新型コロナウイルスの致死率やその対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルス対策は?

 

今回は現時点で分かっている新型コロナウイルス対策や、致死率などについてまとめてみました。

新型コロナウイルス対策は?

まずは簡単な感染症対策について抑えておくことが勧められています。

具体的な対策としては、主に下記のことが挙げられます。

  • 帰宅時や調理の前後には手洗いを行う
  • 栄養バランスの取れた食事と十分な睡眠で免疫力を高める
  • 乾燥でのどの防御機能の低下を防ぐために、室内が乾燥するのを避ける

新型コロナウイルスは感染力が強いと言われているので、対策するのであれば普段からこうしたことを徹底するようにしておきたいところですね。

マスク着用の有効性は?

ウイルスに感染している人がマスクを着用する場合は、拡散を防ぐうえで有用だとされています。

しかし新型コロナウイルスなど感染症予防効果に関してはよほど混み合っている場でない限りあまり有効性はないとされています。

シャープのプラズマクラスターで対策可能?


新型コロナウイルスは、なんと大手国内メーカー「シャープ」の独自空中除菌技術「プラズマクラスター」により、死滅させることが可能だと言う研究データが取れたようです。

プラズマクラスターとは、プラスとマイナスのイオンを発生させることで、空気の浄化・消臭のほか、フェイスケアやヘアケアにも効果があると言う技術です。

ちなみにプラズマクラスター搭載機器は、加湿空気清浄器やヒーター、ドライヤーなどの電化製品がありますね。

というわけでシャープのプラズマクラスター製品を持っている場合は、積極的にプラズマクラスターを使用することで、効果的な予防・対策が期待されるのではないでしょうか?

花粉症対策メガネも感染予防に効果的?

ゾフの花粉症対策メガネ(出典:ゾフ公式オンラインストア

ゾフの花粉症対策メガネには、その構造上目の粘膜から新型コロナウイルスが感染してくるのを防ぐ効果があると言われています。

このことからか一部の中国人観光客が買い物めており、売り上げ急増中のようです。

新型コロナウイルスの致死率(who調べ)は?

WHO(世界保健機関)によると、新型コロナウイルスの致死率は2~3%程度と発表されています。

ただ地域別・年齢別で致死率が変わってくるとされています。

例えば地域で言えば、今回のウイルスの発生源とも言われている「武漢市」では致死率が5%近くなのに対し、それ以外では0.8%程度になっています。

また60歳以上といった高齢者の場合は、致死率が更に高まるとも言われています。

その他高血圧や心臓疾患などの重度の病気を患っている場合も致死率が上がる傾向にあるようです。

ちなみに以前起きた感染症であるSARSやMARSと比較すれば、致死率は確かに低いのですが、今回の新型コロナウイルスは感染力が強いのが厄介です。

新型コロナウイルスの原因や発生源について

新型コロナウイルスは、今のところ海鮮市場で売られていた感染源であるコウモリを食したことによって、拡散したとされる説が一般的ですが、武漢市にあるウイルス研究所から漏れたものではないかと言う指摘もあります。

ちなみに世界中の災害・事故などが予言されていると言われている「イルミナティカード」の中には、新型コロナウイルスを予言しているかのようなカードも存在しています。

こうしたことから人口削減のために仕組まれたものではないかと言ったことなど、あらゆる説が考えられていますが、未だ原因・発生源については詳しく分かっていません。

新型コロナウイルスのワクチンはいつ開発される?

米国立衛生研究所により既に24時間態勢で開発が着手されており、3カ月以内には臨床試験に臨む予定であると言われています。

おわりに

世界的パンデミックになるのではないかとも懸念されている新型コロナウイルス。

致死率は過去に起きた感染症であるSARSやMARSに比べて低いものの、ヒトからヒトへの感染力が非常に強く、変異することで更に深刻な事態を招きかねません。

そのため帰宅したら手洗いうがいをするなど、最低限簡単にできる感染症対策は心掛けておく必要がありそうですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA