができないようにするための5つの予防方法についてご紹介していきたいと思います。

洗濯しても臭う?臭いの原因となる洗濯槽の裏のカビ

洗濯槽のカビ
洗濯機の中は毎回衣服と一緒に洗浄されているので、常にキレイなのではないかと思われます。

しかし汚れた衣類を洗濯機の中に放り込んだまま蓋をしめて密閉させておくと、洗濯機の中は汚れや湿気などから雑菌やカビが生えやすくなり、洗濯槽の裏側にこれらがこびりついてしまう原因になるんですね。

その結果洗濯しても服が臭かったり、洗濯物に焦げ茶色の水垢のようなものが沢山付着したりといったことが起こります。

しかも洗濯槽にこびりついたカビは、洗濯物だけでなく洗濯機の寿命すら縮めてしまう原因にもなり兼ねません。

なので洗濯機の中の衛生状態に気を配るということは、洗濯物や洗濯機本体にとっても大変重要になってきます。

というわけで洗濯機内部を清潔に保つためにも、洗濯槽にカビができないようにするための予防方法について是非抑えておきたいところです。

洗濯槽にカビができないようにするための5つの予防方法は?

洗濯槽にカビができないようにするための予防方法としては主に

  • 洗濯物は洗濯機の中に入れっぱなしにしない
  • 洗濯が終わったらすぐに洗濯物を取り出す
  • 洗濯機の蓋は開けておく
  • 洗剤の量を適量にする
  • 残り湯で洗濯する場合はタイミングに気を付ける

といったことが挙げられます。

洗濯物は洗濯機の中に入れっぱなしにしない


濡れたバスタオルや汚れた服を洗濯機の中に入れっぱなしにすると、雑菌が増えてカビなどができる原因になります。

衛生的に良くないので、洗濯をしないのであれば洗濯機の中ではなくカゴなど別のところに入れておくと良いでしょう。

洗濯が終わったらすぐに洗濯物を取り出す

洗濯が終わった後でも、洗濯機の中から洗濯物を取り出さなければ、服は雑菌が繁殖して悪臭を放ち、そして洗濯槽にもカビなどが増えてしまいます。

このように洗濯後に放置したままにすれば服と洗濯機の両方にとって良くないので、洗濯後は速やかに洗濯物を洗濯機から出しておくのが重要なポイントです。

洗濯機の蓋は開けておく

洗濯後などは洗濯機の中に水分が含まれており、その状態で蓋を閉めたまま密閉させておくと洗濯機内部の湿度は高まります。

湿気が多ければカビができやすいので、それを防ぐためにも洗濯機のフタは開けておき、内部をを湿らせないようにしておきましょう。

洗剤の量は適量にする

洗濯用洗剤
洗剤の量が適量でなければ、溶け残った洗剤がカビのエサとなり、カビを繁殖させてしまう原因にもなり兼ねません。

なので使用する洗剤の量は常に適量になるように心がけておきたいところです。

残り湯で洗濯する場合はタイミングに気を付ける

残り湯はある程度温度が高いことからカビに対しても効果的だと思われますが、湯船に浸かってから6時間以上経過したような残り湯だと雑菌も非常に多く繁殖しており、これを洗いだけでなくすすぎでも使って更に洗濯後にすぐに洗濯物を取り出さずにいると、衛生的にも良くありません。

残り湯が直接的にカビができる原因にはなりませんが、ある程度時間が経過すると雑菌だらけになってあまりよくないので、残り湯を使うにしてもお風呂に入った後なるべくすぐのタイミングで使うのが望ましいです。

まとめ

洗濯槽にカビができてしまうと、衣服や洗濯機本体に悪影響を及ぼすうえに、キレイにさせるとなると専用のクリーナーを使うなどして掃除しなければならないので多少面倒ですが、このように予防をしておくことでカビの繁殖を防ぐことができます。

カビの繁殖を防げれば、洗濯物や洗濯機本体にとっても良く、洗濯槽を掃除する頻度も少なくて済むので、普段から上記で紹介した予防方法を積極的に実践することで、洗濯機の中を清潔に保つように心がけておくと良いのではないでしょうか。