未分類

windows10で自動起動されるアプリを停止する方法

windows10で自動起動されるアプリを停止する方法

いつものようにパソコンを起動させただけなのに、なぜか自動で実行されるようになったアプリはありませんか?

そしてそのアプリが自動起動されるのが便利なのであればともなく、そうではなくてスタートアップ時にその都度消す必要性が出てきているのであれば毎回かなり面倒ですよね?

そこで今回はwindows10で自動起動されるアプリ(スタートアップアプリ)を停止・解除・削除させる方法について紹介していきたいとお思います。

3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)

windows10で自動起動されるアプリを停止する方法

スタートボタンをクリック

まずはパソコン画面左下にあるウインドウズアイコンのスタートボタンをクリックします。

設定をクリック

次に設定をクリックします。

アプリをクリック

「アプリ」をクリックします。

スタートアップをクリック

左側メニューにある「スタートアップ」をクリックします。
そしてスタートアップアプリ一覧から、起動時に実行させたくないアプリを「オン」から「オフ」にします。

起動時に実行しないアプリをオフにする

これでスタートアップ時に勝手に起動するアプリを削除することができます。

起動アプリの変更の設定を行いたい場合は?

起動アプリの変更の設定を行いたい場合は、単純に上記のスタートアップ画面でのオン・オフを切り替えるだけでできます。

起動時に自動で実行させたくない場合は「オフ」、逆に自動で実行させたい場合は「オン」に切り替えるだけでOKです。

起動アプリの追加の設定をしたい場合は?

起動アプリ(スタートアップアプリ)を削除・解除させるのではなく、逆に追加の設定したい場合は、下記の手順で行うことが可能です。

  1. スタートボタンを押して起動時に自動起動させたいアプリを右クリック
  2. 「その他」>「ファイルの場所を開く」を選択
  3. ファイルの場所を開いた状態で、windowsロゴキー+Rを押下
  4. 「shell:startup」と入力して「OK]を選択
  5. スタートアップフォルダが開くので、ここに上記ファイルの場所からアプリのショートカットをコピーして貼り付けする

これでwindows10で起動時に自動で実行させたいアプリを追加することができます。

そもそもなぜスタートアップアプリが勝手に登録されるの?

これに関しては、ウイルスやスパイウェアの感染によることが原因の可能性も疑われます。

そのため不安であれば、セキュリティソフトでウイルススキャンを行うなどして対策しておくと良いでしょう。

Windows10でのスタートアップアプリが不要なら削除しよう!

スタートアップアプリが増えてしまうことは、pcの起動が遅い原因にもなり得ます。

そのため「これは明らかに不要だな」と思われるスタートアップアプリがある場合は、上記で紹介した起動アプリの消し方を参照に無効化すると良いでしょう。

ただスタートアップアプリの中には、削除してしまうことでアプリの動作に不具合が起きることもあるので、本当に不要だと思われるアプリのみ削除するだけに留めておくと良いでしょう。

会計ソフトを使いe-Taxで確定申告をする方法

e-Taxで確定申告

e-Taxは自宅からでもインターネット上で確定申告をすることができるので大変便利ですが、実際に行うとなると少々ややこしかったりします。

ということで今回はe-Taxを使った確定申告の方法について紹介していきたいと思います。

ちなみに確定申告の準備編は下記のリンク先で紹介しています。

e-Taxで確定申告を行う際の主な手順について

e-Taxで確定申告を行う際の手順としては、大まかに下記の流れになります。

  1. 会計ソフトでe-Taxデータを出力する
  2. e-Tax(WEB版)を使ってe-Taxデータを提出する
  3. 確定申告データの送信結果の確認

以上になります。

 ①会計ソフトでe-Taxデータを出力する

税理士ではないのに帳簿を付けるとなると少々ハードルが高いですが、会計ソフトを使うことで特別な知識がなくても帳簿を付けることができます。

会計ソフトに関しては様々なものがありますが、事業が小規模である場合だと一番おすすめなのは無料で使えてかつ本格的な機能が使える「マネーフォワードクラウド確定申告」というソフトです。

ここからは会計ソフトで帳簿を付けて、「確定申告書B」と「所得税青色申告決算書(一般用)」を作成した後の話になります。

マネーフォワード確定申告 確定申告書画面へ

「MFクラウド確定申告」でe-Taxデータを出力するには、まずホーム画面の左側にあるメニューから「決算・申告」>「確定申告書」をクリックしてか確定申告書ページへ移ります。

e-Taxでの確定申告 会計ソフトで確認用書類を開いておく

画面の下の方にある「確定申告書B」と「所得税青色申告決算書(一般用)」を開いておきます。

マネーフォワード確定申告 e-Taxデータ出力
画面右上にある「申告書印刷(PDF)・e-Tax出力」ボタンから、「e-Taxソフト用ファイル(xtx形式)」メニューを選択します。

マネーフォワード確定申告 e-Taxソフト用ファイルのダウンロード
「e-Taxソフト用ファイルのダウンロード」のダイアログが表示されるので、「税務署」を選択して「利用者識別番号(16桁)」を入力したあと、下にある「e-Taxソフト用ファイルをダウンロードする」をクリックします。

e-TAXデータ

するとデスクトップ上に「mf_cloud.xtx」というファイルがダウンロードされるので保存します。
これでe-Taxデータが出力されました。

あとはこれをe-Taxソフトを使って提出するだけです。

②e-Tax(WEB版)を使ってe-Taxデータを提出する

前回e-Taxソフトを使って電子証明書を登録して、利用者情報を登録するところまでは済ませているので、あとは先ほど会計ソフトで出力したe-Taxデータを提出していきましょう。

e-TAXソフトで確定申告 申告・申請・納税はこちらから

 

まずは「申告・申請・納税」をクリックします。

e-Taxソフトでの確定申告 作成済みデータの利用の項目から操作に進むをクリック

更に「作成済みデータの利用」項目にある「操作に進む」ボタンをクリックします。

e-Taxソフトでの確定申告 e-Taxデータファイルを選択

会計ソフトで出力したe-Taxデータファイル(デスクトップに保存された「mf_cloud.xtx」みたいなファイル)を選択します。

作成済み手続きの選択 e-taxデータファイルの選択

ファイルを選択できたら下の「次へ」をクリックします。

e-Taxソフトで作成済みデータの表示

作成したデータの内容が表示されるので、「確定申告書B」と「所得税青色申告決算書」にチェックを入れ、下にある「帳票表示」ボタンをクリックします。

帳票イメージの表示で「はい」をクリック

 

「帳票イメージの表示」画面が出てくるので「はい」をクリックします。

個人番号印刷設定

個人番号印刷設定画面に移るので、「「個人番号」を印刷しない」を選択して下にある「OK」をクリックします。

e-TaxソフトでPDFファイル作成

PDF作成画面でしばらく待つとPDFファイルが作成されるので、作成が完了したら「保存」ボタンをクリックします。

e-TaxソフトでダウンロードしたPDFファイル

するとデスクトップ上にダウンロードしたPDFファイルが保存されます。

ちなみにe-Tax提出前に、このファイルを開いてその内容(確定申告書B、青色申告決算書)が違っていないかどうか確認しておくと良いでしょう。

データ表示画面で「次へ」をクリック

「帳票表示」で誤りがなければ「次へ」をクリックします。

電子署名の付与

 

「電子署名の付与、受付システムへの送信」画面に移るので、そこから「電子署名」の項目にある「電子署名の付与」をクリックします。

媒体の選択でカードタイプの電子証明書を選択

「電子署名の付与」画面では、「カードタイプの電子証明書をご利用の場合」の項目にチェックを入れて、下にある「次へ」をクリックします。

認証局サービスの選択で、マイナンバーカードを選択

 

「認証局サービスの選択」では「公的個人認証サービス(マイナンバーカード)」を選択し、下にある「次へ」をクリックします。

個人番号カード ログイン

パスワードを尋ねられるので、マイナンバーカード作成時に決めた英数字6~16文字のパスワードを入力します。

入力したら下にある「OK」をクリックします。

e-Taxでの確定申告 電子証明書の確認

 

「電子証明書の確認」画面が表示されるので、内容を確認後下にある「電子署名の付与」をクリックします。

e-Taxでの確定申告 電子署名の付与完了

これで電子署名の付与が完了するので、下にある「閉じる」をクリックします。

e-Taxでの確定申告 受付システムへ送信

下にある「送信」をクリックして、確定申告のデータを受付システムに送信します。

e-Taxでの確定申告 受付システムへの送信で「はい」

確定申告のデータを受付システムに送信するかどうか聞かれるので「はい」をクリックします。

e-Taxでの確定申告 即時通知の確認画面を印刷または保存

 

ここで出で来る「即時通知の確認画面」に関しては再表示できないので、印刷または保存しておくと良いでしょう。

e-Taxでの確定申告 即時通知の確認画面で受け取り通知の確認をクリック

画面を印刷または保存したら、「受取通知の確認」をクリックします。

e-Taxでの確定申告 受け取り通知の確認

受取通知画面が表示されるので、内容を確認しておきます。

③確定申告データの送信結果の確認

最後にデータの送信結果の確認を行いましょう。

e-Taxでの確定申告 送信結果・お知らせをクリック

まずはトップメニューから「送信結果・お知らせ」をクリックします。

e-Taxでの確定申告 送信結果・お知らせ

「送信結果・お知らせ」画面の「メッセージボックス一覧」項目の中にある、「操作に進む」をクリックします。

e-Taxでの確定申告 メッセージボックス一覧

「所得税及び復興特別所得税申告 」の項目が「受付完了」となっていれば確定申告は完了していると確認できます。

まとめ

以上確定申告の方法について書いていきました。
e-Taxでの確定申告が初めてだという場合は、準備なども含めてかなり面倒ですが、いったんこれらを行っていれば次の年からはこれらをやらなくても良いので楽です。

確定申告をインターネット上で行いたい場合は、e-Taxで行うと良いでしょう。